都議会選当選の木下議員 免停中に運転し事故

小池百合子東京都知事を支える議会の会派で地域政党でもある都民ファーストの会に所属する木下ふみこ議員は、免停期間中に車を運転し事故を起こしていたと報じられています
本人は議員辞職せず、このまま議員活動を続ける意向のようですが、批判が沸き起こっています
都民ファーストの会は、当面の間木下議員を「党員資格停止」処分にすると公表しているため、木下議員は無所属での活動となるのでしょう
「女性自身」の記事から、以下引用します


7月4日に投開票が行われた東京都議会議員選挙。33議席を得て自民党が第1党になったものの、公明党と合わせて過半数には達しなかった。いっぽう31議席を得た小池百合子都知事(68)が特別顧問を務める都民ファーストの会は、自民党に猛追した結果となった。
各紙によると今回の都議選では女性41人が当選し、前回の36人を上回る過去最多となったという。そんな都議選から一夜明けた7月5日、板橋区で当選した都民ファの木下ふみこ議員(54)が無免許運転で事故を起こしていたことが発覚したのだ。
各メディアによると2日の午前7時半頃、板橋区高島平の交差点で車をバックさせた際に後方に停まっていた車に衝突した木下氏。交差点を曲がろうとしたが、曲がり切れなかったという。木下氏にぶつけられた車は50代男性が運転していたといい、同乗者の妻が軽いけがをしたと報じられている。
選挙期間中に起こしてしまった事故だが、木下氏は免許停止期間中で無免許だったというのだ。しかし、朝日新聞の取材に木下氏は「大きな事故ではまったくない」「免停期間が終了していると勘違いしていた」と釈明している。
そんな木下氏は5日午前にTwitterを更新し、《沢山の方々に、「おめでとうございます。」とお声がけ頂きました。ご期待に添えるよう、しっかり仕事をして参ります。なるべく早く、多くの街で、当選報告をして参りたいと思います》と意気込んでいた。
選挙期間中に無免許運転で事故を起こしていたにもかかわらず、何事もなかったかのように振る舞う木下氏。ネット上では、彼女に「当選無効」を求める声が相次いでいる。
《免停期間を間違えた? どうやって間違えるの? 免停中なのに免許が手元にあるってこと? 都議だと普通と違うの?》
《これ、当選無効じゃないか? 交通ルールも守れない人に都政を任せられないんですが》
《免停中の期間を間違えたとか大嘘つきだし、間違えるようなやつに政治を任せられるはずがない。論外。当選無効にするべき。昨日報道されればよかったのに》
(女性自身の記事から引用)


残念ながら公職選挙法に抵触しませんので、木下議員の当選は無効になりません。自民党がトカゲの尻尾切りとして、「政治家の出処進退は政治家自身が決めるもの」と言い放ち、離党させて後は本人まかせというのが常であり、都民ファーストの会も同類というわけです
つまり政党といえども、「議員辞職しなさい」と本人に命じ辞職させるのは容易ではない現実がそこにあります。もちろん、本人が所属政党の意向に忠実であれば党の決定に従うのでしょうが、政党を離れて無所属になる選択肢がある以上、結局は本人次第となります
したがって次の選挙で落選するまで議員であり続けるのは可能です。事件を起こして逮捕され、起訴されても議員辞職しなかった国会議員もいます。本人は拘置所に入っているのですが、国会議員としての歳費は支給されます。逮捕勾留され、国会に出席できない場合、議員歳費は減額する、あるいは不支給とするよう法律を改正しない限り、逮捕議員は歳費を毎月受け取れるのです
が、いつまで経っても国会は法を改正しようとはしません
既存の政党のそうした体質にNoを突き付けるため新党を結成したはずなのに、いざとなれば保身に走るのだなと呆れてしまいます
木下議員に引導を渡して辞職させれば自民党とは違うのだ、と都民にアピールする絶好の機会になりますし、それは議席1個分より大きな収穫になると思うのですが?
あとは都民が、あるいは一般国民が木下議員を説得するしかないのでしょう(大勢で押しかけ、圧力を駆けろと煽るものではありません)
上記のように木下議員の辞職が凋落気味である都民ファーストの会の党勢回復に役立つ、と説いて聞かせるしかないのです

