神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」

逮捕時、容疑者宅を早朝から兵庫県警の車両がぐるりと取り巻き、物々しい雰囲気だったそうです。その時点で容疑者に間違いないと確信していたのでしょう
逮捕された容疑者は現在28歳ですが、犯行時は未成年だったため、氏名は伏せたまま報じられています。ただ、報道関係者は警察からの情報で名前を把握しており、そのうち週刊新潮あたりが実名で記事を書くと思われます
週刊誌の「AERA」が容疑者AのSNSを特定し、そこに貼られたグロテスクな写真のコラージュについて記事を書いていますので引用します


11年前の神戸の少年刺殺事件 逮捕された元少年28歳の異様な素顔と「死の欲動」
逮捕当日の8月4日朝、愛知県豊山町にあるA容疑者の自宅周辺はものものしい雰囲気だったという。A容疑者が両親と住んでいた戸建て住宅に通じる道はすべて警察車両で封鎖された。そして20人ほどの警察官がA容疑者宅になだれ込んだのだ。数分後、A容疑者は警察車両で愛知県小牧署に連行され、そこで逮捕された。
「5年ほど前に引っ越してきた。A容疑者と思われる人は普段、外でたばこを吸っていたり、犬の散歩をしている姿を見かけたぐらいで交流はまったくありません」(近所の人)
A容疑者は兵庫県警の調べに対し、容疑を認め、「犯行現場の近くに当時は住んでいた」などと供述しているという。
「A容疑者は堤さんが少女と一緒にいる様子を見て腹が立ったという話をしている。だが、堤さんや少女とは面識がなかったようだ」(捜査関係者)
11年近くに渡る捜査で、兵庫県警は述べ3万3000人の捜査員を投入した。堤さんの家族も街頭でチラシを配布するなど、解決を呼び掛けてきた。
兵庫県警は今年になって「人殺しをしたと吹聴する人物がいる」との情報を得た。そこで浮上したのが、A容疑者だった。決め手になったのは、DNA鑑定だ。当時、堤さんが着用していたシャツに犯人のものとみられる、DNAが付着。それがA容疑者と一致したという。
(中略)
SNSに投稿された大半の写真は自身の「腕前」を披露しているものだ。モデルのような美しい外国人女性や有名な観光地の風景が素材になっている写真が多いが、気になるものもあった。
髪の長い女性が、暗い風景に立ち尽くし「DEATH DRIVE」(死の欲動)というタイトルが付けられた不気味なコラージュがSNSにUPされている。
また、若い外国人女性が下を向き、両手を縄で縛られ、鎖で吊るされて写真は「INSIDE」と記されている。昨年の投稿は男性の顔がアップで映し出され、口元を鎖で塞がれ、血が滲んでいる写真もある。
血に染まった女性が倒れて「死滅」とタイトルが打たれたグロテスクなものがあった。「血」「鎖」などへの興味、11年間、捜査の手から逃れてきたことを誇示するかのような内容とも解釈できる。A容疑者はSNSに自らの顔写真も公開していた。


A容疑者のSNSのコラージュは上記の「AERA」の記事で数枚、紹介されています。およそ芸術とは思えない、悪趣味なものです
強いてご覧になりたい方は上記の、「AERA」の記事にアクセスしてください
こうした趣味・嗜好がA容疑者の中には根付いていたのでしょう
インターネットで「変死体」の写真を収集するマニアみたいな人が存在します。ネクロフィリアと呼ばれ、性倒錯のカテゴリーに分類されます
「変死体」の写真に性的な興奮をおぼえ、これを収集せずにはいられない人たちです。が、彼ら彼女らがみな猟奇的殺人事件を起こすわけではありません
A容疑者は犯行に刃渡り20センチほどのナイフを使用した、とされますので、当然ながら事前にナイフを購入し自宅に置いていたのでしょう。あるいはナイフで人体を切り裂く想像をし、性的興奮に浸っていたとも想像できます
ただ、空想に浸っているのと、現に殺人を犯すのとでは大きな違いがあるわけで、なぜA容疑者が殺人に至ったのかはこれからじっくりと解明する必要があります
男女のカップルが路上で話し込んでいたとして、それを目撃した人物が殺害行為に至るなど滅多にありません。たとえA容疑者がネクロフィリアの傾向があったとしても、です
兵庫県警及び神戸地検は起訴前にA容疑者について、精神鑑定を実施するものと思われます

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
https://05448081.at.webry.info/202108/article_37.html
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
英国女性殺害 無期懲役判決にも市橋被告は無反応
英国女性殺害 市橋被告「逃げるのは当然」
英国女性殺害 市橋容疑者の黙秘
「おい、小池」逃走中の殺人犯 11年目で病死
指名手配の現在
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察