池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否

池袋の暴走事故で飯塚幸三被告に禁錮5年の実刑判決が言い渡されました
法廷で裁判官は飯塚被告に話しかけ、「判決を受け入れるのなら被害者、遺族に真摯に謝ってほしい」と諭したのですが、飯塚被告は無言のまま法廷を後にしたと報じられています
被害者や遺族のことより、自分への実刑判決が不満であり、納得できなかったのでしょう。控訴するに違いありません。高等裁判所で争い、最高裁まで争うものと思われます


東京・池袋で2019年4月、暴走した乗用車で母子が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(90)に対し、東京地裁は2日、禁錮7年の求刑に対して禁錮5年の実刑判決を言い渡した。
黒いスーツ姿の飯塚被告は、車いすで入廷。下津健司裁判長が判決の理由を読み上げた約1時間、飯塚被告はほとんどうつむいたままだった。
判決は「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んだ過失がある。アクセルペダルを最大限まで踏み込み続けた」と述べた。
事故では、横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女莉子ちゃん(同3)が亡くなり、9人が重軽傷を負った。
被害者参加制度を使って公判を傍聴した真菜さんの夫の拓也さん(35)は、下津裁判長が「2人は事故で突如として将来への希望や期待を断たれ、愛する家族と永遠に別れなければならなかった」と述べると、こらえきれずにハンカチで目元をぬぐった。
下津裁判長が判決後、「あなたの過失は明白と判断しました」と語りかけると、飯塚被告は静かにうなずいた。
さらに「判決に納得できるのなら、自らの過失を認めて真摯(しんし)に謝っていただきたい。それが遺族や被害者がまず求めていることなので実践していただきたい」と続け、不服があれば控訴ができることを告げた。
これに対し飯塚被告は、沈黙のまま一礼し法廷をあとにした。
(朝日新聞の記事から引用)


飯塚被告は池袋での事故の前に、5度も物損事故を起こしていると法廷で明かされています。つまり、2019年4月の事故の前の段階で、まともに運転できる状態ではなかったと考えられるのです
それでも自分は脚が悪いので車で移動する必要があると主張し、運転を止めませんでした。経済的に困窮していたわけではないのですから、車を手放し、月に数度の外出はタクシーを利用する選択肢があったわけです
維持なのかプライドなのか、飯塚被告は運転を続け、2人の命を奪い、なおかつ多くの人に怪我を負わせる事故を起こしてしまいました。そして一審で有罪判決を受けてもなお、自分の責任を認める気はないのでしょう
飯塚被告を逮捕しなかった警察、勾留しなかった検察の対応が適切だったのかと、いまさらながら思います
早い段階で身柄を拘束し、留置場なり拘置所に入れたなら、少しはことの重大さを理解してのではないか、という気がします
「逮捕も勾留もされない。つまり自分を訴追するだけの十分な証拠がないのだ」と飯塚被告が思い込んでしまった可能性は数%はあるはずです
最高裁まで争い、有罪判決が確定するまであと2年はかかるでしょう
飯塚被告は92歳になります。それまで生きていれば、ですが

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三は
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故

池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか

本日、午後から飯塚幸三被告の判決公判が予定されています。その直前というタイミングですが、判決を予想する記事を各メディアが掲載していますので、読みながら有罪判決の根拠となる要旨を考えてみます
文春オンラインの記事は以下のように書いています


