松本清張「或る『小倉日記』伝」を読む

新潮文庫版の「松本清張傑作短篇集」(二)に収録されている「或る『小倉日記』伝」を読んだので、少し書きます
社会派推理小説の大家とされる松本清張のデビュー作とされ、芥川賞を受賞した作品です。短編なので、上記の文庫本で50ページに満たない長さであり、すぐに読めてしまいます。が、自分はこれを40年以上も「読もうと思いつつ」、放置してきました
「いつでも読めるから」とか、「そのうち読むつもり」というのがいかにダメであるかの証明みたいなものです
芥川賞は純文学系の新人賞ですから、当時は「或る『小倉日記』伝」を純文学として評価したのでしょう
物語は小倉在住の田上耕作という森鴎外ファンが、小倉にあった陸軍師団の軍医部長として着任した森鴎外の3年間の足跡を追うという内容です
が、多くの批評が指摘しているように、これは人探しの推理小説と解釈するのも可能であり、その後の松本清張による「ゼロの焦点」や「砂の器」といった社会派推理小説の萌芽とも受け取れます
小説を読んだだけでは足らず、この「或る『小倉日記』伝」を取り上げた論文をいくつか拾い上げ、読んだところです
今回は木村有美子大阪樟蔭女子大学学芸学部講師の論文「或る『小倉日記』伝」考を手引につかわせていただきます
論文からの引用は赤字で、自分のコメントは黒字で表記してあります

「或る『小倉日記』伝」考

(論文16ページ)
『松本清張全集』三五巻の「解説」で、桑原武夫氏は

田上耕作というみじめな肉体と明敏な頭脳をもった人物は、作者の住んでいた小倉では有名だったが、松本がさる記者にもらしたところによると、作者は会ったことがなく、また耕作の書いたものは残っているはずだが、その所在も知らず、もちろん読んだこともない。ただ作者は、耕作がたどったであろうと想像される道すじを自分自身で歩いて調べたのであって、耕作の筆としてここに出ている文書は、作者の創作なのだという。鴎外の著作をふまれての綿密な現地調査自体がたいへんな努力であったにちがいないが、むしろ見事なのは、作者松本と作中人物耕作の相即、調査しながら書き、創作をすすめるために調査するという関係の性交である。

と述べている。


松本清張が田上耕作の存在と彼の活動を知ったのは、新聞の片隅に載った死亡記事だったとされますが、真実かどうかは不明です。松本清張が幅広い人脈を持ち、田上耕作の周辺にいた人物と知己関係にあったと確認されている以上、直接会ってはいなくとも名前やその活動(鴎外の小倉における足跡を丹念に辿り、情報収集している人物との評判)くらい耳にしていたのではないか、と思います。が、本人が語らない以上、そこは追及しても結論はありません
松本清張は古代史から現代史まで幅広く興味を示し、現場を歩き、書籍をや記録を集め、これを読み込んで構想を練り、作品に仕立てたのですが、このデビュー作で早くも自身のスタイルを確立しているのが見て取れます
ただ、こうした手法がいつも成功したわけではなく、自身の読みに依存したがゆえに読み誤りを招き、専門史家からその作品を批判されたケースもあります

松本清張唯一の失敗作『北一輝論』二・二六事件を読み誤らせた先入観とは?

(論文19ページ)
山崎一穎氏は、〈小説中の田上耕作像は清張その人に近づけている・明よりも暗に焦点を絞って造形していく清張文学の原点が個々にある。〉と述べている。大塚美保氏も〈小説中の耕作像は、清張の一定の意思の下に造形された、かなり虚構性の強いものと見ることができる。〉と言い、
一定の意思とはどのようなものか。それは次の二つのキーワードで表せるように思われる。〈自己像の投影〉と〈不遇〉である。(略)生没年の操作・変更にも顕著だが、小説中の耕作は、作者清張と多くの条件を共有する主人公として設定されている。小説中の耕作が自分と鴎外との間に、(略)パセティックな共感を感じているのと同様に、清張から耕作に対しても、或る種のパセティックな一体感が投げかけられていたことがうかがえる。

