野田聖子は首相候補にふさわしいのか?

自民党総裁選挙の結果がもうすぐ明らかになります。自分は自民党の党員ではないので、単に野次馬として結果を見守るだけですが、候補者4人のうち誰かが自民党総裁となり、次の首相になるのですから気にせずにはいられません
4人の中で落選確実なのが野田聖子です。およそ自民党総裁にも、国会議員としてもふさわしいとは思えない人物なのですが、一部には熱心な支持者がいるようです
推薦人として自民党の国会議員20名を集めれば総裁選挙に立候補できるわけですが、野田聖子は無派閥であり、強固な縦横のつながりを有しているわけでもなく、およそ政権運営ができるとは思えません。各派閥の思惑に翻弄され、組閣さえままならないでしょう
無派閥が悪いとは言いませんが、数は力であり、支えてくれる国会議員の数が少なければ政権基盤は脆く、思うように政策を遂行できません。総理総裁を目指す気があるなら、自身の派閥を形成するくらいの覇気と実行力が必要では?
そして一番の問題は夫が会津小鉄会系の元暴力団員である、と警察や裁判所が認定している件です。もしも野田聖子が首相になったなら、衆議院予算委員会は夫が元反社会勢力に属していたか、否かで審議は紛糾し、予算審議どころではなくなるはずです
さて、日刊スポーツが野田聖子とのインタビュー記事を掲載していますので、取り上げます


元祖「初の女性総理候補」野田聖子氏ラストスパート、他候補もぶった斬り
自民党総裁選(29日投開票)に4度目の正直で初挑戦した野田聖子幹事長代行が26日、日刊スポーツのインタビューに応じた。
ネット番組で「敗北宣言」とも受け取れる発言の真相に言及し、他候補についても「聖子節」全開で、ぶった斬った。最終盤を迎え、劣勢が伝えられるが、史上初の女性100代目総理へ元祖「初の女性総理候補」のプライドにかけて、ラストスパートする。
野田氏が異彩を放っている。ライブ配信のネット番組(23日)で「(勝つのは)私以外の誰か」と「敗北宣言」とも受けとれる発言を直後に訂正するなど波紋を広げた。
野田氏 カジュアルな会話の中で日刊スポーツも含めて、みんな(勝つのは野田氏以外と)勝手に言ってるよね(笑い)、というノリで普通に語っただけ。心配してくれる人や地元で一生懸命やってくれている方々に対して、打ち消さなくてはならないと思った。
この日、テレビ番組で原子力潜水艦(原潜)について河野太郎行革相と、高市早苗前総務相が「保有を検討すべき」とし、野田氏と岸田文雄前政調会長は慎重姿勢。野田氏は改めて、3氏を分析した。
野田氏 私は1つのことを言うと、ぶれないんだけど、彼(河野氏)は、けっこう幅が広いよね(笑い)。脱原発で始まって、実際はそうではなく…。非核三原則がある。原潜となるとどうなるのか。岸田さんは決断していないことが多い。夫婦別姓についても、よく分からない。政治家は決断しなくてはならない。高市さんは国を守るということで領土とか統治機構などを挙げるが、国民(の存在)をデフォルメしている。国を守る最善は、国民が安定していること。
98年7月、小渕政権で郵政相となり、「初の女性総理候補」として脚光を浴びたが、15年、18年、昨年と総裁選は出馬を断念した。
野田氏 今の総裁選は派閥にいることが前提だから。派閥のドンに愛されているか(笑い)。過去3回、失敗してきたことはマイナスじゃない。
野田氏は、夫が元暴力団員だったとする週刊誌報道について反論した。夫は名誉毀損(きそん)で(出版社を訴え)係争中で、野田氏も自身のツイッターで事実無根としている。
野田氏 ツイッターに書いた通り。基本、潔白だから。前々回(18年)の総裁選直前にも報道され、いつもそれで(推薦人を)断られ(断る)口実にされた。
総裁選も残り3日。岸田氏がやや優勢も河野氏と接戦で高市氏猛追との情勢が伝えられている。野田氏の逆転勝利は「万馬券」級ともみられているが、自身に最後の最後までむちをいれる。【大上悟】
◆野田聖子(のだ・せいこ)1960年(昭35)9月3日、福岡・北九州市出身。上智大卒。帝国ホテル勤務を経て、1987年に岐阜県議を経て、93年に初当選。当選9回。郵政相、総務相、女性活躍担当相などを歴任。昨年9月に自民党幹事長代行に就任。祖父は元建設相の野田卯一氏。岐阜1区。血液型A。
(日刊スポーツの記事から引用)


「ツイッターに書いた通り」という野田聖子の発言だけでは分かりませんので、野田のツイートを取り上げた東スポの記事を貼っておきます
野田の夫を元組員であると法廷で証言した、元会津小鉄会系組長を偽証だと告発している、というのが野田の言い分です


野田氏は「私の夫が元暴力団員であるとする週刊誌報道が続いております。(中略)改めて『信じる理由』をご説明します」と書き出し、ツイートを連投。
「『文春』が根拠としている警察庁のデータベースについては、夫が文春を名誉棄損で訴えた裁判の判決において、証拠として全く信用されなかった怪文書であり、判決でも夫を『元暴力団員である事実を認めることはできない』と認定しました」と説明した。
また、「『新潮』との裁判で証人として出廷し、取材を受けている元暴力団組長については、裁判で虚偽の証言をしたとして、偽証罪で刑事告発し、受理され、警察においてすでに捜査が始まっています」と続けた。
その上で「今後の捜査により私の夫が元暴力団員ではないとの真実が明らかになると考えます。現在、夫は自身の名誉回復を求め係争中です。皆さまには諸事情ご理解の上、不当な誹謗中傷等はお控えいただければ幸いです」と訴えている。
(東スポの記事から引用)


野田聖子の夫が暴力団の元組員であると報じた週刊文春の記事は以下のサイトで読めますので、関心のある方は一読ください。当ブログでも取り上げた、仮想通貨取引に絡み、野田の夫が金融庁職員を野田の事務所に呼び出し圧力をかけた件に絡むものです
この記事を巡っては係争中であると申し添えておきます
警察は組織犯罪対策部門が暴力団の名簿(通称「G組織名簿」)を作成しており、誰が構成員か、準構成員なのかを把握しています。自分がこの名簿を見た頃は紙に印刷されたものでしたが、今はオンラインのデータベース化されているのでしょう

野田聖子幹事長代行の夫は元暴力団員 「警察庁文書」に記載

(関連記事)
次の首相は野田聖子、と持ち上げる提灯記事
野田聖子迷走 総裁選立候補ならず?
野田総務大臣 仮想通貨取引で金融庁に圧力
「南沙諸島問題は日本に無関係」と発言する野田聖子
自民総裁選狙う野田聖子 何がしたいのか不明
「田中角栄ブーム」と呼ばれるもの
「安倍総理は憲法学者の名前を知らない」と」批判されるが
小渕経産相と松島法相辞任を考える
世襲政治批判する評論家も居酒屋談義レベル
世襲制を批判していた人が
被災地視察でおんぶ 務台政務官に批判殺到
政界失楽園 中川郁子政務官路上キス事件
国会サボってデート 上西小百合衆院議員
不倫しまくり宮崎謙介議員 あっさりと辞職
民主党外務政務官 海外出張でエステに買い物三昧
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