中国がK-POP規制を開始 文化大革命の再来?

中国共産党の最高指導者のポストは10年ごとに交代、というのが従来の取り決めでした。しかし、習近平はこれを白紙化し自身が期限なく最高指導者の地位に居座れるよう、改悪しています。それにともない、小中学校では習近平思想の学習が義務付けられ、風俗の乱れを取り締まるべくテレビ番組への規制が強化されました。外国メディアはこれを、「文化大革命」の再来ではないかと見ています
かつて毛沢東が学生らを扇動して思想純化のための闘争を遂行し、共産党内の政敵に片っ端から「反革命分子」だの「修正主義者」だのとレッテルを貼って失脚させたのが「文化大革命」です。その矛先は文化人、映画界などにも及び、多くの映画人が人民裁判にかけられ反革命分子として糾弾され、中には自殺に追い込まれる監督、俳優が続出しました。さらに学校の教師、商工業者といった人たちまで犯罪者扱いされるなど、粛清の嵐が吹き荒れ、死者(自殺に追い込まれた者、処刑された者)40万人、何からの被害を被った者1億人ともいわれます
この悪夢の如き思想統制(実は政敵排除)のための革命、「文化大革命」を習近平がやろうとしているのではないか、との懸念があるわけです
そんな折、槍玉に挙げられているのがK-POPです


「これまでの『限韓令』とは違う次元の圧迫が始まるのではないだろうか」
7日、韓国のある大型芸能企画事務所の関係者は心配そうにこう話した。最近中国当局が芸能界に対して大々的な捜査政局を作りながらK-POPまで狙うようになると、韓国芸能企画事務所はその「火の粉」がどこまで及ぶのかを考えて悩みが深くなっている。
最近、中国の雰囲気が尋常ではない。最初は自国芸能人の脱税や高額出演料、二重国籍などに対する取締り程度に思っていたが、次第にその範囲がK-POPまで拡大している。
5日、中国ソーシャルメディアの微博で韓国ボーイズグループBTS(防弾少年団)のメンバーJIMINの中国ファンがお金を集めて彼の写真でラッピングしたチェジュ航空の飛行機を飛ばそうとしたが、フォロワー116万人に達するファンアカウントは60日間の停止処分を食らった。微博側は「社会公約に違反したので一時的に活動が中断された」と明らかにした。続いてBTSのRM・J-HOPE・JIN、BLACKPINK(ブラックピンク)のリサ・ロゼ、IU、EXO(エクソ)、少女時代のテヨンらのファンアカウントが次々と30日間の停止処分措置が取られた。
これに先立ち今月3日、香港サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)は中国当局が「娘炮などの歪んだ美的基準を断固根絶する」という方針を打ち出したと伝えた。「娘炮」とは姿や行動が女っぽい男性を意味する。
それだけでなくアイドルのサバイバルオーディション番組やファンがスターのために募金をするなどのファンダム文化もすべて禁止した。あわせてこのような文化の根源にK-POPなど韓流があると認識している。
2016年THAAD(高高度ミサイル防衛システム)配備後、長期間にわたって持続した「限韓令」の手綱を一層固く握ろうとしているといえる。では中国のこのような圧迫はいつまで続くだろうか。専門家は「本当の意味での『限韓令』はこれから」と口をそろえた。
『現代重国の帝国夢』を執筆した西江(ソガン)大学史学科のチョン・インガプ教授は「現在の中国の動きを見ると単発性のイベントではなく、過度に肥大化した民間領域に対する統制強化を決意して乗り出した」としながら「このような規制は民間領域が自分たちが思う方向に管理できるようになるまで長期間続く可能性が高い」と予想した。
(中略)
キム博士は「太陽が2つとして存在しないように、中国で英雄は共産党、特に習近平主席がならなくてはならないだが、多くの中国若者がアイドルに熱を上げていることに対して中国政府が深刻な危機意識を感じ始めた」と話した。キム博士は「特にK-POPの歌詞や文化は自由と個性と開放を重視して隠然と民主主義に触れている。中国当局としては自国の若年層がこのような文化に染まるのが体制基盤を揺さぶりかねないと考えて緊張している」と説明した。これに伴い、中国は最近教育過程で伝統文化と革命文化に対する強化を指示したという。
ではBTSなどに心酔した中国の若者世代はこのような規制に対抗する「Army」になってくれるだろうか。キム博士は「ノー」と断言した。キム博士は「天安門事件の時の有名な話がある。『その日夜は曇り、月も浮かばなかった。私は窓を閉じてカーテンを下ろし、外でどんなことがあったのか知らない』。どういう意味かというと、自分たちは天安門事件について何も見なかったし、知りもしなかったということだ。中国人はある理想や理念のために抵抗するという意志はない。BTSファンも抵抗しないだろう」と見通した。
(中央日報日本語版の記事から引用)


思想統制の強化は共産党政権にとって日常的な活動ともいえます。つまりは自分たちの提唱する思想以外は一切認めない立場なのですから、常に異なる意見に規制をかけ取り締まりを続けなければならないのです
それは政治思想だけでなく、社会の風俗・流行も例外ではありません
以前にも書きましたが、中国はアニメーションでも風紀紊乱を取り締まっており、少年少女の恋愛も描くのも禁止です。BL小説をネットに掲載していた女性作家は逮捕され、刑務所に送られました。中国の規制は実力行使が伴うのであり、疑いがあれば逮捕し、事実関係の確認やら公正な裁判などなしに当局の意向で有罪判決を下す仕組みです。これは「中国共産党は常に正しい。党に誤りはない」との考えによるもので、党の方針を貫くことこそ正義、なのです
そのためには天安門広場で座り込みを続ける学生らを戦車で轢き殺すくらい、平気でやってのけます
さて、話を戻してK-POPの規制です。中国ではコンサートを開催するにも、各都市の共産党委員会の許可が必要とされ、自由に興行はできません。上記の記事にもあるように2016年の中国・韓国の政治的な緊張により、K-POPの歌手・グループも中国での活動を控えており、今回の規制強化がただちに影響するとは考えられていません。が、長期的にはダメージがあるでしょう
さらに韓国ドラマ、韓国映画もなにがしかの規制を受けると予想され、K-カルチャー輸出で儲けようとする思惑が外れてしまいます
韓国国内の音楽市場も映画やドラマの市場も小さいので、輸出して儲けなければコンテンツ産業を維持できないのであり、中国市場を失うダメージは決して小さくないはずです

(関連記事)
中国がアイドル番組禁止 退屈な国を目指す
中国共産党のアイドルグループ「56輪の花」爆死か?
「文化大国」中国にアイドルが生まれない理由?
「中国が文化大国になれない理由」を読めない中国メディア
中国のパクリ文化 AKB48を真似たAK98登場
AKB48をパクった中国のAK98 解散状態
上海万博テーマ曲は「岡本真夜 そのままの君でいて」の盗作
台湾のボーカロイド「心華」が中国大陸に攻め込む
中国のボーカロイドアニメ化 その後進展なし?
韓国ボーカロイドはバーチャルアイドル?
韓国のボーカロイドはその後、どうなったのか?
米CBS「初音ミクは世界で最も偽物のポップスター」報道
初音ミクのアメリカ公演決定に狂喜する海外の反応
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
中国のネット規制 BL小説同人小説も摘発
K-POPは卑猥なダンスが売りなのか?
「J-POPはなぜK-POPに完敗したのか」という記事
「韓流が日本精神を揺さぶっている」と書く韓国メディア
中国「ウルトラマンティガ」を放送禁止 暴力的だから?