中国人姉妹殺害事件 無期懲役判決

夏休み明けのこの時期、裁判所では判決公判が相次ぎます。毎日、注目していた事件の判決が下されるので、ブログで取り上げる方は大変です
一審の裁判員裁判で懲役23年の判決が出ていた横浜の中国人姉妹殺害事件で、東京高裁はその判決を厳しく批判し、差し戻しの決定を下していました
2人を殺害し、遺体を遺棄したにもかかわらず懲役23年というのは随分と軽い判決です。一審の判断の根拠は犯行に凶器が使われておらず、被告が手で絞殺したので残虐な犯行であるとは言えず、凶器を準備していなかったのだから咄嗟に思いついて殺害したもの、と判決の中で述べられています
また、「過去の類似事件の裁判員裁判でも、死刑や無期懲役が選択された例はない」としているのですが、これは誤りでした
なので東京高裁は、過去の判例を誤って解釈したもの、と批判したわけです(が、これも過去の判例ばかり重視する裁判所の旧態依然たる考え方であり、どうかと思ってしまいます)


知人の中国人姉妹を殺害して遺体を山中に遺棄したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、岩崎竜也被告(43)に対する差し戻し裁判員裁判で、横浜地裁は3日、求刑通り無期懲役を言い渡した。
差し戻し審では量刑が争点となった。景山太郎裁判長は、被告が2人の首を5分程度圧迫したことについて「危険性が高く、凶器を使用した際と大きく異ならない」と指摘し「強固な殺意に基づく執拗(しつよう)な犯行」と非難。単独犯で、親族以外の複数人を殺害した事件の裁判員裁判での量刑は全て無期懲役以上であることを踏まえ、無期懲役を選択した。
最後に景山裁判長が「2人の命を奪った重大さを一生かけて見つめ、償いをしていただきたい」と語りかけると、岩崎被告は「分かりました」と応じた。
判決などによると、岩崎被告は2017年7月、横浜市中区のマンションに侵入し、無職の陳宝蘭さん(当時25歳)と妹で専門学校生の宝珍さん(同22歳)の首を絞めて殺害し、遺体を神奈川県秦野市の山林に遺棄した。
18年7月の1審・横浜地裁判決は、被告が凶器を使っていない点を重視し、懲役23年の判決を言い渡した。しかし、東京高裁は19年4月、1審が量刑の根拠にした過去の事件はいずれも親族間だったことから「全く類型が異なる」として1審判決を破棄。審理を地裁に差し戻していた。
(毎日新聞の記事から引用)


この事件は中国でも注目されており、中国の新聞やテレビ局も取り上げています。「中国なら当然死刑」、「なぜ懲役23年?」などの意見が多数寄せられ、日本の裁判は不公平だとの不満が示されていました
ただ、この事件の背景には姉妹のオーバースティが原因としてあるわけですが、中国メディアは触れようとしません。殺害された被害者は日本での在留資格を得るため、岩崎被告に偽装結婚をもちかけています。陳宝蘭さんにベタぼれし、彼女のいる飲食店に通い詰めていた岩崎被告ですが、偽装結婚の相手(都合の良い男)としか見られていなかったことに激怒し、殺害を思い立ったというのがそもそもです
もちろん、どのような理由があろうと殺人は殺人であり、偽装結婚が岩崎被告の罪一等を減じる理由にはなりません
裁判の争点とはならなかったため公判では取り上げられていない、岩崎被告と被害者姉妹のきなくさい噂も出回ったのですが、それもいまさら取り上げるべきではないのでしょう

(関連記事)
中国人姉妹殺害事件で高裁は差戻判決
中国人姉妹殺害事件 差し戻し審で無期懲役求刑
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
蟹江町3人殺傷事件 死刑判決に不服、控訴
愛知蟹江町3人殺傷事件 死刑求刑
愛知蟹江町3人殺傷事件 中国人被告の裁判開始
2009年愛知の強盗殺人事件、中国人の関与が浮上
江田島9人殺傷事件 中国人に無期懲役判決
「無期懲役でも15年で仮釈放」とデマを流す弁護士
新潟連続強姦殺人事件を考える1 初公判で否認
新潟連続強姦殺人事件を考える2 無期懲役求刑
松戸女子大生殺人事件を考える5 高裁では無期懲役
千葉女子大生遺棄事件を考える7 無期懲役判決
目黒夫婦殺傷事件を考える5 殺意を認め無期懲役判決

