「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発

先日、立憲民主党の性犯罪刑法改正ワーキングチーム(WT)会合で、本多平直衆院議員(56)が、「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、大きな問題になりました
立憲民主党は当初、福山幹事長が厳重注意し幕を引くつもりでしたが、世論が本多議員の責任を厳しく問う向きであると知るや、枝野幸男代表は党員資格停止1年とする方針を決定しています。つまり、秋にも予定されている衆議院議員選挙で本多議員を公認しないと決めたわけです
これに対して党内から異論が噴出し、また本多議員も処分に対して不満を表明する事態になっています。もはや「性交同意年齢の引き上げ」を脇において、政争を始めた感があります


立憲民主党内の性交同意年齢に関する議論で「50代が14歳と恋愛し同意があった場合に罰せられるのはおかしい」などと発言した同党の本多平直衆院議員=比例北海道=に対し、次期衆院選の公認を事実上取り消す党員資格停止1年の処分を科す党執行部の方針に、党内から「重すぎる」と異論が出ている。公平性に欠け、自由闊達(かったつ)な議論を阻害する-という主張だ。
党倫理委員会(委員長=荒井聡衆院議員)が処分方針の妥当性を審査しており、26日にも結論を出す。
尾辻かな子衆院議員はツイッターで「政治生命を絶たれるような処分」と指摘。本多氏がすでに発言を撤回し、党の厳重注意も受けているとして「その上に、党員資格停止処分が妥当なのか」と疑問を呈した。津村啓介衆院議員もツイッターで、本多氏が刑罰適用の限界事例について議論を促すために「職業的な責任感をもって」踏み込んだ末の発言だとの認識を示して擁護し、「フェア」な処分を求めた。
本多氏の妻の西村智奈美衆院議員は、津村氏と連名で「本処分は不適当」として再考を求める嘆願書を幹部らに配布。この中で「自由闊達な党内議論を阻害する」「バランスを欠いた政治判断」と批判した。
枝野幸男代表は厳重処分の理由を「党の名誉、信頼を傷つけた」などと説明したが、13日の党会合では、出席者から「議員の身分に関する問題は非常に重く、慎重に扱うべきだ」「(非公開の)党内議論なので処分に値しないのでは」と慎重意見が相次いだ。
本多氏自身も21日、「承服しかねる」とする意見書を倫理委員会に提出した。処分の根拠となった第三者機関の事実認定には手法に疑義がある▽党内議論での発言内容を理由に処分される前例を作るべきではない-などと訴えた。
厳しい処分の背景に、一部の支援団体からの厳しい非難や、東京都議選(7月4日)の議席の伸び悩みがある-。党内ではこんな見方もされている。昨年9月、性暴力に関して自民党内の議論で「女性はいくらでもウソをつける」と発言し、政調会長の口頭注意のみ受けた自民の杉田水脈衆院議員に関し、立民が厳しい処分を求めていた経緯もあり、党幹部の一人は「厳しく臨まないと弱者保護を重視する党のマイナスイメージになる」と語る。
(産経新聞)


自由闊達な議論を阻害するとの言い分ですが、それでは「性交同意年齢の引き上げ」はどうなったのでしょうか?
本多議員はワーキングチームの場に特殊な事例を持ち出して議論を深めようとしたのではなく、招かれた刑法学者の鼻を明かしてマウントを取る目的で「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言したのです
つまり真摯に「性交同意年齢引き上げ」を議論しようというのではなく、議論をぶち壊す意図があったと考えられます
にも関わらず、上記の記事のように本多議員を擁護するおバカな連中がぞろぞろ湧いて出るわけで、言葉を失います
連中が騒いでいるのは自由闊達な議論などほったらかして、選挙が大事だからでしょう
さて、順序が逆になってしまいましたが、本多議員のワーキングチームにおける言動を調査した立憲民主党の第三者機関の報告を取り上げます
要約すると以下のようになります

立民は13日、党の第三者機関「ハラスメント防止対策委員会」がまとめた調査報告書を公表。本多氏が性被害者からのヒアリングに消極的だった上、「認識不足」との釈明は「その場しのぎの発言にも見える」とし、「認識の誤りを本質的に修正したとまでは確認できない」と強調した。本多氏の言動を制止できなかったWTの運営についても問題視した。

つまり本多議員はワーキングチームでの自身の発言を撤回しただけで、「セクハラオヤジ然とした認識の歪みはそのまま」というわけです
本多議員が「14歳の娘とセックスさせろ。恋愛関係にあったら、同意があったら無罪だろ」と言い放っているのに、妻である妻の西村智奈美衆院議員は夫をかばっているのですから、呆れます
横っ面を張り飛ばして離婚を言い渡す気になれないのでしょうか?

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202108/article_4.html
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_10.html
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