静岡女子大生殺害 無期懲役求刑

繰り返し、静岡県沼津市で女子大生山田未来さんを殺害した堀藍被告の裁判について取り上げます
起訴事実について認めており、法廷に居合わせた遺族に対しても堀被告は謝罪をしたようです
ただ、そうした潔い態度とは裏腹に弁護人は懲役22年が相当だと言い、堀被告の小学生時の心臓ペースメーカー手術による挫折体験が犯行に影響していると、わけのわからない弁護を展開しています
検察は堀被告の犯行(体の上半身に49か所もの切り傷、刺し傷を負わせ肺に貫くほど深く刃物を突き入れていること、脈を確かめて確実に殺したかどうか確認していることなど)を挙げて、躊躇のない行動だと非難して無期懲役を求刑しました


静岡県沼津市西浦久連で2020年6月、大学生の山田未来さん(当時19歳)を刃物で殺害したとして殺人罪やストーカー規制法違反などに問われた住所不定、無職堀藍被告(21)の裁判員裁判が8日、静岡地裁沼津支部(菱田泰信裁判長)であり、検察側は「単なるストーカー殺人と評価しきれない、危険で非人道的な事案」として無期懲役を求刑した。弁護側は有期刑を求めて結審した。判決は13日に言い渡される。
検察側は論告で、山田さんと堀被告の関係性を「他人同然であり、単に『目に留まった』というだけで理不尽に殺害されたに等しい」と指摘した。刺し傷や切り傷が49か所あったことに触れ、「思い通りにならないと、物を破壊するように刺した」と強調。「殺害を周到に計画し躊躇(ちゅうちょ)した形跡もない。将来を奪われた被害者の苦痛と無念さは計り知れない」と訴えた。
一方、弁護側は最終弁論で、堀被告が小学生の時に心臓にペースメーカーを取り付けて以降、野球などのスポーツができなくなったことから、「一方的で身勝手な犯行動機には、手術による挫折体験の影響がある。動機を過度に重視することはできない」と主張。更生の可能性があると指摘し、懲役22年が相当とした。
堀被告は最終陳述で、被害者参加制度で出席した山田さんの父親を見て、「(無料通信アプリの)ラインをブロックしただけで人生を奪われるのは、未来さんは到底理解できないと思う。遺族にも(心の)傷を負わせ、人生を奪い申し訳ありません」と頭を下げた。
(読売新聞の記事から引用)


法廷で見せる堀被告の潔さと弁護人による意味不明な弁護は、公判前に被告と弁護人が打ち合わせた結果なのでしょう
最終陳述で堀被告は謝罪の弁を述べてはいますが、「無期懲役も極刑も覚悟している」などとは口にしません。堀被告はもっぱら反省の態度のみを法廷で示す役割だと分かります
前回も書いたのですが、弁護人の開陳する「心臓ペースメーカー手術で挫折した経験」というのが今回の事件とどう結びついているのか不明です。記事を書いている記者も傍聴しながらその論理がさっぱり把握できないのか、意味不明な文章になっています
それに続く弁護人の、「動機を過度に重視することはできない」との言い分もさっぱり理解できません
どなたか理解できる方がおられたら説明をお願いします
むしろ、「心臓のペースメーカー手術云々」という話をこそ、重視すべきではないと思うのですが?
くどいようですが、心臓のペースメーカー手術を受けた小学生が成人に達した後、女性を49か所刺して殺害するのが一般的な事例、というわけではありません。あくまで堀被告の犯行こそが特異なケースであり、異常なのです
補足:その後、幾つかの報道から法廷でのやり取りを確認したところ、「ペースメーカーを付けた挫折経験によって、被告は共感性に欠ける偏った性格となり、感情のコントロールができない被告人を強くは非難できない」というのが弁護人の主張だったようです。これも傍聴していた記者が要約した内容でしょうから、弁護人の法廷での弁論は極めて意味が把握しにくい言い方だったのでしょう
さらに、弁護人は「恋愛経験が乏しいがゆえの犯行であるから寛大な処分を求める」とも申し添えたようです
加えて言うと、本件はストーカー犯罪ですから動機部分を無視して裁判などできないのであり、大して接点もない堀被告が一方的に山田さんにつきまとい、逆切れして残虐な方法で殺害したのが問題なのです
単にフラれたので殺した、腹が立ったから刺したという事件ではなく、「オレ様の好意を無下にし、裏切ったから許せない。殺してやる。できるだけ残虐な手段で思い知らせてやる」との思考そのものが問題なのであり、恋愛経験が豊富か乏しいかは別の話でしょう
上記の限られた内容の記事だけで云々するのは僭越ですが、どうにも堀被告も弁護人も事件の根幹部分に触れてほしくないのか、避けているように映ります
判決は13日に示されます。自分の予想は無期懲役ではなく有期懲役(懲役22年から25年)だろうと思います