(関連記事)
小池都知事 カタカナ語連発
都知事選候補者は菊池桃子?石原良純?
小池都知事 韓国人学校問題に都有地貸与せず
都知事選 鳥越俊太郎落選の弁
都知事選 「病み上がり」発言に激怒する鳥越俊太郎
小池百合子元防衛大臣 都知事選へ名乗り
渋谷ホームレス撲殺事件 いなくなればいい
舛添知事辞意を固める 涙の釈明も無駄に
舛添都知事 議会で釈明も四面楚歌
舛添都知事 政治資金疑惑まだまだ噴出
舛添知事 政治資金で家族旅行疑惑
猪瀬都知事 徳洲会から借りた5000万円
東京都知事選 後出しジャンケン大会
石原慎太郎「太陽の党」結成も、選挙後は解党か?
都知事選 細川候補敗戦の弁
都知事選 支持されない細川候補の「脱原発」
細川元首相 佐川問題で釈明に苦慮
いまさら都知事選に出る細川元首相 応援する菅直人

静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める

2020年6月、コンビニエンスストアでのアルバイトを終えて帰宅した山田未来さん(当時19)を殺害したとして起訴された、同じ大学の学部に通う三島市の堀藍被告の初公判が開かれました
事前に弁護人が「起訴内容をすべて認め、事実関係で争わない」との方針を明かしていたとおり、堀被告は罪状認否で山田さん殺害を認めています
初公判前のNHKの記事から引用します


沼津市で女子大学生が包丁で刺され、殺害された事件から27日で1年です。
殺人などの罪に問われている当時同じ大学に通っていた男の初公判は、7月5日に開かれる予定で、男は被害者や遺族に謝罪の意思を示していて、起訴された内容を認める見通しであることが弁護士への取材で分かりました。
去年6月、大学生だった三島市の無職、堀藍被告(21)は、沼津市西浦久連で近くに住む同じ大学に通っていた山田未来さん(当時19)を、包丁で刺して殺害したほか、この3日前までの4日間にわたり、山田さんに拒まれているのにSNSで執ようにメッセージを送った上、つきまとうなどしたとして、殺人やストーカー規制法違反などの罪に問われています。
裁判員裁判は、7月5日から始まる予定で、接見した弁護士によりますと堀被告は反省した様子で、被害者や遺族に謝罪の意思を示し、起訴された内容をいずれも認めていて、初公判でも認める見通しだということです。
裁判は、刑の重さが争点になるとみられ、堀被告が動機や事件に至るまでのいきさつをどう述べるのかが注目されます。
7月13日に判決が言い渡される予定です。
(NHKニュースの記事から引用)


先月、この事件を取り上げた際には、堀被告は自分を相手にしなかった山田さんをいまだに恨んでおり、殺されて当然の女だといまだに思い込んでいるのではないか、と書きました
が、どうやら気持ちの整理がついたのか、遺族に謝罪する意向だと報じられています
言わずもがなでしょうが、殺害した後になって反省してところで、謝罪したところで殺害された山田さんが生きて帰ってきたりはしないのであり、遺族にとっては虚しいだけでしょう
判決言い渡しの日まで決まっているのは、起訴事実も認め、後は弁護人が情状酌量を訴えるだけという段取りになっているからで、いまから番狂わせで新たな事実が法廷で明かされたりはしません
なので、検察が堀被告に対して無期懲役を求刑するか、有期刑を求刑するかが注目点でしょう
犯行を認め、謝罪の意を全面に出しているとなれば無期懲役を求めるとは考えられず、更生の可能性があると理由をつけて懲役22年くらいを求刑するのでは?
遺族の立場としては、そこまで減刑する理由が理解できないのであり、気持ちが収まらないはずです(当然、被害者遺族と堀被告の間で示談が成立していないと思われますので)

(関連記事)
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_22.html
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
https://05448081.at.webry.info/202107/article_15.html
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
https://05448081.at.webry.info/202107/article_9.html
静岡女子大生殺害 7月5日に初公判
静岡女子大生殺害 初公判はいつ?
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
モデル女子大生殺害事件で事務所が遺族と和解
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
駅で10年待ち伏せ ストーカー男逮捕
墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか
墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