と指摘している。なるほど作中の耕作は〈清張その人〉〈自己像〉と近似している。


木村論文はいろいろと示唆に富んでおり、取り上げたい部分はあるのですが、そちらが本題ではないのでここまでにしておきます
鴎外の「小倉日記」を巡る、田上耕作、松本清張との因縁は実に不可思議なものがあります
鴎外の全集を編纂するため、小倉時代に綴られた日記(小倉日記)を探したものの見つからないままでした。それを聞き及んだ田上耕作は小倉時代の森鴎外の足跡・行状を知らんと欲し、調査を進めることになります
やがて「小倉日記」は発見されるのであるが、今度は書き溜められた田上耕作の研究草稿が戦時中のどさくさにまぎれて紛失してしまうのです。これを知った松本清張が今度は田上耕作の足跡を追い、「或る『小倉日記』伝」が書かれたわけです。文学の神様の采配か、と言いたくなる因縁です
小説の中で印象深いのが、伝便屋の鳴らす鈴の音です。街中を鈴を鳴らして歩き、依頼を受けた書面を配達するという郵便事業の代わりの便利屋です。果たして作中にあるような伝便屋の鈴の音を耳にしたのは、田上耕作であったのか、松本清張であったのか、どちらでしょう?
史実として田上耕作は太平洋戦争中、米軍の爆撃によって死亡しており、伝便屋の鳴らす鈴の音を幻聴として聞きながら息絶えたわけではありません。が、文学作品としては松本清張の創作による耕作の死が鮮明であり、深い余韻を読者に与えてくれます
文庫本で50ページにも満たない短編小説ながら、読後感としては長編小説を読み終えたがごとき満足感を与えてくれ、読書の醍醐味を久しぶりに味わったのでした

(関連記事)
村上春樹「ハナレイ・ベイ」 深い余韻と波
村上春樹とレイモンド・カーヴァー 救済の不在
村上春樹「一九七三年のピンボール」 不在という存在
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅲ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究Ⅱ
村上春樹「一九七三年のピンボール」研究
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド考
「風の歌を聴け」 デレク・ハートフィールド讃
村上春樹「アイロンのある風景」と「焚き火」
村上春樹「アイロンのある風景」を眺めて
村上春樹が世界の読者に刺さる理由
涼宮ハルヒ セカイ系とゼロ年代
涼宮ハルヒの非日常、あるいは日常への回帰
「涼宮ハルヒ」の独我論を読んで
盗作騒動「美しい顔」 小説家北条裕子のその後
古市憲寿の芥川賞落選とは

神戸弘陵高生徒殺し 異様な素顔と書く「AERA」

逮捕時、容疑者宅を早朝から兵庫県警の車両がぐるりと取り巻き、物々しい雰囲気だったそうです。その時点で容疑者に間違いないと確信していたのでしょう
逮捕された容疑者は現在28歳ですが、犯行時は未成年だったため、氏名は伏せたまま報じられています。ただ、報道関係者は警察からの情報で名前を把握しており、そのうち週刊新潮あたりが実名で記事を書くと思われます
週刊誌の「AERA」が容疑者AのSNSを特定し、そこに貼られたグロテスクな写真のコラージュについて記事を書いていますので引用します