(関連記事)
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_22.html
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める
静岡女子大生殺害 7月5日に初公判
静岡女子大生殺害 初公判はいつ?
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
モデル女子大生殺害事件で事務所が遺族と和解
福岡女子予備校生殺害 甲斐被告に懲役20年の判決
福岡女子予備生殺害 懲役22年求刑
福岡女子予備校生殺害 鑑定留置後、起訴へ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
三鷹女子高生殺害を考える1 ストーカー対応
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
三鷹女子高生殺害を考える8 リベンジポルノで追起訴
女子大生を刺した神戸ストーカー事件を考える
三角関係でストーカーと化した女教師
平野区ストーカー殺人 懲役30年の判決
ストーカー殺人の少年が出所後また殺人未遂
西尾ストーカー殺人の少年 出所後再犯で懲役1年8月
駅で10年待ち伏せ ストーカー男逮捕
墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか
墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕

高校に侵入しセーラー服姿に 窃盗で逮捕の55歳

毎年のように学校に忍び込み、生徒の制服やら体操服を盗む事件が起きています
「制服フェチ」、「変態」とレッテルを貼るのはともかく、この種の事件を考えてみましょう
最近ではブルセラショップ(死語でしょうか?)ならずとも、インターネットの中古品売買サイトで中学生や高校生の制服、体操服が売り買いされており、有名女子高のそれには法外な高値がついています
そうまでして男は女子のセーラー服やブレザーに入れ込み、執着する現実があります


夜の高校をセーラー服姿でウロウロ 元銀行員常習犯の性癖
和歌山市内の県立高校に侵入し、セーラー服を盗んだとして、会社員の上田民夫容疑者(55)が16日、建造物侵入と窃盗の疑いで県警和歌山西署に逮捕された。
上田容疑者は15日夜から16日未明にかけて、自宅から6キロほど離れた高校に侵入。クラブの部室から女子高生のセーラー服とスカート、スカーフを盗んだ。
一刻も早く「女子高生」になりたかったのか。上田容疑者はその場でシャツとスラックスを脱ぎ捨てセーラー服に着替えた。その姿のまま、深夜の校内をウロウロしたのだ。
午前2時過ぎ、近くを通りかかった30代の男性が、急に便意をもよおした。たまたま学校の門が開いていたため、トイレに駆け込もうとしたところ、セーラー服姿の上田容疑者と鉢合わせになった。まさに「学校の怪談」だ。
(中略)
上田容疑者は容疑を認めているが、セーラー服だけでなく「体操服フェチ」でもあり、常習犯だった。
上田容疑者は2005年から09年にかけ、今回と同じ県立高校に5回、忍び込み、10年に同じ容疑で逮捕されている。その時は教室から体操服上下、卒業アルバムなど、女子高生の持ち物を計11点盗んでいた。上田容疑者は当時、地元の銀行の営業課長代理だった。
「体操服は上が半袖シャツで下はハーフパンツだった。女子生徒が体育の授業で使用していたもので、手提げ袋に入れて机の脇にかけてあった。女子高生はすぐになくなっていることに気付いたが、数カ月経ってから、なぜか袋ごと返却されていた。セーラー服同様、着て楽しんでいたのかもしれません。裁判では懲役3年、執行猶予4年の判決が言い渡されましたが、その際、常習性がみられるので、再犯の恐れを指摘されていました」(司法関係者)


