墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕

朝からテレビのニュースで繰り返し取り上げられていたのが、この東京墨田区の女子高生が連れ去られ、遺体で発見された事件です
犯行に至るまでの詳細な経緯はまだ不明であり、「なぜ、こうも簡単に人を殺してしまうのか」と思うばかりです
報道で伝えられている範囲では、小森章平容疑者は殺害された鷲津花夏さんとツイッターで知り合い、それが妻にバレて殺害に至った…という話です。小森章平容疑者は独身男性であるとでも偽り、女子高生を口説きにかかったのでしょう。妻は夫の浮気を知って逆上し、殺せと命じたのか


東京都内で高校3年の女子生徒が行方不明になる事件があり、警視庁は31日未明、山梨県早川町新倉の県道沿いの小屋の中から、女子生徒の遺体を発見した。警視庁は同日、女子生徒の遺体を捨てたとして、群馬県渋川市渋川、職業不詳の小森章平(27)、妻の和美(28)両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。和美容疑者は「女子生徒を刺した」という趣旨の供述をしており、殺人容疑も視野に調べる。
警視庁幹部によると、行方不明になっていたのは、墨田区東向島、都内の私立高校3年、鷲野(わしの)花夏(かな)さん(18)。捜査関係者によると、鷲野さんは両容疑者のいずれかと面識があったとみられる。
遺体は、県道沿いの小屋の中から見つかり、家族が本人と確認した。胸や腹の辺りに血のようなものが付いており、今後、司法解剖して詳しい死因を調べる。
鷲野さんは、28日午後3時半頃、母親に「友人に会いに行く。午後5時頃に帰る」と伝えて自宅を出ていた。午後6時半になっても帰宅しなかったため、母親が110番した。
家出をするなどの動機は見当たらず、警視庁は、事件に巻き込まれた可能性があるとみて捜査。墨田区内の駐車場の防犯カメラに28日午後、鷲野さんが自ら乗用車に乗り込む姿が映っていたことがわかった。
この車は章平容疑者が所有しており、警視庁が行方を捜査。30日午後7時20分頃、章平容疑者と和美容疑者が、長野県辰野町の中央道辰野パーキングエリアに車をとめたため、職務質問に踏み切った。
任意の事情聴取に対し、2人は「山梨県で小屋の中に遺体を置いた」などと説明したという。このため、捜査員が現地を確認し、31日未明に遺体を発見した。和美容疑者は殺害についてもほのめかしているが、章平容疑者は「殺害には関与していない」などと話したという。
鷲野さんは発見時、行方不明になった時と同じ服装だった。携帯電話などの所持品は見つかっていない。行方不明になった後、自宅にあったタブレット端末に交際相手を名乗る人物からLINE(ライン)でメッセージが届いていた。母親が「あなた誰ですか」と返信すると、応答はなかったといい、警視庁が関連を調べている。
(読売新聞の記事から引用)


戦後、日本では身代金目的の誘拐事件が多数発生し、そのうち誘拐して被害者を殺害した事件では、被害者が1人の場合であってもほとんどが死刑判決を下され執行されています
それだけ身代金目的の誘拐を重大視し、重い刑罰を科してきたわけです。単なる殺人事件の場合、「被害者が1人なら死刑は回避する」という不可解な決まりがあるのとは対照的です
では本件のような怨恨による誘拐、殺人の場合はどうなのでしょう
現時点で量刑を云々するのは早すぎのですが、死刑判決はないはずです。被害者が1人ですから。おそらく無期懲役ではなく有期懲役(懲役25年くらい)の判決になるのではないか、と予想します。それは「被害者の側にも落ち度があった」との判断が介在し、被告だけを全面的に非難する判決にはしないと考えられるからです。もちろん判決文の中に「女子高生が妻のある男性と不倫関係をもつとはけしからん」とする文言は登場しないのですが、過去の判例を見ると検察や裁判官の間にそんな道徳観が根強く残っているように思われてなりません
今年7月に判決があった沼津市の女子大生殺害事件では、被告が一方的に女子大生にのぼせ、言い寄ったわけですが、裁判官は2人の間に一定の交流があったと判断し、被害者がLINEをブロックしたのが事件の引き金であったかのような解釈を示し、懲役20年という判決を下しています
つまりは被害者の側が原因を作ったとも受け取れる理屈で、求刑(無期懲役)から大幅に割り引き、被告に有利な判決を下しています
すべての裁判官がそうだとは思いませんが、被害者の側に犯行を誘発するかのような行為、事由、事情があれば、バランスを取って被告の刑を減刑する傾向が見られると申し上げておきます

(関連記事)
墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか
https://05448081.at.webry.info/202109/article_1.html
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める