旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの

旭川市でいじめを受けた女子中学生が、真冬の公園で凍死状態で発見された事件について6度目の言及になります
死亡した爽彩さんの母が手記を発表していますので、取り上げます
すでに各メディアで報じられているのと、手記自体長文なので引用は一部にとどめます
それにしてもいじめを隠蔽した中学校の校長や教頭の言動、旭川市教育委員会には怒りが湧きます
特に教頭の、「加害者にも未来があるんです。10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」は、横断幕にして教頭の名前を添え旭川の中学校の校舎正面に100年くらい掲げておいてほしいくらいの暴言・戯言です。この横断幕を見て教育者にふさわしくない言動であると、教員一同、日々反省してもらわないとダメでしょう


旭川女子中学生死亡 公開された母親の手記を全文掲載 いじめを否定し続けた教頭の驚くべき発言
(前略)
5月の連休中、午前3時~4時頃、爽彩はいきなり自宅の玄関をガチャガチャと開け、バタンという大きな音を立てて飛び出していきました。爽彩は「いかなきゃいけない。先輩に呼ばれているから」と泣きじゃくりながら答えていました。関係する生徒2人の名前をきいていたので、対応を求めましたが、学校の担任は「真夜中に呼んだだけなので気にしないでください」と言いました。「娘はガタガタふるえていたし、いじめとかないんでしょうか」と尋ねると「いじめるような子たちではありません」と担任は話していました。
同じ頃、爽彩は「お母さん、死にたい」と言い出すようになりました。「死にたい」という言葉を、少なくとも2回は聞いたと思います。元気なく話す姿は、それまでの爽彩とは全く別人のようでした。そこで、私は、担任に相談しました。しかし、担任は「思春期ですからよくあることですよ」と素っ気ない答えでした。
6月下旬、爽彩は、先輩に呼び出されたまま自宅に帰らず、深夜になってコンビニエンスストアで保護されました。これはおかしいと感じた私は、学校で担任に事情を聞きました。「本当にいじめはないんですか」。担任に尋ねると、「いじめていたら、じゃあなんでリュックなんて届けてくれるんですか」と、「いじめ」をあっさり否定されました。
子どもたちに囲まれ、ウッペツ川に飛び込んだ事件の後、爽彩の携帯電話に、いじめを受けていることを示す履歴があることを学校に知らせました。教頭は「いじめが本当なら指導しないといけないので」と返答がありました。しかし、その後も、何の対応もしてもらえませんでした。それどころか、爽彩の入院中、学校に呼び出された際、教頭から「いたずらが行き過ぎただけで、悪意はなかった」「加害者にも未来があるんです」と頭ごなしに、いじめを否定されました。
「10人の加害者の未来と、1人の被害者の未来、どっちが大切ですか。10人ですよ。1人のために10人の未来をつぶしていいんですか。どっちが将来の日本のためになりますか。もう一度、冷静に考えてみてください」。これは、教頭に言われた言葉です。同席した知人も、あきれ果てるような対応でした。
(以下、略)


萩生田光一文部科学大臣はこのいじめ事件を報じた週刊文春の記事を読み、旭川市教育委員会への怒りが爆発していました。政務三役(大臣、副大臣、政務官)を旭川市に送り込んで直接調べる、とまで言い出しました
慌てて旭川市教育委員会は調査のため第三者委員会を設け、あれこれ調べているようです(もしくは、調べるフリをしている)
事件の経緯は当ブログの前の記事で取り上げていますので繰り返しませんが、いじめ事件を見て見ぬフリをしていた担任や教頭、校長、教育委員会担当者の責任はきっちり追及しなければなりません
校長、教頭はいじめについて嘘の報告書(公文書)を旭川市教育委員会に提出していますので、虚偽記載の疑い(虚偽公文書作成罪)に該当します。有印・署名ありの公文書であれば1年以上10年以下の懲役刑ですし、印なし署名なしの公文書であっても3年以下の懲役または20万円以下の罰金に該当します。罪状によっては執行猶予が付く可能性があるにしても、懲役刑が適用されるだけの犯罪というところが重要です
つまり、校長や教頭の嘘の報告書は懲役刑に該当するだけの重い犯罪であり、懲役刑に問われる犯罪をなした公務員は懲戒免職の対象となり得るわけです(都道府県の条例や懲戒基準によって扱いには幅がありますが)
いじめを隠蔽した元校長は定年退職して、別の自治体で嘱託勤務をしているようですが、本来であれば嘘の報告書を提出したので懲戒免職になっていてもおかしくないのです。もちろん、嘘の報告書だと承知の上でこれを受け取り、北海道教育委員会に提出した旭川市教育委員会の担当者も同罪です
行政法上の問題としては以上のようになるわけですが、告発されて刑罰に問われるかはまた別の話です
保身に走った教育関係者を放置してはいけません。いじめた側の少年少女も、相応の保護処分を受ける(少年院送致が妥当でしょう)必要があると考えます

(関連記事)
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
https://05448081.at.webry.info/202105/article_26.html
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_11.html
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
https://05448081.at.webry.info/202105/article_2.html
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
https://05448081.at.webry.info/202104/article_45.html
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
https://05448081.at.webry.info/202104/article_44.html
一宮中学生自殺 市長がようやく謝罪
https://05448081.at.webry.info/202107/article_24.html
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
https://05448081.at.webry.info/201105/article_58.html
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
http://05448081.at.webry.info/201207/article_6.html
大津の中学生自殺 橋下市長「いじめをなくすのが行政の仕事」
http://05448081.at.webry.info/201207/article_7.html
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
http://05448081.at.webry.info/201207/article_9.html
大津市の中学生自殺 いじめ主犯の氏名が明らかに
http://05448081.at.webry.info/201207/article_10.html
大津の中学生自殺 校長は「自殺の練習」を否定
http://05448081.at.webry.info/201207/article_13.html
大津の中学生自殺 教育委員会の隠蔽工作
http://05448081.at.webry.info/201207/article_14.html
大津いじめ訴訟 逃げ得を許さない
https://05448081.at.webry.info/201902/article_15.html
大津いじめ訴訟 元同級生に賠償命令
https://05448081.at.webry.info/201902/article_16.html
大津いじめ訴訟 高裁は保護者側の過失と相殺し減額する判決
https://05448081.at.webry.info/202002/article_30.html
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
https://05448081.at.webry.info/202101/article_36.html
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
http://05448081.at.webry.info/201710/article_16.html
福井中学生自殺 校長のトンチンカンな釈明
http://05448081.at.webry.info/201711/article_4.html
ウソの万引き容疑で宝塚音楽学校を退学処分
http://05448081.at.webry.info/201007/article_27.html
宝塚音楽学校のいじめ 呆れた実態
http://05448081.at.webry.info/201007/article_39.html
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ
https://05448081.at.webry.info/202104/article_46.html
三重いじめ自殺 上級生ら4人を提訴
https://05448081.at.webry.info/202109/article_41.html