ローザンヌ入賞のバレエダンサーを逮捕 少女淫行容疑

いかに一芸に秀でようとも、犯罪はダメです。特に、未成年者に対する性犯罪は厳しく罰せられるべきであり、本人の立場や過去の実績で手加減を加えるのは大間違いでしょう
2015年のローザンヌ国際バレーコンクールで3位に入賞を果たした伊藤充容疑者が、当時16歳の少女との淫行で逮捕されたと報じられています。事件は2019年で、海外在住だった伊藤容疑者の帰国を待って逮捕したのだとか。日本で被害届が出され、逮捕状が用意されているとは知らなかったのでしょう


バレエを教えた少女にわいせつな行為をしたとして、警視庁はバレエダンサーの伊藤充容疑者(25)=埼玉県上尾市谷津2丁目=を児童福祉法違反容疑で逮捕し、16日発表した。容疑を認めているという。
伊藤容疑者は、若手ダンサーの登竜門といわれるローザンヌ国際バレエコンクールで2015年に3位入賞した。
碑文谷署によると、逮捕容疑は19年8月9日、東京都新宿区歌舞伎町のホテルで、当時16歳だった少女が18歳未満と知りながら、みだらな行為をしたというもの。伊藤容疑者が活動拠点にしているオーストリアから一時帰国したところを逮捕した。
少女はマッチングアプリを通じて伊藤容疑者と知り合い、バレエの指導を受けたこともあったという。事件当日は伊藤容疑者からホテルに誘われたといい、少女は当初断ったが、「断ると、バレエ界で生きていけなくなるのではないかと怖くて、ついていってしまった」と話しているという。
(朝日新聞の記事から引用)


別の報道によれば、「その後の警視庁への取材で、伊藤容疑者は去年3月、少女に対してSNSで『他にも女の子はいる。遊びの一人だった』と伝えていたことが分かりました」とあります。つまり、被害にあった少女は2020年3月時点で自分が伊藤充容疑者の恋人であると思い込んでいたのでしょう。しかし、SNSで伊藤容疑者から返ってきた返事を見て、自分が弄ばれていると知り、被害届を出した…という経緯だと思われます
これは心を折られるほど冷淡で冷酷な現実を見せつけられたのであり、十代の少女にとってはつらい経験だったに違いありません
伊藤容疑者にすればバレエを志す少女を手玉に取り、いくらでも弄ぶことができたのであり、引っ掛け放題だったのかも。なので、弄ばれた少女の気持ちなど、これっぽっちも理解できないでしょう
逮捕後は謝罪めいた発言を口にするとしても
また、逮捕に至った経緯を考えると被害者の処罰感情が相当に強いものがあり、伊藤容疑者側が示談をもちかけてもすんなりとは応じないはずであり、単純に罰金刑で済んだりはしないと考えられます。過去の類似した児童福祉法違反事件(16歳の少女をホテルに連れ込み淫行した事件)では懲役10ヵ月の有罪判決、という判例も存在します
また、被害者が当時16歳ですから欧米では少女相手の性犯罪として厳しい目で見られるはずであり、伊藤容疑者は海外での活動の場を失う結果になるでしょう。また、日本に戻ってバレエ関係の仕事に就くのも難しくなります。少女に手を出すバレエ教師に娘を託そうという親はいません

(関連記事)
ローザンヌ入賞のダンサー 淫行で逮捕後どうなった?
https://05448081.at.webry.info/202110/article_16.html
ローザンヌ国際バレエ 日本の高校生が1位2位
ローザンヌ国際バレエコンクール 佐々木万璃子3位に
シルヴィ・ギエムが舞う「ボレロ」 神の領域
リスト国際ピアンコンクールで後藤正孝さん優勝
全盲の日本人ピアニスト クライバーン・コンクール優勝
音楽コンクール 光と影
ジュネーブ国際音楽コンクール 萩原麻未さん優勝
ブザンソン指揮者コンクールで垣内悠希さん優勝
12歳のピアノ王子 牛田智大デビュー
「音楽コンクールで台頭著しい韓国勢」という記事
ショパンコンクール優勝ユンディ・リー 買春で公職失う
https://05448081.at.webry.info/202111/article_8.html
ショパンコンクール優勝ユンディ・リー 買春で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202110/article_38.html
箱根駅伝駒大アンカー 淫行で罰金90万円求刑
箱根駅伝駒大アンカー 少女淫行で起訴
箱根駅伝駒大アンカー 淫行逮捕も擁護する声