11年前の神戸の少年刺殺事件 逮捕された元少年28歳の異様な素顔と「死の欲動」
逮捕当日の8月4日朝、愛知県豊山町にあるA容疑者の自宅周辺はものものしい雰囲気だったという。A容疑者が両親と住んでいた戸建て住宅に通じる道はすべて警察車両で封鎖された。そして20人ほどの警察官がA容疑者宅になだれ込んだのだ。数分後、A容疑者は警察車両で愛知県小牧署に連行され、そこで逮捕された。
「5年ほど前に引っ越してきた。A容疑者と思われる人は普段、外でたばこを吸っていたり、犬の散歩をしている姿を見かけたぐらいで交流はまったくありません」(近所の人)
A容疑者は兵庫県警の調べに対し、容疑を認め、「犯行現場の近くに当時は住んでいた」などと供述しているという。
「A容疑者は堤さんが少女と一緒にいる様子を見て腹が立ったという話をしている。だが、堤さんや少女とは面識がなかったようだ」(捜査関係者)
11年近くに渡る捜査で、兵庫県警は述べ3万3000人の捜査員を投入した。堤さんの家族も街頭でチラシを配布するなど、解決を呼び掛けてきた。
兵庫県警は今年になって「人殺しをしたと吹聴する人物がいる」との情報を得た。そこで浮上したのが、A容疑者だった。決め手になったのは、DNA鑑定だ。当時、堤さんが着用していたシャツに犯人のものとみられる、DNAが付着。それがA容疑者と一致したという。
(中略)
SNSに投稿された大半の写真は自身の「腕前」を披露しているものだ。モデルのような美しい外国人女性や有名な観光地の風景が素材になっている写真が多いが、気になるものもあった。
髪の長い女性が、暗い風景に立ち尽くし「DEATH DRIVE」(死の欲動)というタイトルが付けられた不気味なコラージュがSNSにUPされている。
また、若い外国人女性が下を向き、両手を縄で縛られ、鎖で吊るされて写真は「INSIDE」と記されている。昨年の投稿は男性の顔がアップで映し出され、口元を鎖で塞がれ、血が滲んでいる写真もある。
血に染まった女性が倒れて「死滅」とタイトルが打たれたグロテスクなものがあった。「血」「鎖」などへの興味、11年間、捜査の手から逃れてきたことを誇示するかのような内容とも解釈できる。A容疑者はSNSに自らの顔写真も公開していた。


A容疑者のSNSのコラージュは上記の「AERA」の記事で数枚、紹介されています。およそ芸術とは思えない、悪趣味なものです
強いてご覧になりたい方は上記の、「AERA」の記事にアクセスしてください
こうした趣味・嗜好がA容疑者の中には根付いていたのでしょう
インターネットで「変死体」の写真を収集するマニアみたいな人が存在します。ネクロフィリアと呼ばれ、性倒錯のカテゴリーに分類されます
「変死体」の写真に性的な興奮をおぼえ、これを収集せずにはいられない人たちです。が、彼ら彼女らがみな猟奇的殺人事件を起こすわけではありません
A容疑者は犯行に刃渡り20センチほどのナイフを使用した、とされますので、当然ながら事前にナイフを購入し自宅に置いていたのでしょう。あるいはナイフで人体を切り裂く想像をし、性的興奮に浸っていたとも想像できます
ただ、空想に浸っているのと、現に殺人を犯すのとでは大きな違いがあるわけで、なぜA容疑者が殺人に至ったのかはこれからじっくりと解明する必要があります
男女のカップルが路上で話し込んでいたとして、それを目撃した人物が殺害行為に至るなど滅多にありません。たとえA容疑者がネクロフィリアの傾向があったとしても、です
兵庫県警及び神戸地検は起訴前にA容疑者について、精神鑑定を実施するものと思われます

(関連記事)
神戸弘陵高生徒殺し 事件を小説に書いていた
https://05448081.at.webry.info/202108/article_37.html
神戸弘陵高生徒殺し 10年越しに犯人逮捕
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
英国女性殺害 無期懲役判決にも市橋被告は無反応
英国女性殺害 市橋被告「逃げるのは当然」
英国女性殺害 市橋容疑者の黙秘
「おい、小池」逃走中の殺人犯 11年目で病死
指名手配の現在
オウム真理教平田容疑者逮捕を門前払いした警察