「14歳と性交で逮捕は不当」 性犯罪オヤジの言い分

先般、立憲民主党の性犯罪問題を考えるワーキングチームの会合の場で、本多平直議員が「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」と発言し、物議をかもす事態になりました
立憲民主党の本多平直衆議院議員を性犯罪者であると誹謗する気はなく、ただその思考回路が性犯罪者の物と酷似しており、そこが問題だと自分は思います
前回は朝日新聞の記事を取り上げました。今回は産経新聞の記事になります


「50歳近くの自分が14歳の子と性交したら、たとえ同意があっても捕まることになる。それはおかしい」
立憲民主党の本多平直衆院議員(56)が、党の性犯罪刑法改正ワーキングチーム(WT)会合で語った言葉には耳を疑った。14歳の娘を持つ父親として、怒りを通り越して悲しくなった。50歳と14歳では、社会的な知識も経済力も大差がある。若年者の意思も尊重する-。そんな耳障りのよいことを言ったつもりかもしれないが、裏返せば妊娠の可能性がある行為について、成人と同じ結果責任を担わせることになる。
発言は法律上、性交の同意能力があるとみなす「性交同意年齢」の引き上げを議論している際に飛び出した。今の刑法で理由に関わらず性行為が処罰されるのは、相手が13歳未満に限られる。基準は明治時代に制定されたもので、主要7カ国では最も低い。
最近は悪意を持った成人がSNSなどで中学生に近づき、言葉巧みに性犯罪に巻き込むケースも増えている。このため、法務省は昨年、「性犯罪に関する刑事法検討会」を立ち上げ、性交同意年齢の引き上げも視野に議論を進めている。
平成29年に性犯罪に関する刑法を抜本改正した際にも引き上げは見送られた。なぜか。問題のWTで、本多氏と激論を交わした大阪大大学院の島岡まな教授(刑法)は、本多氏の言動を振り返ればその一因が理解できると語る。
島岡氏はWTで、自由を重んじるフランスでも性交同意年齢を15歳と設定した経緯などを説明し、「どんな理由があっても成人による中学生との性交を処罰するのが世界の流れだ」と訴えた。これに対し、本多氏は「年の離れた成人と中学生にも真剣な恋愛関係が存在する場合があり、処罰には懸念がある」などと反論し、最後は怒鳴りながら「50歳近くの自分が~」と問題の発言をしたという。島岡氏は絶句した後「先進国なら捕まります」と言い返した。
本多氏は6月5日付本紙朝刊で発言を報じられた後、「成人を処罰対象とする必要性を認識している」としつつ、「限界事例や特異な例外事例など、緻密な検討が必要だと考えた」と釈明し、発言を撤回した。ただ、島岡氏は「本多氏は確信的に(成人を例外なく処罰対象とすることに)反対していた」と話す。
別の日のWT会合では、本多氏と別の議員が「中学生の自由な意思に基づく性交を罰したら憲法違反の疑いがある」などと主張していた。「中学生から成人を口説いて恋愛関係になり、性交に至る例もある」という成人への擁護論もあったという。
島岡氏は「こうした主張をするのは大概が大人の男性で、無意識かつ都合よく自由の定義をはき違えている」と指摘する。「自分たちの権力や地位の高さに無自覚で、悪意がないから始末も悪い。たとえ中学生が『自由な意思』と思ったとしても、それは成人にコントロールされやすい『不自由』であることが多い」とも語る。
(産経新聞の記事から引用)


島岡教授の指摘はもっともであり、何とか例外を設けて14歳やそれ以下の少女との性交も犯罪扱いにならないよう抜け道を残そうと企図する本多議員の異常さが際立ちます。それこそ前述したように、性犯罪者の思考そのものでしょう
「自由恋愛なのだから、とやかく言って取り締まったり処罰すべきではない」と擁護するのも、性犯罪を取り締まるなとの主張であり、少年少女を保護しようという立場に反するものです
そもそも法律改正は14歳の男女同士の恋愛を禁止するのを目的としているわけではありません。あくまでも大人によるこどもへの性搾取を取り締まるのが狙いです。そして上記の記事でも説明されているように、50歳の男性と14歳の少女の性的関係はいびつで異常であり、特例として保護するには当たらないというのが世間一般の考えです
すけべオヤジの屁理屈を許してはならないのであり、ここは明確に線引きする必要があります
さて、問題発言以来、本多議員には取材の申し入れが相次いだはずですが、本人は発言を取り消しただけで逃げまくり、取材に応じないのでしょう
衆議院議員の肩書があるのですから発言を取り消せばチャラ、というわけにはいきません
公党である立憲民主党にも責任はあります。党としてどう対応するか、態度を明らかにしてもらいたいものです

(関連記事)
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員「少女が誘う場合もある」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_46.html
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の不満爆発
https://05448081.at.webry.info/202107/article_42.html
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
自民滋賀県連事務局長 強姦容疑で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202108/article_4.html
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
義理の娘(女児)に猥褻行為 元校長に懲役4年6月判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_10.html
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
強制わいせつ被害 10歳の訴えを「告訴能力なし」と否定
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉

大阪交番襲撃 飯森被告の初公判は7月19日

2018年から19年にかけて富山、仙台、大阪など各地で交番を襲って警察官の拳銃を奪おうとする事件が相次ぎました(実際は交番勤務の警察官から拳銃を奪おうとする事件はたびたび起きています。ただ、未遂で終わった事件は全国ニュースとして報じられないため、知られていないだけです)
上記の事件のうち、飯森裕次郎被告の事件だけはまだ決着がついていません。初公判は7月19日だと報じられています
事件の経緯はこれまでにも取り上げてきたので繰り返しません。精神的に不安定な飯森被告ですが、精神鑑定の結果刑事責任能力に問題はないとされ、大阪地検が起訴に踏み切りました
容疑に関しては十分に立件可能だとしても、飯森被告側は心神耗弱を理由に無罪か減刑を求めると推測され、厳しいやり取りが予想されます
共同通信の記事では、事件後、派出所や駐在所の防犯体制強化について述べています


大阪府吹田市の吹田署千里山交番で古瀬鈴之佑巡査長(28)が男に包丁で刺され、拳銃を奪われた事件は16日で発生から2年。府警は2021年3月末までに603カ所にある交番と46カ所の駐在所に、内側と外側を映す防犯カメラの設置を完了した。交番や駐在所の安全に取り組む専従係を4月に新設し、対策強化に向けた取り組みを続ける。
古瀬巡査長は巡査だった19年6月16日の人通りの少ない早朝、交番近くに潜んでいた飯森裕次郎被告(35)=強盗殺人未遂などの罪で起訴=に襲われた。
被告の初公判は7月19日に開かれる。府警によると、古瀬巡査長は20年1月に吹田署地域課に内勤で復帰、同年秋に昇格した。体の痛みも順調に回復しているという。
府警は事件後、全ての交番で外周を調べ、不審者が隠れる死角があると判断した約140カ所に、人が近づくと明かりがつくセンサーライトを設置。交番や駐在所などの現場で働く全ての地域警察官に、拳銃が奪われにくい新型ホルスター(拳銃入れ)の配備も終えた。
今春からは本部の地域総務課に新設した5人チームの専従係が交番や駐在所を回り、簡単に建物奥に入られないよう、机のレイアウトを助言するなどしている。
交番襲撃を想定した訓練の徹底など、設備面以外の対策も進む。府内では3月に東大阪市の交番で、男性警部補に刃物を突き付け拳銃を奪おうとしたとして、男子高校生が逮捕される事件があった。警部補が拳銃で制止し双方にけがはなかった。警部補は「拳銃の取り出し方や間合いの取り方など実践的な訓練が生かされた」と話しているという。
専従係の河田浩二警視は「地域の安全安心のため、交番のセキュリティー強化にさらに努めていく」と述べた。
(共同通信の記事から引用)


若い方はご存じないのでしょうが、昭和47年から昭和58年の約10年間に、交番勤務の警察官から強奪した拳銃などを使って強盗殺人を働き8人を殺害した勝田清孝事件というのがありました(猟銃も使い、300件あまりの強盗事件・窃盗事件を実行)。ゆえに警察には拳銃を奪われることへの警戒と恐怖が、いまだに根強く残っているのでしょう。勝田清孝事件については、いずれ機会を設けて取り上げるつもりです
さて、話を戻して飯森裕次郎被告が公判で何を語るのか、何を語らないのか注目です
拳銃強奪前、高校の同級生の消息をしきりに気にかけ、住所を確認しようとしていました。単に同級生や元野球部員を懐かしんでの行動だったのか、あるいは拳銃で銃殺することを計画した上での行動だったのか、判然としません。警察官から拳銃を奪ったからには、それを使う目的・計画があったものと推測されるのですが、報道を見る限り飯森被告は供述していないようです

(関連記事)
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役12年判決
https://05448081.at.webry.info/202108/article_18.html
大阪交番襲撃 飯森被告の責任能力
https://05448081.at.webry.info/202108/article_16.html
大阪交番襲撃 飯森被告に懲役13年求刑
https://05448081.at.webry.info/202108/article_2.html
大阪交番襲撃 飯森被告「精霊さんの指示だった」
https://05448081.at.webry.info/202107/article_47.html
大阪交番襲撃 飯森被告の初公判
https://05448081.at.webry.info/202107/article_34.html
大阪交番襲撃 飯森裕次郎容疑者を起訴
大阪交番襲撃 同級生への執着はなぜ?
大阪交番襲撃 異常な言動
大阪交番襲撃 容疑者確保し拳銃発見
大阪交番襲撃 拳銃強奪狙い
仙台警察官刺殺事件を考える 21歳男学生の犯行
仙台警察官刺殺事件を考える 物静かな少年時代
仙台警察官襲撃事件を考える 自宅に5丁のモデルガン
富山交番襲撃犯 2人を殺害し逮捕
富山交番襲撃犯 島津容疑者取り調べ難航か
富山交番襲撃犯 2年たっても公判の目処立たず
富山交番襲撃犯 初公判で島津被告は黙秘
富山交番襲撃犯 島津被告の両親が謝罪
富山交番襲撃犯 調書に見る犯行動機
19歳警察官が上司を射殺 書類の書き直しが不満
19歳警察官が上司を射殺 不適格者を採用するなと社説
19歳警察官が上司を射殺 パワハラか?
「ひきこもりを問題視するマスコミの異常」の異常
川崎小学生襲撃事件を考える 叔父の手紙が凶行を招く?
川崎小学生襲撃事件を考える 遺書やメッセージなし
川崎小学生襲撃事件を考える 「一人で死ね」論争
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
白金高輪駅硫酸男 沖縄で逮捕される