眞子さま結婚問題 年内結婚へ

各メディアが一斉に眞子内親王と小室圭氏が年内に結婚する、と報じています
「関係者への取材で分かった」という書き方が多く、具体的に誰が情報ソースなのかは不明です。ただ、決定事項であるというなら、誰がソースでも同じでしょう
さまざまな問題が噴出した結婚問題ですが、何一つ解決しないまま結婚に踏み切るという見切り発車です。結婚後はニューヨークで暮らすとの話ですから、日本から駆け落ちのごとく去っていくと表現してもよい事態です


秋篠宮家の長女眞子さま(29)が結婚に伴って皇室を離れる際に支給される一時金の受け取りを辞退する意向を示されていることが関係者への取材でわかった。眞子さまは婚約が内定している小室圭さん(29)と年内に結婚される予定で、法的に辞退が可能かどうか政府内で議論される見通しだ。
関係者によると、眞子さまは小室家を巡る「金銭トラブル」に対する批判を踏まえ、周囲に一時金の受け取りを辞退する意向を漏らされているという。
皇室経済法は、皇室を離れる皇族に対し、元皇族としての品位を保つため一時金を支給すると規定している。戦後、結婚に伴って皇籍離脱した皇族女子には全員に一時金が支給されてきた。前例に従えば、眞子さまには約1億3700万円の支給が見込まれる。
支給に当たっては、首相や衆参両院議長ら8人で構成する皇室経済会議が支給額を決めてきたが、支給の可否を議論したことはない。ある宮内庁幹部は「一時金を辞退した前例がなく、場合によっては皇室経済法の解釈を変える必要がある」としている。
お二人の結婚に当たっては、一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」や結婚式などの関連儀式は行わない方向で検討されている。儀式を行わずに結婚されれば、戦後の皇室で初めてとなる。
婚約の儀式について、秋篠宮さまは2018年11月の記者会見で、小室家を巡る金銭トラブルを念頭に、「多くの人が納得し、喜んでくれる状況」にならなければ行えないとの考えを示された。これを受け、小室さんは2回にわたってトラブルの経緯などを説明する文書を公表したが、必ずしも多くの国民が結婚を祝福する状況になっていない。
小室さんは今年5月に米ニューヨーク州のフォーダム大ロースクールを修了し、現在は弁護士資格の試験結果の公表を待っている。関係者によると、すでに合格を見込んで現地の法律事務所に就職する方向で準備が進んでおり、経済的な生活基盤を含めて結婚の条件が整いつつあると判断したとみられる。
お二人は年内に婚姻届を出し、結婚が成立した時点で眞子さまは皇室を離れられる。結婚後は米国で新生活を始められる見通しだという。
(読売新聞の記事から引用)


見切り発車というのは弁護士らしからぬ選択のように思います。きちんとすべてを解決してから結婚する気はない、という意思表示であり、それで構わないとの判断なのでしょう
母親佳代さん元婚約者との金銭問題も未解決のままであり、佳代さんもアメリカへ付いていくのなら、金銭問題はこのまま解決する気がないと解釈するしかありません。それも、「元婚約者が話し合いに応じなかった」とか、責任を押し付けると思われます
小室氏は自分たちの結婚問題と佳代さんの金銭問題を切り離し、あくまで別件だとして処理する選択肢もあったわけです
しかし、あの釈明文からすればすべて一体と考えており、なおかつ解決金を支払う用意があると表明したものの、何も着手しないまま結婚だけを既成事実化するわけです
「国民の理解を得られるように」と再三、秋篠宮殿下から忠告されたものの、従う気はなかったと言わざるを得ません
なぜ、そうまで頑ななのか不思議です。おそらくメディアを含め、周囲すべてを「結婚を邪魔する者」と敵視せずにはいられない精神状態にあったのかな、と推測します
彼自身、母親の問題も含めて理路整然と説明したつもりの釈明文がああも酷評されたわけですから。プライドが高いゆえ傷つけられたと思い込み、「国民の理解が得られるよう説明」などこれ以上は無理だと開き直ったのかもしれません
それが一時金の辞退、という形で現れているように思います。日本国民の理解など不要で一時金も断り、アメリカで生きていくと
どうにも面倒くさい人物です

(関連記事)
眞子さま結婚 PTSDという診断
https://05448081.at.webry.info/202110/article_4.html
小室圭 記者会見拒否か?
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
小室圭母「自分はアダルトチルドレン」発言を考える
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正