“池袋暴走”飯塚幸三被告に禁錮7年 90歳でも“実刑判決”が濃厚な3つの理由
東京・池袋で2019年4月、母子2人が死亡した乗用車の暴走事故。検察側は7月15日、過失運転致死傷罪に問われた飯塚幸三被告(90)に対し、同罪の法定刑の上限に当たる禁錮7年を求刑した。過失犯の交通事故では異例の重い求刑だが、遺族の強い処罰感情にも配慮した格好だ。
禁錮刑は主として政治犯を想定した刑罰で、法定刑として定められているのは公職選挙法に関する違反行為が約50件と群を抜いて多い。一方で刑法では懲役刑よりも軽い刑罰と位置づけられ、収監されても刑務作業に従事する義務はない。ただ、令和2年版犯罪白書によると、禁錮受刑者の80.2%が自ら希望して作業に従事しているという。
判決期日は9月2日だが、俄かに注目を集めているのが、6月に卒寿を迎えた飯塚被告に実刑判決が言い渡されるかどうか。だが、その可能性は高いと見られる。
第一に、一般に裁判官の量刑判断の相場は「求刑の7~8掛け」。禁錮7年の求刑で仮に有罪となれば、執行猶予(上限5年)が付く公算は極めて低い。
第二に、検察側は冒頭陳述で01年に同種の前科一犯(自転車との接触事故、略式処分)があると明らかにしたほか、論告でも10年頃から今回の事故までに計5回の物損事故を起こしたと指摘。飯塚被告は情状面でも劣勢に立たされている。
第三の理由は?
奇しくも6月29日には、高知地裁の裁判員裁判で、検察庁舎で放火未遂事件を起こした男(97)に懲役5年の実刑判決が言い渡され、“最高齢記録”が更新されたばかり。実刑か否かは事案の重大性や犯行の悪質性による面が大きく、被告の年齢が過度に考慮されることはないというのが、第三の理由だ。
刑事訴訟法では、実刑判決を言い渡されても、「刑の執行で著しく健康を害するおそれがある」「70歳以上である」などの理由があれば、執行を停止できるとも定められている。ただ、刑務所長や被告本人から上申を受けて審査するのは検察官。社会的な反響が大きく、遺族の処罰感情も強い本件では、執行停止のハードルはより高くなりそうだ。
飯塚被告はこれまでの公判にすべて車いすで出廷し、被告人質問では「足のふらつきがあり、パーキンソン症候群の可能性があると診断された」と説明。しかし、7月15日の公判では証言台につかまるようにして自力で立ち上がり、「アクセルとブレーキを踏み間違えた記憶はまったくない」とはっきりとした口調で話すなど、健康状態に大きな問題は見られない。


論点がきちんと整理されていおり、これまでの裁判の経緯などチェックしていない人にもすんなりと理解できる内容だと思います
ヤフーニュースのコメント欄を読むと、「80歳以上の高齢者は刑務所に入らない(と決まっている)ので、無罪判決が出る」などと書き込んでいる人がいたりします。が、こうした人は司法の実務を知らない方でしょう
80歳を超えていようと有罪判決はでます。高齢のためアルツハイマー型痴呆症で善悪の判断ができない被告は別ですが
また、有罪判決を下すのと、刑務所に収監する・しないの判断は別立てになっているのを知らない人もいるようです
高齢者で有罪判決が下された場合でも、刑務所に収監しないという判断を下す(執行停止)のは、上記の記事にあるとおり検察官です
余命幾ばくもない重病であるとか、重度の精神障害のあり刑務所(医療刑務所)より精神科の専門病院の方が処遇に適していると判断される場合などがあります
飯塚幸三被告は逮捕から裁判に至るまでの間、90歳に達したのですが、刑務所に入ったらすぐに死んでしまう健康状態ではないと思われますので、執行停止はないと考えます
もちろん、禁錮6年の判決が遭ったとして6年間服役するとは思えないのであり、数年後には仮釈放されるのでしょう。それでも実刑を科し、収監する意味はあります
ただし有罪判決が出た場合、飯塚被告は控訴し、最高裁まで争って時間稼ぎをするのではないかという気がします。

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
https://05448081.at.webry.info/202109/article_28.html
池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否
https://05448081.at.webry.info/202109/article_4.html
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
浜松暴走死事件 中国人被告に懲役8年判決
浜松中国人ひき逃げ事故 同乗の夫も書類送検
中国人女ひき逃げで逮捕 5人死傷
亀岡暴走事故 被告が判決を不服として控訴
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
エスカレーターで車椅子の夫婦転落事故