法廷で泣く「金儲けのカリスマ」 給付金詐欺の結城世成被告

新型コロナウィルス感染への対策として中小企業経営者に支給する「持続化給付金」が設けられたのですが、これを騙し取る詐欺事件の摘発が相次いでいます
大学生や専門学校生といった事業を営んでいない人間を誘い込み、「持続化給付金」の交付を申請させ、100万円が支給されたらその何割かを「指導料」としてピンはねする手口です
SNS上で「金儲けのカリスマ」と称し、派手な生活の模様をアップしていた結城世成被告は、約300人に不正受給をさせ、3億円騙し取った疑いで起訴されています
逮捕時の記事と公判の様子を伝える記事2本を貼っておきます


新型コロナウイルスの影響を受けた、中小事業者に支給される「持続化給付金」。この支援制度を悪用した詐欺の首謀者の男が逮捕送検された。
被害総額は3億円以上。取材でその不正の手口と豪華な生活ぶりが見えてきた。
端正な顔立ちでピースサインをする男。「金儲けのカリスマ」と崇められ、ある事件の首謀者として警察にマークされていた。
その正体は、詐欺の疑いで逮捕送検された、飲食店経営の結城世成容疑者(23)。持続化給付金を悪用し、国にうその申請をして給付金100万円をだまし取った疑いが持たれている。
だまし取った金で手にした生活はどんなものだったのか。結城容疑者のSNSには、数々の高級料理店で食事をしている様子が多く投稿されていた。
北京ダックや酢豚、麻婆豆腐など、高級中華料理店で食べた豪華メニューのほか、ミシュラン2つ星の高級寿司店での食事の画像も投稿されていた。
住まいも並外れていた。結城容疑者は東京・目黒区の高級住宅街にそびえるタワーマンションの一室を借りていたほか、自ら経営する店がある仙台市にもマンションを持っていたという。
23歳という若さで手に入れた、豪華な暮らし。巨額のお金をだまし取ったその手口はどんなも
実行役は300人…不正報酬の8割は結城容疑者に
結城容疑者はすでに逮捕、起訴されている田村龍斗被告に、SNSで犯行の手口を指南。田村被告は犯行グループのリーダーに指示を出して、実行役らに給付金申請の手続きをさせていたとみられる。
実行役には数万円の報酬を与えていて、その数は300人。不正に得た報酬のうち、8割は結城容疑者へ。残りの2割は犯行グループリーダー2人に1割ずつ渡っていたという。
結城容疑者は、給付金を申請する実行役を探す場合、個人事業主として登録のない会社員や専門学校生を狙うよう指南していたという。
警察はこれまでの家宅捜索で、通帳やパソコン、スマートフォンなど100点近くを押収していて事件の全容解明を進めている。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


被告は“誘われただけ”と主張
この日は続いて、被告人質問も行われた。結城被告は今回の事件について、あくまで誘われただけとしたうえでこのように主張した。
結城被告:「最初は弁護士、行政書士、税理士がいるというので不安はなかったです。自分がどのようにしていいか分からず自分の判断の甘さです」
しかし検察は、結城被告を事件の首謀者とみている。29日の裁判で検察は「本件の被害額は合計2100万円であり非常に多額である。大部分は弁済されておらず甚大な被害は残ったままである」などと指摘。懲役7年を求刑した。
最後に意見陳述で証言台に立った結城被告は、声を震わせ鼻をすすりながらこう話した。
結城被告:「私は首謀者ではないです。ここで二度と犯罪をしないと誓います。同じような過ちは致しません」
判決は9月21日に言い渡される予定だ。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


詐欺グループの主犯ではないと結城被告は主張していますので、被害金額(起訴された分)2100万円を弁済する気はないのでしょう
結城被告が前科持ちなのかどうかは不明ですが、被害額を弁済しない以上、実刑が科される可能性が大です
法廷には結城被告の弟が証人として立ち、「家族で兄の行動を監視し、二度と犯罪に手を染めないようにする」と語っているのですが、家族が四六時中結城被告の行動を監視できるはずもないのであり、何ら実効性のない主張です。情状に訴える手法とはいえ、ベタすぎでしょう
裁判官の心証を良くしたいのであれば起訴内容を認め、被害額を弁済するのが一番ですが、主犯格であると認める気はないので全額弁済という選択はありません
そしてSNSで派手な生活を誇示していた結城被告ですが、弁済するための2100万円が都合できないのでしょう
これまでの派手な生活を支えていた収入も、税務申告をしていなかったとすれば預金や現金など税務署が抑えてしまったのかもしれません
家族としても、兄のためにポンと2100万円は出せないと思われます
そもそも「持続化給付金」は国民の税金から捻出されているのであり、きっちり返済してもらわないと困ります
実刑判決とともに、結城被告に追徴金を課して取り立ててるのは当然です

(関連記事)
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
慶応大広告研レイプ事件で6人を書類送検
甲子園優勝校主将 強盗で懲役5年判決
甲子園優勝校主将の転落人生
甲子園優勝校主将が強盗で逮捕
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件
いまだに続くM資金詐欺
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
診療報酬詐欺のタレント女医 武将の子孫はウソ
有栖川宮を名乗った詐欺師
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
炎上騒動 武田信玄の末裔を名乗る女性モデル
「韓国の野球選手、安田財閥令嬢と婚約」と報じた韓国メディア
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生