林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待

記事のタイトルで少し悩みました。「林真須美の長女自殺 家庭内で壮絶な虐待」と書いたなら、和歌山カレー事件で死刑判決を受けた林真須美死刑囚が、自分の長女に虐待を加えていたかのように解釈する人もいるからです
実際は、林真須美の長女が自分の娘心桜さん(16)に暴行を加え死亡させた疑いがかかっているわけです
最新の報道によれば死亡した心桜さんの遺体には多くのあざが見られ、肋骨など複数箇所の骨折も確認されたのだとか


和歌山市加納のアパートで6月、鶴崎心桜(こころ)さん(当時16歳)が亡くなった事件で、心桜さんは胸部など複数箇所を骨折していたことが、捜査関係者への取材でわかった。古いあざもあり、和歌山県警は家庭内で日常的に虐待を受けていたとみて関係者から事情を聞いている。心桜さんは中学校から不登校になり、友人に「家に帰りたくない」と漏らしていたという。9日で事件から2か月。心桜さんに何があったのか。
全身にあざ
「長女が血のような黒いものを吐いて倒れている」。6月9日午後2時20分頃、外出先から自宅に戻った母親(当時37歳)から119番があった。
救急隊員が駆けつけると、心桜さんが、居間であおむけになって倒れていた。心桜さんは母親の再婚相手の男性に付き添われて病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
司法解剖の結果、死因は全身打撲による外傷性ショックだった。あばら骨など複数を骨折しており、あざは全身に広がっていた。外部からの侵入の跡もなく、県警は心桜さんが家庭内で激しい暴力を受けたとみている。
119番から約1時間40分後、自宅から北約20キロ離れた大阪府泉佐野市の関空連絡橋周辺の海面で、母親と妹(当時4歳)の遺体が見つかった。橋の上には母親が乗っていた車が止められていた。目撃者の証言などから、無理心中とみられる。車内には遺書はなく、動機は不明だ。病院に付き添っていた男性も9日夜、和歌山市内でカフェインを大量摂取したが、一命をとりとめた。市消防局によると、男性は「嫌なことがあったので、自殺しようと思った」と話していたという。
心桜さんは事件当時、母親と、2015年に再婚した男性、2人の間に生まれた妹との4人暮らし。県警は、家庭内で唯一の生存者である男性を任意で事情聴取。県警は心桜さんが亡くなった経緯について、慎重に捜査している。
生活環境が変化
心桜さんは友人に「ここ」と呼ばれていた。「ここはよく笑う、みんなのお姉さんのような存在でした」。友人は、そう言って目に涙を浮かべた。
友人らによると、心桜さんの両親は13年5月に離婚。心桜さんは、和歌山市内で父親と2人で同居することになった。親子で仲良く家事を分担していたという。しかし、父親は仕事のため家を空けることも多く、一人で過ごす時間が増えた。
再び大きく生活環境が変化したのは中学2年の頃。母親の元に引き取られたためで、心桜さんは周囲に「妹の世話をしなければならなくなった」と説明していたという。
その頃から徐々に中学校を休みがちになり、友人には「学校に行きたいが行けない」「家に帰りたくない」と漏らすこともあった。友人は「踏み込んだらいけないと思い、理由は聞けなかった。どこか無理をしているような感じがあった」と振り返る。
将来の進路について、心桜さんは周囲に「卒業後は、兵庫県の専門学校に行きたい」と語っていたこともあった。しかし、その願いはかなうことはなかった。
捜査関係者らによると、自宅には妹のおもちゃや絵本は数多くあったが、心桜さんの持ち物はほとんどなかったという。近所の住民は「母親と妹が一緒にいるところはよく見かけたが、心桜さんの姿はほとんど見たことがない。3人家族かと思っていた」と話す。
(読売新聞の記事から引用)


報道するメディアに文句を言っても仕方がないのですが、そろそろ関係者の氏名を明らかにしてもよいのでは?
自宅には母親と次女、再婚相手の男性の3人がいたのですから、母親と義理の父親が心桜さんに繰り返し暴行を加えていたと考えるしかありません。生き残った義理の父親が警察の事情聴取を受けているわけですが、「自分は知らなかった。自分は暴行していない」とでも言うのでしょうか?
中学生時に不登校になった心桜さんについては、一時期児童相談所が介入したようです。しかし、林家のこどもたちが児童相談所や養護施設でさんざんな目に遭っているのですから、林真須美の長女である母親が児童相談所の介入を不快に思ったはずであり、協力的な態度は示さなかったのでしょう。また、児童相談所の方も「かかわりたくない面倒くさい家」と決めつけ、家庭訪問など具体的な対応を取らなかったのかもしれません
結果として、心愛さんは誰からも救いの手を差し伸べられることなく、家庭内で繰り返し暴行や精神的な虐待を受け死亡したのでしょう
「外に出て、助けを求めるべきではなかったのか。なぜ、そうしなかったのか」と問う人もいるのでしょうが、それができないほど精神的な虐待を受けて心が折られてしまっていたか、あるいは自宅内で監禁された状態にあったとか、想像する必要があります。想像力を欠いたまま、被害者の行動を疑うのは事件を読み誤る結果を生みます
せめて生き残った義理の父親が真相を明らかにし、自身の罪を償ってもらいたいものです

(関連記事)
林真須美の長女自殺 その後どうなったのか?
林真須美死刑囚の長女 娘を虐待死させたので自殺か?
林真須美死刑囚の長女 娘を連れて投身自殺
林真須美死刑囚 再審請求の行方
林真須美死刑囚 再審請求(第二次)を考える
林真須美死刑囚「第三者の犯行と主張」して再審請求
和歌山カレー事件再審請求 大阪高裁も棄却
和歌山カレー事件 「20年目の真実」と称する幻想譚
和歌山カレー事件 林死刑囚に動機はないのか?
和歌山実業家怪死事件に口出す和歌山カレー事件林健治
林眞須美死刑囚の長男が語る「家族」
和歌山毒カレー事件 再審請求を棄却
林眞須美死刑囚長男インタビュー
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
毒入りカレー林真須美の息子と淫行事件
和歌山毒入りカレー事件から15年
毒入りカレー事件 林真須美の再審請求
和歌山毒入りカレー事件の判決を聞いて
和歌山毒入りカレー事件判決 その後
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える1
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える2
死刑囚からの手紙 月刊「創」の記事を考える3