福岡女性転落殺人を考える6 控訴審でも懲役22年

すでに福岡地裁で懲役22年の有罪判決が下された佐久田なつき被告ですが、これを不服として福岡高裁に控訴していました
が、福岡高裁も「1審の判決に誤りがあるとは言えない」との判断で、佐久田被告に懲役22年を言い渡しています
控訴審の模様を伝える報道が見当たらないため、佐久田被告と弁護人がどのような主張を展開したのか不明です。が、逆転無罪を勝ち取れるような新たな証拠、証言を提示できなかったものと考えられます
弁護士ドラマでは若手イケメン俳優演じる弁護士が駆け回り、新たな目撃証言を掘り起こしたり、警察の捜査ミスを発見して裁判で大逆転を演じるわけですが、現実はそのような展開になりません
事件の経緯はこれまでにも書きましたので省略させてもらいます


6年前、八女市の山の中で当時25歳の女性を橋の上から転落させ殺害した罪などに問われた被告の裁判で、2審の福岡高等裁判所は「被害者が死亡する直前に一緒にいたのは被告以外に考えられず、1審判決に誤りがあるとは言えない」として1審に続き懲役22年を言い渡しました。
住所不定・無職の佐久田なつき被告(34)は6年前、以前同居していた池田麻里さん(当時25)に睡眠薬を飲ませて八女市の山の中に連れて行き、高さおよそ55メートルの橋の上から転落させ殺害した罪などに問われました。
1審の福岡地方裁判所は佐久田被告が殺害したと認定して懲役22年を言い渡し、被告側が控訴していました。
きょうの2審の判決で福岡高等裁判所の半田靖史裁判長は「意識がもうろうとしていた被害者は他人の介助なしに橋の欄干を乗り越えられなかった。被害者が死亡する直前に一緒にいたのは被告以外に考えられず、1審判決に誤りがあるとは言えない」などとして1審に続き懲役22年を言い渡しました。
(NHKの記事から引用)


前回も書いたように、佐久田被告はテレビドラマで見たのか、解離性同一性障害との診断書を絶対的な切り札のように思い込み、人格の交代によって別人格がやった犯行だと主張すれば無罪判決が出る、と信じていたのでしょう
もちろん、実際の刑事裁判で解離性同一性障害が認定された判例、否定された判例など読んでいないと思われます
ですから1審判決で、「解離性同一性傷害であると被告人は主張するが、犯行への影響はほぼ認められない」と裁判官からばっさりと切り捨てられてしまい、なおかつ「犯行の動機は不明だが被害者に落ち度はなく、被告には人の命を奪ったことへの反省が認められない」と厳しく批判されてしまいました
「解離性同一性障害だから」、「別人格による犯行だから」という佐久田被告の主張が、かえって裁判官に不快感と不信感を与えてしまったのでしょう
控訴審でも同様の主張を繰り返したとすれば、まさに地雷を踏みに行ったようなものです
そして佐久田被告は、解離性同一性障害による人格交代の様を証言してくれる友人、知人を証人として立てられなかったのかもしれません
まあ、友人・知人の前で別人格と入れ替わったような演技を披露していなかった、と言い換えた方がよいのでしょう
いずれにせよ、テレビドラマのようにはいかなかった、と
解離性同一性障害を巡る刑事裁判の判例研究としては、以下のようなものがあります
被告にはこどもの頃からアスペルガー障害とされ、特異な精神状態にあったと認められているわけですが、それでも「解離性同一性障害による別人格による殺人、遺体損壊であるから無罪」とする弁護人の主張は退けられ、懲役12年の判決が下されています
ゆえに、日本の司法では解離性同一性障害による減刑の判断はあっても、無罪にするのは非常にまれ、だと知る必要があります

判例研究「解離性同一性障害と刑事責任能力」

(関連記事)
福岡女性転落殺人を考える5 懲役22年の判決
福岡女性転落殺人を考える4 人格障害を疑う
福岡女性転落殺人を考える3 解離性同一性障害
福岡女性転落殺人を考える2 復讐に執着
福岡女性転落殺人を考える1 懲役25年求刑
木嶋佳苗事件をドラマ化したら フジテレビ「鬼女」
結婚詐欺師木嶋佳苗 ブログ荒らしや自作自演
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗 メンズキャバクラで豪遊
結婚詐欺師木嶋佳苗 祖父殺しの衝動
結婚詐欺連続殺人 木嶋佳苗被告の裁判始まる
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その1
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その2
朝日新聞に掲載された木嶋佳苗の手記 その3
警察官が留置場内でセックスし有罪判決
再婚相手が次々と不審死 連続殺人か
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
西成准看護師殺害事件を考える 解離性同一性障害
二重人格をめぐる冒険
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決1 6つの人格
大阪多重人格殺人で懲役16年の判決2 人格障害認めるも有罪
渋谷短大生バラバラ殺人(平成18年) 発達障害をどう裁くか