ジャポニズム(美術)に嫉妬炸裂 韓国メディア

近代美術史の中で特筆される存在がジャポニズムであり、日本の浮世絵がゴッホなど印象派の画家たちに大きな影響を与えたのはいまさら述べるまでもありません
その一方で近代美術史の中で朝鮮美術は扱いも小さく、ほとんど注目されていないのが現実です。それが悔しくてならないのか、韓国の地方紙が「現代の韓流はジャポニズムを超えた」という記事を掲載しています
彼ら、彼女らの日本文化に対する劣等感、嫉妬、羨望というのもが行間から滲み出ている内容なので紹介します
元記事が韓国語なので、いつものようにインターネットの掲示板「5ちゃんねる」に貼られた蚯蚓記者の翻訳を引用させてもらいます


世界美術史を読むと、ある時点で感情が揺れる。妙な羨望と嫉妬でだ。
19世紀末、フランスは世界美術の中心だった。そこでは多様な近代美術運動が起きた。画家は既存美術を脱して新しいものを探そうとありったけの力をふりしぼった。その時、発見したのが日本の浮世絵(庶民生活を入れた風俗画)だ。浮世絵は派手な色彩と単純な構成、立体感のない平面性などが特徴だ。
これが伝統美術の枠組みから抜け出す糸口を与えた。当時の画家で日本美術の影響を受けなかった人を探すのが難しいほどだ。
(中略:モネ、ゴッホ、マネ、ゴーギャン、プッチーニなどの芸術を紹介)
彼らにとって東洋は神秘の対象で日本文化にはまる他なかった。フランスの美術批評家フィリップ・ビュルティはこのような日本文化の大流行を「ジャポニズム(Japonism)」と定義した。
歳月が流れた。隔世の感だ。韓流が150年前のヨーロッパをひきつけたジャポニズムを見下ろしている。ドラマを中心に韓流の風が始まって大衆音楽、映画などに拡散中だ。テレビを通じてヨーロッパ・南米などで防弾少年団の歌を韓国語で歌う現地人の姿も今はそれほど珍しくはない。
韓流熱風は映画「ミナリ」で再確認された。韓国俳優ユン・ヨジョンがアカデミー助演女優賞を受けた。昨年、韓国映画で初めてアカデミーで4部門を席巻した「パラサイト」に続く快挙だ。防弾少年団も新たな記録を立てた。新曲「バター」が米国ビルボード・シングル チャートで4週連続1位を占めて自身の記録を越えた。
美術も同じだ。世界の美術愛好家が韓国の単色画に熱狂する。朴栖甫(パク・ソボ)、鄭相和(チョン・サンファ)など単色画家の作品が世界的な競売で高く売れる。韓国現代美術の一思潮である単色画はわずか10年前だけでも西洋モノクロームの亜流という認識が強かった。しかし、もはや世界のアートフェアで誰でも『Dansaekhwa(単色画)』と呼ぶ固有名詞になった。
(中略)
韓国国際交流財団が出した「2020地球村韓流現況」によれば全世界の韓流ファン人口は1億人を越える。韓流はジャポニズムとは違う。先にヨーロッパを越えて全世界で流行する。ジャポニズムは未知の土地に対する神秘感から始まったが、韓流は優秀なコンテンツを土台にすることでも差別化される。
ふと思う。もし1800年代、日本ではなく朝鮮の絵が西洋に先に伝えられたとすればどうなっただろうか。ジャポニズムに対するうらやましさから脱して私たちの文化にかける期待が大きくなる。
(嶺南日報の記事から引用)


