中国人姉妹殺害事件 差し戻し審で無期懲役求刑

1人を殺害し、遺体を遺棄しても死刑にはならないのが日本の判例です(誘拐強姦殺人など特殊な事情・背景があれば被害者が1人のケースでも死刑判決はありますが)
ならば2人を殺害し、遺棄した場合はどうなのでしょうか?
2017年7月、中国人姉妹2人が殺害され、遺体が遺棄される事件があり、親しい関係にあった岩崎竜也被告が殺人、死体遺棄の容疑で起訴されました。一審の横浜地方裁判所は懲役23年の判決(検察の求刑は死刑)を言い渡し、被告側も検察側もこれを不服として控訴していました。岩崎被告は殺害を否定し、姉妹から滞在期限が切れる前に偽装失踪を図るからと協力を依頼され、2人が入り込んだキャリーバッグをマンションから運び出しただけ、と無罪を主張しています
この事件は中国でも詳しく報道され、「2人を殺しているのに懲役23年は軽すぎる。中国なら死刑だ」との批判が沸き起こりました
東京高裁は審議の差し戻しを決定しています
横浜地裁では一審とは別の裁判官が担当して差し戻し審が行われています。差し戻し審の初公判を伝える記事を貼ります


横浜市中区のマンションの一室で平成29年7月、住人の中国籍の姉妹を殺害したなどとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、岩崎竜也被告(43)の差し戻し裁判員裁判の初公判が19日、横浜地裁(景山太郎裁判長)であり、岩崎被告は罪状認否で「黙秘します」と述べた。
検察側は冒頭陳述で、「殺害は計画的で、生命を奪った結果は重大。酌むべき事情はない」などと指摘。一方、弁護側は前回の無罪主張から一転し、「被告が犯人であるとしたら」との前提のうえで「交際していた姉妹の姉から偽装結婚を持ちかけられるなどし、悩んだ末の犯行」などと主張した。
30年7月の1審横浜地裁判決は、岩崎被告が凶器を使用していないことなどを重視し、懲役23年を言い渡した。31年4月の2審東京高裁判決は、1審判決の量刑の判断に誤りがあったとして破棄し、審理を地裁に差し戻した。昨年1月、最高裁第3小法廷は岩崎被告の上告棄却を決定し、2審判決が確定。改めて裁判員裁判で審理されることになった。
(産経新聞の記事から引用)


際し戻し審で検察はあらためて岩崎被告に対し、無期懲役を求刑しています。最初の裁判で検察は死刑を求刑したものの、量刑判断を巡って厳しいやり取りがあったためか、死刑ではなく無期懲役を選択したようです
さて話を戻して、一審の横浜地裁が2人殺害という凶悪事件で懲役23年との判決を示した理由を整理しておきましょう
裁判官の判断として、岩崎被告は犯行に凶器を用いず素手で絞殺しており、あらかじめ凶器を準備した計画的犯行ではないため、死刑や無期懲役という選択はない、というものです。裁判所が使用している判例検索システムによれば、凶器の使用されない殺人事件で死刑あるいは無期懲役の判決が下された例は見当たらない、というのが裁判官の判断の根拠だった、と別の報道で指摘されています
この判断に対しては、「素手で絞め殺したから残虐な犯行ではない」と決めつけるのは誤りだ、との意見も出ています
なので、今回の差し戻し審では懲役23年以上の刑が予想されているのですが、どうなるのでしょうか?
無期懲役の量刑を回避すべき理由・事情があるようには思えないのであり、2人を殺害した事実の重さを考えれば無期懲役が妥当ではないか、と思います

(関連記事)
中国人姉妹殺害事件 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202109/article_6.html
中国人姉妹殺害事件で高裁は差戻判決
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
目黒夫婦殺傷事件を考える5 殺意を認め無期懲役判決

日野不倫殺人事件とドラマ「八日目の蝉」

角田光代の小説「八日目の蝉」はかつてNHKでドラマ化され、自分も毎回観ていました。しかし、この小説が1993年に起きた日野不倫殺人事件を元にして書かれたというのを、不勉強なため知らずにいました
いつも取り上げる月刊誌「創」の記事に、この日野不倫殺人で無期懲役刑となって服役している北村有紀恵受刑者に触れたものがありましたので、取り上げます
日野不倫殺人事件は以下の記事でも言及されていますが、不倫関係がこじれ思い余った北村受刑者が、不倫相手の暮らすアパートに放火し、寝ていた幼いこども2人を焼死させたものです