上田容疑者は単なる女装癖ではなく、「盗んだ女子のセーラー服、体操服を身に着けて性的な快楽を味わう」嗜好があるのでしょう。学校に不法侵入する行為は、上田容疑者にとって女子高生の私生活に入り込む儀式のようなものであり、性的な快楽に昇りつめるには必須の条件となっているのかもしれません
なので、メリカルで売られている体操服を購入して自慰に耽れば満足というレベルではなく、盗みと妄想と性的嗜好が一体になった世界に浸りたいとの欲求が強いと推測します
もちろん、自分の欲求に駆り立てられ、法律違反などおかまいなしに高校へ侵入を繰り返すのであり、裁判所で判事から説教されたくらいで行動が改まったりはしないでしょう
仕事を失い、家族から見放されてもなお、盗みと女装が止められない状態です。こうなる前に治療を受けると言う選択肢はなかったのかと考えるのですが、おそらく上田容疑者は治療など受けたくなかったと思われます
治療を受け、女装癖が治ってしまったなら味も素っ気もない人生になってしまうと恐れたのでは?
それだけ自分の快楽の世界を手放したくなかった、手放せなかった、のかも
以上は自分の勝手な推察であり、上田容疑者と面識はないので根拠もありません
ですが、制服や体操服を盗まれる現役の女子高生にすればたまらなく迷惑な存在であり、刑務所に入って出てくるな、と言いたくなるでしょう
異常な性癖、盗癖があったとしても、本人が改善を望まないのであればどうしようもないのであり、そこは本人をじっくり説得して治療動機を彼の中に芽生えさせるしかないのでしょう。洗脳するわけにもいきませんし
おそらく世の中の女性は、「男ってなんてバカな生き物だろう」と思われるでしょうが、そのとおりです
一度快楽に溺れてしまうと、繰り返しそれを味わおうとするようになり、抜け出せなくなるのは男性も女性も同じですが

(関連記事)
高校に侵入しセーラー服姿に 服装倒錯という症状
https://05448081.at.webry.info/202109/article_23.html
セーラー服で女装露出の37歳警部補逮捕
女装で窃盗 逮捕されたプロゴルファー
44歳教師 下着なしミニスカート姿で逮捕
学校の総務課長(53)が女子高の体操服を盗み、逮捕
体操服泥棒 自宅から600着も
「キングオブコメディ」高橋被告に執行猶予判決
「キングオブコメディ」高橋 2007年に痴漢で逮捕
「キングオブコメディ」高橋容疑者は洗脳願望と書くLITERA
「キングオブコメディ」高橋 女子校制服盗で逮捕
「セーラー服は軍服、廃止せよ」と毎日新聞
女装して女湯に入り逮捕される事件を考える
児童の上履き300足盗む フェチ男逮捕
相模原母親殺害 犯人は女装癖の息子
県職員が靴下フェチ 洗濯物窃盗で逮捕
盗撮バレて暴行 小学校教頭の乱行
盗撮して暴行の小学校教頭 懲戒免職処分に
性犯罪者に対する薬物療法の実際

大阪カラオケパブ殺人 革靴から被害者の血痕

夕方の時間、テレビで刑事ドラマ「相棒」の再放送があり、ついつい観てしまいます。脚本のひどさに突っ込みを入れながら
出演している役者さんたちの演技は質が高いのに、事件の描き方や追い詰められた犯人の行動やら、何だかな、と思う場面が多いドラマです
前置きはともかく、大阪でカラオケパブ経営の女性が刺殺された事件の続報です
逮捕された宮本浩志容疑者の革靴から、被害者稲田稲田真優子さんと同じDNAの血痕が発見された、と報じられています。まるで刑事ドラマのようなベタな展開です


