三重いじめ自殺 上級生ら4人を提訴

いじめによって自殺に追い込まれる小学生から中学生、高校生があとを絶たないのであり、報道に接するたびに歯がゆい思いがします
学校側が見て見ぬふりをしたり、中には教員自身がいじめの片棒を担いでいたり
そして生徒が自殺した後は、何も調査をしないうちにメディアに対して「いじめが原因ではない」、「いじめはなかった」と学校側が断言するというのが毎度のパターンです。遺族の申し立てによって第三者委員会が設置され、調査を行いますが、これはあくまで任意によるものですから強制力はなく、事情聴取に応じない教師や生徒も出てきます
三重県で起きた高校1年生の男子生徒の自殺でも、第三者委員会による調査が不十分、と問題になり、遺族が上級生ら4人を相手に損害賠償請求の訴訟を起こしています


2018年に三重県立高校1年の男子生徒(当時16)が自殺した問題で、男子生徒の遺族が今年8月、生徒らによるいじめが原因だったとして、県や加害者とみられる元生徒4人を相手取り、約7370万円の損害賠償を求めて津地裁に提訴したことがわかった。10月21日に第1回口頭弁論が開かれる。
訴状によると、男子生徒は上級生から身体をたたかれたり、部活のLINEグループで人格を否定するような言葉を投稿されたりしたという。また、遺族側は男子生徒から相談を持ちかけられた教諭が、積極的な対応をしなかったと指摘。教諭の注意義務違反と男子生徒の自殺には因果関係があると主張している。
県教育委員会の第三者委員会は、昨年3月の調査報告書で、LINEでのやりとりなど6件について、自殺と因果関係が認められるいじめと認定した。一方、遺族は加害者とされる生徒への聞き取り調査をしていないことなどを不服として再調査を要望。県は別の第三者委員会を設置し、再調査を進めていた。
木平芳定・県教育長は24日の定例会見で、「将来ある高校生が自ら命を絶った。ご遺族に心からお悔やみを申し上げたい」と述べた。その上で、男子生徒が所属していた部活動の顧問の教諭について「そこまで注意義務違反があったのか、因果関係を検討した上で口頭弁論に臨みたい」とし、県教委として裁判で争う考えを示した。
(朝日新聞の記事から引用)


自殺した生徒は上級生によって自転車を壊されるなど被害を受けています。これは器物損壊であり、刑事事件になり得るわけです
が、相談を受けた教諭は何ら具体的な対応もせず、うやむやにした結果、いじめは継続し自殺に追い込まれた事案です。しかも、上記の記事にあるように第三者委員会はいじめに関与した上級生から事情聴取をしないまま、報告書をまとめ提出しています。聞き取り調査ができなかったのか、しなかったのか、聞き取りに応じなかったのか、記事からは判断できないものの、手抜きとしか言いようがありません
いじめた側を抜きにした調査結果報告書を信用しろ、と言っても無理があります。遺族が怒るのも当然です
いじめた側の上級生は、民事訴訟で責任を問われるとは思ってもいなかったのでしょう。これまで遺族側に謝罪する…といった行動はしていなかったはずです
民事訴訟に応訴しなければ、請求側の言い分通りに判決が下されるわけで、上級生らは弁護士を雇って応訴せざるを得ない状況です
しかし、請求金額はともかく、いじめた側に責任があると認める判決が下される可能性が大であり、4人それぞれが数百万円もの支払うよう命じられるのは確実と思われます

(関連記事)
桜宮高校自殺 元バスケ部顧問教師に4300万円賠償命令
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校の体罰教師起訴 平手打ちのビデオ
いじめ4年後に自殺、学校側に賠償命令
大津いじめ訴訟 加害生徒への賠償命令確定
大津の中学生自殺 教育委「いじめた側にも人権がある」
大津の中学生自殺 いじめを放置した学校の言い分
兵庫の県立高校で自殺 校長は「不慮の事故」と表現
旭川いじめ凍死事件6 遺族の手記から見えるもの
https://05448081.at.webry.info/202108/article_34.html
旭川いじめ凍死事件5 北海道教育大派閥の害悪
https://05448081.at.webry.info/202105/article_26.html
旭川いじめ凍死事件4  第三者委員会まかせ?
https://05448081.at.webry.info/202105/article_11.html
旭川いじめ凍死事件3 中学保護者会は大荒れ
旭川いじめ凍死事件2 疑惑の数々
旭川いじめ凍死事件1 週刊誌が事態解明を促す
熊本高3いじめ自殺 当時の同級生を提訴へ