「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者をめぐる24年目の新展開
無期懲役で服役中の「日野不倫殺人事件」北村有紀恵受刑者から先日、手紙が届いた。
事件は24年前、1993年12月に日野市で放火があり、子ども2人が焼死。94年2月に逮捕されたのが、夫の不倫相手の当時27歳の女性だったというものだ。
後にこの事件をヒントに書かれた小説が、角田光代さんの『八日目の蝉』だ。小説の中では女性が子どもを誘拐して自分の子として育てようとするのだが、ドラマ化・映画化もされ、ミリオンセラーとなった。実際に北村受刑者も子どもを誘拐しようかと考えたことがあったのだが、小説は現実の事件をベースにしつつも基本的にはフィクションだ。
前回の手紙で有紀恵さんにこの小説と映画のことを知っているかと尋ねたら、獄中で小説も読み、映画もドラマも見たという返事だった。ドラマを見た後、精神的に辛くなり数日間体調を崩したという。
(中略)
二度の中絶でひどく傷ついた
有紀恵さんが会社の上司だった高田さん(仮名)と交際を始めたのは1990年頃だった。彼は当時、妻と子どもがいたのだが、2人は深い関係になり、有紀恵さんに、妻と別れて結婚する約束をするまでになった。有紀恵さんは92年、彼の子どもを身ごもったのだが、中絶を余儀なくされる。その後有紀恵さんは93年にも再び妊娠。二度にわたって中絶する結果になって、ひどく傷つくことになった。
(中略)
修羅場が繰り返されるうちに、男性は次第に、有紀恵さんと別れるしかないと思うようになっていった。有紀恵さんは精神的においつめられて93年11月、家事調停に踏み切る。そして思いつめるあまり、彼と刺し違えて無理心中しようかなどと考えるようになる。また高田氏の長男が自分が妊娠中絶した子と懐妊の時期が近いことから、自分の子の魂が入っているような気がして、誘拐を考えたこともあったという。
高田夫妻の住むアパートの部屋が放火されたのは93年12月14日の早朝だった。有紀恵さんは、妻が夫を駅まで送りに出たのを見届けた後、合鍵を使って侵入。ガソリンをまいて火を放ったのだった。直後に起きた爆発に彼女は吹き飛ばされ、スニーカーを片方現場に残したまま逃走した。高田夫妻の子ども二人が焼死するという凄惨な事件は、こうして起きたのだった。
昨今、不倫というのがいささか安易に取りざたされる風潮のなかで、この深刻な事件は、いまだに重たい問題を提起していると思う。
有紀恵さんは裁判で罪を認めながらも、1審判決を不服として控訴した。子どもたちに対する殺意を認定されたことに納得がいかなかったのと、事件当時心神耗弱に陥っていたと主張したからだ。当時、女性週刊誌などには、有紀恵さんが寝ている子どもにもガソリンをまいたという誤った記事も掲載され、彼女をひどく傷つけた。
最高裁で無期懲役の判決が確定したのは2001年のことだった。
彼女は『創』02年3月号の手記にこう書いていた。
《私は、刑を受けることにはなんの不満もありません。結果を見れば当然ですし、事件を起こす前から、中絶をしたことで私は死刑になっても当然だという深い罪悪感を持っていました。事件によってたくさんの方にご迷惑をおかけし、辛い思いをさせました。無論、無実でもありません。ですから刑を受けることには不満はないのです。ただ審理の内容にはまったく納得していません》
(以下、略)


省略した部分では北村受刑者の親が1000万円の賠償金を支払ったものの、まだ3000万円が未払いになっていると書かれています
無期懲役受刑者の仮釈放には被害者遺族がこれに同意するかどうか、がポイントとされます。賠償金が未払いのままでは、遺族は北村受刑者の仮釈放に同意しないと推測されます
ただ、不倫関係というのは北村受刑者だけの責任ではない(放火殺人は北村受刑者の責任ではあっても)のであり、北村受刑者ばかりが長年服役生活を余儀なくされるというのもバランスを欠いているように思います。高田夫妻の夫にも不倫の責任はあるはずです
北村受刑者が「審理の内容にまったく納得してません」というのも、放火殺人という部分だけが裁判の対象とされ、不倫関係にあった高田夫の責任がスルーされたところにあるのでしょう。加えて、2度の中絶という体験は自分のこどもを2人殺したという母親としての罪の意識、を北村受刑者の心に刻み込んだと思われます
もちろん、夫は不倫関係を妻に責められ、夫婦関係は地獄のような状態であったのは分かります。しかし、夫が北村受刑者を弄んだ結果、放火殺人になったのですから、何もかも北村受刑者のせいにするのは大間違いでしょう
現状、高田夫妻の妻の方が北村受刑者を恨み、憎み、許す気になれないのだろうと思いますが
犯行時、北村受刑者は心神耗弱とまではいかないまでも、思い詰めて視野狭窄の精神状態にあったのでしょうし、放火する際にも幼児が2人寝ているとは気づかなかった(高田夫妻が出かけたのでアパートの部屋には誰もいないと思い込んでいた)のかもしれません。ただし、結果が最悪で、何の罪もない2人のこどもは焼け死んでいます
これが小説「八日目の蝉」なら、放火した彼女は子供を連れ去って逃げたのでしょう
非常に重い事件であり、北村受刑者の責任は厳しく問われるのは当然としても、彼女だけに罪があったわけではないと書き留めておきます
なお、テレビドラマ「八日目の蝉」はNHKオンデマンドで視聴できます。自分は角田光代の原作小説を読んでみようかと思っています

(関連記事)
映画「八日目の蝉」 4月29日公開
ドラマ「運命の人」 不倫し捨てられた女性事務官の今
ドラマ「運命の人」 ネタ欲しさに人妻と不倫した新聞記者
沖縄密約訴訟最高裁判決 西山元記者ら敗訴
特定秘密保護法案に反対し西山記者を英雄に祭り上げる人たち
特ダネのためなら不倫もあり 毎日新聞記者
元キャンディーズ田中好子 夫の不倫・隠し子問題
麻木久仁子vs大桃美代子 不倫対決
鳩山夫妻 ドロドロの略奪愛Part2
鳩山由紀夫夫妻 ドロドロの略奪愛
ベッキーLINEまた流出 不倫関係は継続
ベッキー不倫 探偵が1ケ月身辺調査でバレる
ベッキー不倫 「絶対に別れない」
斉藤由貴、山尾志桜里の不倫に見る共通点
東出昌大と唐田えりかの不倫騒動
コブクロ不倫騒動 文春出版差止訴訟も棄却