池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否

池袋の暴走事故で飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決が言い渡されました
法廷で裁判官は飯塚被告に話しかけ、「判決を受け入れるのなら被害者、遺族に真摯に謝ってほしい」と諭したのですが、飯塚被告は無言のまま法廷を後にしたと報じられています
被害者や遺族のことより、自分への実刑判決が不満であり、納得できなかったのでしょう。控訴するに違いありません。高等裁判所で争い、最高裁まで争うものと思われます


東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は2日、禁錮7年の求刑に対して禁錮5年の実刑判決を言い渡した。
黒いスーツ姿の飯塚被告は、車いすで入廷。下津健司裁判長が判決の理由を読み上げた約1時間、飯塚被告はほとんどうつむいたままだった。
判決は「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ過失がある。アクセルペダルを最大限まで踏み込み続けた」と述べた。
事故では、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなり、9人が重軽傷を負った。
被害者参加制度を使って公判を傍聴した真菜さんの夫の拓也さん(35)は、下津裁判長が「2人は事故で突如として将来への希望や期待を断たれ、愛する家族と永遠に別れなければならなかった」と述べると、こらえきれずにハンカチで目元をぬぐった。
下津裁判長が判決後、「あなたの過失は明白と判断しました」と語りかけると、飯塚被告は静かにうなずいた。
さらに「判決に納得できるのなら、自らの過失を認めて真摯(しんし)に謝っていただきたい。それが遺族や被害者がまず求めていることなので実践していただきたい」と続け、不服があれば控訴ができることを告げた。
これに対し飯塚被告は、沈黙のまま一礼し法廷をあとにした。
(朝日新聞の記事から引用)


飯塚被告は池袋での事故の前に、5度も物損事故を起こしていると法廷で明かされています。つまり、2019年4月の事故の前の段階で、まともに運転できる状態ではなかったと考えられるのです
それでも自分は脚が悪いので車で移動する必要があると主張し、運転を止めませんでした。経済的に困窮していたわけではないのですから、車を手放し、月に数度の外出はタクシーを利用する選択肢があったわけです
維持なのかプライドなのか、飯塚被告は運転を続け、2人の命を奪い、なおかつ多くの人に怪我を負わせる事故を起こしてしまいました。そして一審で有罪判決を受けてもなお、自分の責任を認める気はないのでしょう
飯塚被告を逮捕しなかった警察、勾留しなかった検察の対応が適切だったのかと、いまさらながら思います
早い段階で身柄を拘束し、留置場なり拘置所に入れたなら、少しはことの重大さを理解してのではないか、という気がします
「逮捕も勾留もされない。つまり自分を訴追するだけの十分な証拠がないのだ」と飯塚被告が思い込んでしまった可能性は数%はあるはずです
最高裁まで争い、有罪判決が確定するまであと2年はかかるでしょう
飯塚被告は92歳になります。それまで生きていれば、ですが

(関連記事)
池袋暴走事故 90歳で刑務所に収監
https://05448081.at.webry.info/202110/article_29.html
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三は
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故