嫉妬の感情で頭に血が上っているのか、書いている内容が支離滅裂であり、頭は大丈夫かと言いたくなります
ちなみに記事を書いているのは嶺南日報のキム・スヨンという論説委員ですが、この内容でよくも紙面に掲載できたものと呆れます。日本の新聞社なら書き直しを命じられるでしょう
150年前のジャポニズムを前提として語っておきながら、防弾少年団を引き合いに出すのはとんでもなく非対称的な論法です
なぜ150年前の朝鮮美術を引き合いに出さないのでしょうか。文末でこそ「もし1800年代、日本ではなく朝鮮の絵が西洋に先に伝えられたとすればどうなっただろうか」と投げかけているわけですが、当時なら朝鮮美術は無視されたか、中国美術の亜流という扱いを受けただけでしょう
話の組み立てとしては、「現代韓国文化のコンテンツの優秀さを、ようやく世界が認め始めた」と言いたげですが、果たして韓流と呼ばれる薄っぺらなPOPミュージックやドラマに、それだけの値打ちがあるのやら
話は少し外れますが、2000年冒頭から中国現代アートがオークションで高値をつけ、「中国美術ブームがすごい」と騒がれました
実はヘッジファンドなどで儲けた欧米の新興成金たちが、まだ評価の定まっていない中国の現代アート作品に投資をし、買いまくったというのが真相であり、現代アート作品として高い評価を得ていたわけではありません。もちろん、彼らは美術愛好家などではなく、先物買いをして儲けるために投資していたのです
しかし、リーマンショックの影響で投資ファンドが次々と破綻し、美術品も投げ売り状態で換金処分され、作品の取引価格は暴落しました
このように5年や10年のブームで価値が定まったりはしないのであり、50年とか100年という歳月を重ねて評価が定まるわけです
上記の記事を読めば、目先の利益ばかりを強調し、「売れているから価値がある」との基準で語っているのが分かります
相変わらず韓国人にとっての文化とは、「金儲けの手段」でしかないのでしょう

(関連記事)
文化とは輸出して儲けること 韓国メディア
文化財を返還せよと叫ぶ韓国の珍妙な主張
日本美術と韓国美術
日韓関係 日本の無知と怠慢を告発する在日韓国人作家
「日韓関係悪化は日本の歴史修正主義のせい」と主張する青木理
「文明開化に失敗した李氏朝鮮」を認めない韓国史観
韓国の大学教授 「日本人には共感と普遍的世界観が足りない」
日本の新紙幣 渋沢日栄一を猛批判する韓国
「人類の文明は9千年前韓民族が起源」と報道する韓国メディア
インチキ韓流ブーム 韓国の呆れた剣術
「日本剣道の起源は韓国」と言い張る人たち
「江戸時代の日本はアジアで孤立」と主張する韓国教授
「日本は古代、韓国の直轄領土」と主張する韓国の歴史学者
千利休は朝鮮系と捏造報道 朝鮮新報
またもや「茶道の起源は韓国」と捏造
日本刀をねたむ中国、韓国
日本の辞書文化を羨む韓国
「大豆と米の起源は古代朝鮮」と書く韓国教授
韓国メディア「王とポルノが共存する日本精神の深層」
「日本は朝鮮人が作った国」と報じる韓国メディア
伊藤博文暗殺犯安重根を英雄に祀り上げる韓国
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
韓国メディア 「天皇は百済語を話す」
「日本は新軍国主義ニダ」と主張する韓国の研究者

福岡強姦殺人 最高裁で古賀被告の無期懲役確定

福岡県で仕事帰りの主婦である女性会社員が強姦された後に殺害、遺棄された事件で、性犯罪により2度の服役歴のある古賀哲也被告に対し福岡地裁は無期懲役判決を言い渡しています。この判決を、「重すぎる」として控訴したものの、福岡高裁も無期懲役を支持したため、古賀被告は最高裁に上告していました
最高裁は福岡地裁の無期懲役判決を支持し、古賀被告の上告を棄却しています
性犯罪で2度服役したにも関わらず、強姦強盗殺人に死体遺棄までやらかした男が、「無期懲役刑を重すぎる」と言い張るなど被害者に申し訳ないと思わないのか、と問い詰めたくなります
この事件については当ブログで2度取り上げたところであり、情状酌量の余地もない凄惨な犯行です


最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)は福岡県粕屋町で令和元年7月、会社員の女性=当時(38)=を襲い殺害したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、古賀哲也被告(37)の上告を棄却する決定をした。28日付。求刑通り無期懲役とした1、2審判決が確定する。
判決によると、元年7月6日深夜、自転車で帰宅途中だった女性を引き倒して暴行し、首を絞めて殺害。遺体を近くの須恵川に投げ入れ、財布を持ち去った。遺体は8日に見つかった。
1審福岡地裁の裁判員裁判判決は「現場を通りかかっただけの被害者が命を奪われ、人格や尊厳が傷つけられた。結果は重大だ」と指摘した。被告は刑が重すぎるとして控訴したが、2審福岡高裁が退けた。
(産経新聞の記事から引用)