墨田区女子高生殺害 殺害を計画して呼び出しか

昨日取り上げた、東京墨田区の女子高生鷲野花夏さん殺害事件の続きです
逮捕された小森章平・和美夫婦の情報が少しづつ明らかになってきました。小森夫婦が結婚する前から、章平容疑者はツイッターで鷲野さんと知り合っていた、という話です
が、章平容疑者は仕事をしていなかったようで、和美容疑者がコンビニエンスストアで働いて家計を支えていたと考えられます。それもあって主導権は和美容疑者が握っていたのでしょう
警察の取り調べに対し、「最初は鷲野さんを呼び出し話し合うつもりだった。気持ちが抑えられなくて殺してしまった」と和美容疑者は供述しているのですが、実際には殺害に使用した刃物やロープを車に積んで出かけており、最初から殺害する意図があったと見られます


捜査本部によると、遺体で見つかったのは、私立高3年の鷲野花夏(わしのかな)さん。山梨県早川町内の山林の物置小屋の中で壁に背中をつけ、座った状態で亡くなっていた。背中には4カ所刺し傷があり、首にもひものようなもので絞められた痕があった。小屋からはロープが見つかった。
捜査関係者によると、死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市のいずれも職業不詳、小森章平容疑者(27)と妻の和美(いずみ)容疑者(28)は「小屋の中で殺した」と供述。遺体には目立った防御創が確認されないことなどから、夫婦が小屋の中で背後から女子生徒の首をロープで絞め、抵抗できない状態で刃物で背中を刺した可能性がある。
小森容疑者は女子生徒について「2年ほど前にツイッターで知り合った」と説明。定期的に連絡を取っていたことなどから、和美容疑者に「関係を疑われ、嫉妬された」という。2人は数カ月前に結婚したばかりだった。
女子生徒は28日午後3時半ごろ、母親に「友達に会いに行く。すぐ戻る」などと話して外出した後、行方が分からなくなった。2人と待ち合わせたとみられ、墨田区内の駐車場の防犯カメラに女子生徒が小森容疑者らの乗用車に自ら乗り込む様子が確認された。
夫婦は「話し合いの場を持った」などと供述。女子生徒を乗せた後、渋川市の自宅に向かった。話し合いは進まなかったとみられ、和美容疑者は「気持ちの整理がつかなくなった」などとする供述をしている。29日夜に女子生徒を連れ出して、山梨県に向かった。
殺害は夫婦が身柄を確保された当日の30日とみられる。夫婦は、首を締めた際に使ったとみられるロープや刃物を事前に準備。また女子生徒の携帯電話は見つかっておらず、取り上げていたとみられる。こうした状況から、捜査本部は夫婦が自宅を出た段階で女子生徒の殺害を計画していた可能性も高いとみている。
(産経新聞の記事から引用)


和美容疑者は殺害を計画し実行したとは認めていないようですが、警察は計画的な殺人として立件すると思います。後は和美容疑者と章平容疑者の間で、殺害について合意があったかどうか、です
和美容疑者は「話し合うつもりだった」と供述しているものの、事実上は鷲野さんをなじり、糾弾し、制裁を科すつもりだったのでしょう。場合によってはそのまま殺しても構わないと考え、そうなったのだと思います
章平容疑者は妻が鷲野さんに危害を加える可能性があると最初から承知していたものと考えられますが、殺害まで承知し協力するつもりがあったのかどうか、微妙な気がします(2人がどのような役割をしたのか、によって判断するのでしょう)
想像すれば、和美容疑者の命令で章平容疑者が鷲野さんの首をロープで絞めたところを、背後から和美容疑者が刃物で複数回刺した…という展開が考えられます
夫を奪おうとした女子高生を、和美容疑者は許す気になれなかった(殺してやろうと思った)という流れです
検察官の立場なら、2人の役割でどちらが主導し、どちらが従属したか、はっきりと色分けして立件しようとするのかもしれません。もちろん、主導した方が刑が重くなり、従属した方は罪が軽くなります
それにしても、と思います
ツイッターやLINEで章平容疑者と鷲野さんがやり取りをしていただけなら、殺害するまでもなかったのでは?
実際に2人が和美容疑者に隠れて密会を繰り返していたのであれば、「殺してやる」と激高したのも理解できますが、どうだったのでしょう?

(関連記事)
墨田区女子高生殺害 20代の夫婦を逮捕
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
住友家令嬢誘拐事件(昭和21年)
未解決の誘拐・失踪事件 庄山仁君失踪(昭和44年)
未解決の誘拐殺人 城丸君事件(1984年)
少年誘拐ホルマリン漬け事件(昭和32年)
三鷹女子高生殺害を考える6 懲役22年の判決
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
静岡女子大生殺害 無期懲役求刑
静岡女子大生殺害 ストーカーの言い分
静岡女子大生殺害 初公判で容疑を認める