韓国メディア 「天皇は百済語を話す」

韓国のメディア「スポーツ東亜」に金容雲の著作「天皇は百済語を話す」を取り上げています
元記事が韓国語であるため、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳から引用させてもらいます
ただ、この「天皇は百済語を話す」が話題になったのはもう随分と前の話で、日本語訳は2009年に出ており、いまさらという感があります
繰り返し指摘しているように、ヨーロッパで民族大移動があったように、朝鮮半島でも複数の民族が入れ替わっており、古代の住人と現在の韓国人が同じ民族である可能性は少ないと考えられます
百済人は漢民族系の扶余族(中国の沿岸部に住んでいた民族)とされ、新羅人は古代朝鮮族とも言われます。高句麗は満州族が主体の国家だったと推定されます
この民族の違いが言語の違いであり、百済語、新羅語、高句麗語はそれぞれ別の言語、というのが有力な説です
しかし、この「天皇は百済語を話す」では、著者金容運は百済語と新羅語は方言程度の違いしかない、と断定しています。言語が近いというのは民族的にも近い関係だったという考えであり、要するに百済も新羅も同じ民族だったと決めつけています。ならばなぜ古代新羅語の解読に難渋しているのか、説明してもらいたいところです。百済語と方言程度の違いしかないのであれば、百済語の研究成果を生かして新羅語の解読もできるはずですが、現実は違います
まずは「スポーツ東亜」の記事を貼ります


「天皇は百済語を話す」
「日本天皇の主張のように、天皇になぜ百済の血が混じったのか、古代韓国・日本語と修辞で解明した本」。
2001年12月23日、日本の第125代アカヒト元天皇(訳注:アキヒト(明仁)上皇の間違い)は第50代天皇人、桓武天皇の生母が百済武寧(ムリョン)王の子孫だと続日本紀に記録されており、韓国との縁を感じると発言した。2013年、奈良県で開かれた国際大会でも続日本紀を引用してもう一度この話をした。
この本は続日本紀に記録された何行かの文章とアカヒトのいくつかの発言が全てではない。言語と記録、修辞を通じて読者がわかりやすく解説する。
日本という島が形成された時に入ってきた南方系と北方系のうち特に韓半島を通じて入ってきた北方系が新羅語ではなく、高句麗、百済語と類似の古代日本語を駆使し、高句麗系修辞と日本修辞の類似点まで加えた。
古代史の前漢が呼んだ倭は百余りの小さな都市国家の通称で、そこから頭角を現わした南方系と推定されるヤマト王朝と九州で国を建てたとされる百済・北方系と類推されるクノグク(狗奴国)を通じて百済との関連性を説明する。
韓日関係は単に日本の帝国主義から始まったわけではなく、6~7世紀に百済の王家と宮中では百済語を話をした飛鳥王朝が白村江の戦いで全国民の0.36%にもなる3万2000人を出兵させて戦い、ここから壬辰倭乱を経て、日帝まで形成されたと主張する。
東京で生まれ早稲田大学出身で日本をよく知る著者、金容雲(キム・ヨンウン)が日本王家のルーツ、文法・音韻とさらに方言・修辞に至るまで様々な見解から天皇の血統に百済の血が混じっていることを明らかにする。増補版
著者キム・ヨンウン漢陽大名誉教授は韓国を代表する数学者で日本文化比較の大家だ。東京生まれで早稲田大、米国オーバーン大学院を経てカナダのアルバータ大学でそれぞれ理学修士と博士学位を受けた。米国ウィスコンシン州立大助教授、日本の神戸大学と東京大学、日本国際文化研究センターなどで客員教授を歴任した。
国内では数学史学会会長、漢陽大学大学院長などを歴任し、数学文化研究所長に在職した。著書は「韓国人と日本人」シリーズ、「韓日間のからまった糸」「日本語は韓国語だ1,2」の他に多数の数学関連著書がある。


金容運を「日本をよく知る」などと記事では書いていますが、要するに日本の天皇家のルーツは百済の王族にあると言いたいだけではないか、という気もしますが、どうなのでしょうか?
2009年の日本語訳が出版された当時の、天理大学教授による書評がありますので、貼っておきます


以前にも紹介したように、「万葉集は古代朝鮮語で解読できる」とか「万葉集は朝鮮語で書かれていた」などという粗悪な本がいくつもありますので、どうしても同じ部類に見えてしまいます
そしてこうした記事を読むたびに強く感じるのは、天皇家の家系がねたましくて仕方がないという、彼らの羨望と嫉妬です
古代の百済は唐と新羅の連合軍に攻められ滅びてしまったのですが、海を超えた日本にその血統が連綿と保たれ国民の崇敬を受けているという設定が、何とも魅惑的であり、手放したくないのでしょう。つまり、彼らの欲望そのものと考えられます
しかし、「日本の天皇家の血統は我々のものニダ」と言えない事情があります。叶えられない欲望を満たしたいがため、この手の本は姿形を変えながら今後も繰り返し出版されると思われます

(関連記事)
日本に漢字を伝えた王仁博士とは
https://05448081.at.webry.info/202107/article_56.html
「万葉集の起源は新羅の郷歌」と主張する韓国
日本の皇室に嫉妬する韓国
韓国のおバカ歴史観 朝鮮出兵は陶工が狙い?
「茶道の起源は韓国」とする見栄っ張りな記事
「日本の歌舞伎の起源は韓国」と報じる朝鮮日報
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
日本刀をねたむ中国、韓国
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「テコンドーの歴史は二千年」とウソをつく韓国
日本サッカーのシンボル「八咫烏」は高句麗起源との主張
単なる噂を教科書に載せる韓国 歴史捏造
日韓唐辛子論争 唐辛子の起源は韓国
韓国メディア 今年も桜の起源を主張する記事
今年も韓国メディアの大ウソ 「桜の起源は韓国」
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
韓国歴史者「日本の神々は朝鮮半島の祭神だ」と妄想
「日本の文化はすべて韓国の模倣」だと主張する研究者
韓国人教授「日本神道の起源は新羅王子」と珍説表明
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
広開土王碑文で嘘の解釈 韓国メディア
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観