さて、上記のようにこの事件については2度取り上げていますので、裁判の経緯など繰り返しません
2020年9月の文春オンラインの記事から一部、引用させてもらいます。古賀哲也被告の人となりの一端を垣間見る内容です


古賀被告は公判に、伸びかけた坊主頭と白のワイシャツと黒いパンツ姿で現れた。最終意見陳述では、「被害者や遺族に本当に申し訳ない。人の命を奪ったので、死刑が妥当ではないかと思う」などと発言。弁護側は「起訴内容を認めて深く反省している」と主張した。
だが、法廷を取材していた司法記者はその一見殊勝な態度の中に、「ぞっとするものを感じた」と話す。
「古賀被告はたしかに起訴内容を認めていますが、強い違和感があったのはその“認め方”です。女性を襲った動機を問われた時に、言い淀んだり表情を歪めたりすることなく、『強姦目的でした』という言葉がさらっと口から出てきたんです。その言い方があまりに淡々としていて、言葉の内容の重さと話し方のバランスが崩れているように感じました。罪悪感のようなものを見て取るのは難しかったです」(同前)
検察側の主張にもあるが、古賀被告は過去に性犯罪事件を3度起こしている。2006年に大阪で強姦事件を起こして服役。2014年に長崎での強制わいせつ事件で再び収監され、2017年8月に出所していた。
再犯防止プログラムを「机上の空論」
そしてもっとも波紋を広げたのは、古賀被告が収監中に受けていた「再犯防止プログラム」についてのこの発言である。
「効果がないと感じた。机上の空論」
古賀被告は2006年の強姦事件後、収監中に再犯率を下げるプログラムを受けていたが、それについて「効果がない」と断じたのだ。
「再犯防止プログラム」は認知行動療法を用いて再犯をしない方法を学ぶもので、再犯リスクの大きさに応じて4~9カ月の間、1回100分の指導を週1~2回受ける。「高密度」と呼ばれる9カ月のプログラムを週2回受けた場合、合計時間は約130時間にものぼる。裁判で古賀被告は「100回くらい受けた」と言い、それだけの時間をかけるならば相応の効果が求められるのも事実だ。


再犯防止プログラムについても当ブログでこれまでに言及してきたところですが、「机上の空論」にするかどうかは受刑者次第です。心理療法といえども洗脳ではありませんから、人の頭の中で手を突っ込んで人格を改造する手段ではありません
受刑者自身が真摯に社会復帰後の生活を考え、再犯しないとの決意の上に取り組んでこそ効果が期待できるのであり、プログラムの受講が再犯防止を約束ものでないのは明白です
そして再犯防止プログラムを机上の空論を切り捨てる古賀被告の考えこそ、性犯罪者に見られる認知の歪みを示すものでしょう。すべては誰かのせいであり、何かが悪いと決めつけ、自らの責任は回避する。古賀被告の場合、抵抗した被害者が悪いのであり、大人しく強姦されていれば殺さずに済んだ、というのが本音でしょう
なぜ性犯罪を繰り返し、殺人にまで至ってしまったのか、古賀被告はそこを考えようともしないのです

(関連記事)
福岡強姦殺人 古賀被告に無期懲役判決
福岡強姦殺人 性犯罪を繰り返した古賀被告
舞鶴女子高生殺害事件を考える4 高裁で無罪判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える3 無期懲役判決
舞鶴女子高生殺害事件を考える2 被害者との接点
舞鶴女子高生殺害事件を考える1 死刑の求刑
舞鶴女子高生殺害犯が中年女性を刺し逮捕される
舞鶴女子高生殺人 中勝美被告は本当に無罪だったのか?
舞鶴女子高生殺害の中勝美 別件で懲役16年判決
千葉女子大生遺棄事件を考える1 遺体を捨てる理由
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
松戸女子大生殺人事件を考える 「女は強姦されたがっている」
松戸女子大生殺人事件を考える2 更生の可能性なし
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
松戸女子大生殺人事件を考える6 裁判官の独善
松戸女子大生殺人事件を考える7 最高裁も死刑を否定
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつでまた逮捕
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
16年前の強姦事件で懲役8年判決 PTSD認める
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年