大阪市北区のカラオケパブ経営者の稲田真優子さん(25)が刺殺された事件で、常連客だった宮本浩志容疑者(56)=殺人容疑で逮捕=が事件当日に履いていたとされる革靴に血痕が付着していたことが、捜査関係者への取材で判明した。大阪府警がDNA型を鑑定した結果、稲田さんのものと一致。府警は宮本容疑者が事件に関与した重要な証拠とみている。大阪地検は勾留期限を迎える9日に刑事処分を判断する方針だ。
宮本容疑者は6月11日夜、北区天神橋4の雑居ビル5階に入る「カラオケパブごまちゃん」の店内で、稲田さんの首や胸を刃物で刺すなどして失血死させた疑いが持たれている。府警の調べに「店には行ったがやっていない」と容疑を一貫して否認しているという。
捜査関係者によると、押収した宮本容疑者の革靴を詳しく調べた結果、表面に血痕が付着し、稲田さんのDNA型と一致した。稲田さんは全身に十数カ所の傷があり、店内で血を流して亡くなっていた。府警は宮本容疑者が事件直後に店内にいたことを裏付ける証拠だとみている。
宮本容疑者は事件当日の夜、最後の客として退店した。しかしビルの防犯ビデオ映像から、約1時間にわたってビルの内部に潜み、稲田さんを襲う機会をうかがっていた疑いがあることも判明している。稲田さんは事件前、宮本容疑者について「しつこく言い寄ってくる客に困っている」と周囲に相談していた。府警は宮本容疑者が一方的に好意を寄せてトラブルになったとみて詳しい動機を調べている。
(産経新聞の記事から引用)


飲食店の女性経営者に一方的に惚れ込み、口説いて拒絶され、それでもしつこく纏わりつくという、こちらも刑事ドラマのようなベタな展開ですが、実際に殺害行為に至っているのですから、笑って眺めている場合ではありません
もちろん、しつこい客に対して「ああするべきだった」とか、「こういう手段を講じるべき」との意見はあるのでしょうが、被害者である稲田さんとしては宮本容疑者を店への出入り禁止にするほど邪険にはできなかったのだと思います。また、店への出入りを禁止したところで宮本容疑者が付き纏うのを止めるはずはなく、店の外に何時間も立ち続けて自分の存在をアピールするくらいの真似はしたでしょうし、店から出た稲田さんを狙って襲い掛かる可能性は十分にあったと想像します
警察に通報し、迷惑防止条例違反やストーカー規制法違反で逮捕させ、接近禁止を言い渡したところで宮本容疑者はしつこく店の周囲に現れたでしょう。彼自身、自分の行動を制御できなくなっているのですから。なので、「オレがあいつにガツンと言ってやるよ」で改心したり、解決したりはしません。これがストーカー事件の厄介なところです
妄執に駆られているとも言えますし、正常な精神状態から逸脱しているとも言えます。家族と疎遠になり、頼るところは稲田さんとの関係のみというほど、追い詰められていたのかもしれません。ですがこれは犯罪であり、同情の余地などないわけで
宮本容疑者には20代の娘が2人いたのだとか
このままでは結婚にも支障をきたすでしょうから、妻は離婚し娘たちも妻の旧姓に変えるのではないでしょうか?

(関連記事)
大阪カラオケパブ殺人 常連客で56歳の容疑者逮捕
78歳がラブレターを返され強迫 暴走老人事件
立憲民主党高井崇志議員 セクシーキャバクラ通い
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
セクハラ初鹿明博衆院議員 ようやく辞職
立民党初鹿議員 強制わいせつで書類送検
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
不倫騒動の後藤田議員、妻水野真紀と同居中
水野真紀の夫・後藤田正純議員の不倫
朝乃山処分 飲み歩いたスポニチ記者は解雇
朝乃山キャバクラ問題 一緒に飲み歩いた新聞記者
暴力事件の巨人山口投手 今季は出場停止処分に
巨人山口投手 泥酔暴行で書類送検
西武ライオンズ相内誠投手 喫煙飲酒発覚で処分