冤罪確定事件でも被告を犯人扱い 滋賀県警が謝罪

湖東記念病院事件で有罪判決を受け、12年もの間和歌山刑務所に服役していた元看護助手西山美香さんは再審請求が実って無罪判決が確定しました
事件の経緯や再審については前回書きましたので省略します
西山さんは滋賀県警の違法が取り調べの結果、犯人に仕立てられたと損害賠償請求の訴訟を起こしています。訴訟に応じる準備書面において、滋賀県警はまだ「西山さんが犯人」と記載しており、物議を醸しています
そもそも再審の無罪判決言い渡しの場で、裁判長は「取り調べや証拠開示などが一つでも適切に行われていれば、逮捕・起訴はなかったかもしれません」と滋賀県警側に説諭したのですが、滋賀県警側は「承服し難い」と反論していました
なので、「裁判では負けたが捜査は適切であり、西山被告以外に犯人はいない」との考えを滋賀県警側が抱いたまま、というのが分かります


殺人罪で服役後、昨年4月に再審無罪が確定した元看護助手、西山美香さん(41)が滋賀県と国に計約4300万円の損害賠償を求めた大津地裁の訴訟をめぐり、同県の三日月大造知事は17日、県側が提出した「心肺停止状態に陥らせたのは原告(西山さん)である」などと主張する準備書面について、「不適切な表現で、心情を傷つけた」と謝罪した。
県側が15日に大津地裁に提出した準備書面では、平成15年に同県東近江市の湖東記念病院で患者を心肺停止状態に陥らせたのは西山さんだと主張。再審無罪判決を否定するような内容に対し、西山さん側は「名誉を甚だしく毀損(きそん)するものだ」と県に抗議する意見書を16日に提出していた。
三日月知事は17日に記者会見し、無罪判決が確定している西山さんが患者を殺害したかのような表現がされている点に関し、「極めて不適切と言わざるを得ない。心からおわびする」と陳謝。滋賀県警の滝沢依子本部長も同様の見解を示していたことを明かし、準備書面を無罪判決を踏まえたものに訂正して再提出することを検討しているという。
また、準備書面の内容は把握していなかったとし、「今後はこのような重大な事案について確認する。訴訟を提起している人の心情に思いを致し、丁寧に主張を行っていく」と述べた。
(産経新聞の記事から引用)


準備書面の作成は滋賀県の代理人(弁護士)が滋賀県警の言い分を聞き取った上でまとめたものであり、滋賀県の知事部局の人間はノータッチだったのでしょう
つまり滋賀県警は、上記のように西山さんをいまだに真犯人であると考えており、裁判を通じて県警の正しさを立証する気で準備書面を用意したと考えられます。そして県警本部長にも報告せず、現場サイドの意見だけで押し切ったのでしょう(前回は警察庁の指示ではないか、と書いたのですが、上記の記事を読むと現場サイドの強い意向によるもの、と考えられます)
完全に「お飾り」扱いされた滝沢依子本部長は激怒したと思います。各県警本部は地元出身者で固められており、本部長だけは警察庁から送り込まれてくるという形です。そして女性の本部長というのも、「お飾り」扱いがまかり通っていると思われます
話が逸脱するのですが、佐賀県警でも警察による捜査の怠慢が問題となる事件があり、杉内由美子佐賀県警本部長が何度も県議会に呼ばれて釈明する事態になりました。県警本部長という立場からして、現場の警察官の捜査に問題があったとは口が裂けても言えなかったのでしょう。結局、杉内本部長は心身を壊して更迭され、警察庁長官官房付に異動となっています
女性の警察官僚が県警本部長に就くのは良いことなのでしょうが、現場は「お飾りなんだから何もしないでくれ」という扱いなのかもしれません
さて、この件で滝沢本部長が準備書面作成に関わった警察官を処分しようとすれば、県警本部の幹部連中が邪魔するに違いありません。
警察組織は典型的な男性社会ですから、女性の警察官僚が生きていくのはなかなかに大変そうです

(関連記事)
冤罪確定事件でも犯人扱い 滋賀県警本部長更迭
https://05448081.at.webry.info/202110/article_15.html
冤罪確定事件でも「被告が殺人犯」と言いはる滋賀県警
豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却

佐世保高1女子殺害事件を考える16 医療少年院で収容継続

世間を震撼させた佐世保での女子高生による同級生殺害から、もう7年になります、医療少年院に送致された加害者である女子高生も23歳になり、少年院での収容期限とされる年齢になりました
通常の少年院なら23歳の年齢に達したところで満期出院となるわけですが、医療少年院では継続して医療措置が必要とされる場合特例として26歳までの収容を認めると法律上規定されています。この場合、医療少年院から収容継続申請が家庭裁判所に提出され、家庭裁判所による審判によって収容の継続を決定する手続きになっています
しかし、加害者である元女子高生の弁護人は収容継続に反対しており、退院させるべきとして争っています。家庭裁判所は少年院側の申請通り収容継続を決定しましたので、弁護人は抗告(少年審判手続きでは抗告と言います。刑事裁判でいうところの控訴)しています


長崎県佐世保市で2014年7月、高校1年の女子生徒=当時(15)=を殺害し、医療(第3種)少年院に収容されている同級生の元少女(23)について、長崎家裁が異例の収容継続を認める決定をしていたことが14日、関係者への取材で分かった。少年院は23歳未満までだが、第3種は精神に著しい障害がある場合、26歳になるまで延長を認める規定がある。
収容先の少年院長は、元少女が今夏で23歳になるのを前に、収容継続を申請。家裁は審判を開き、8月24日、24年までの収容継続を認める決定を出した。元少女側は不服を申し立てて抗告したため、判断は福岡高裁に移る。
(共同通信の記事から引用)


医療少年院での治療がどこまで進んでいるのか、家庭裁判所での審判手続きの中で争点になったわけですが、審判自体非公開で進められますので表に出ることはないのでしょう。原則、元少女が収容継続のための審判に出廷し、自分で意見を述べることはなく、書面をもって自身の気持ちを裁判官に伝えるのが通常です。ただし、弁護人がついており、本人から直接意見聴取が必要と裁判官が判断するなら、出張審判もありえます。原決定を行った長崎家庭裁判所佐世保支部の裁判官が、収容先であるおそらくは京都医療少年院に出向き、臨時の審判廷を設けて審判をするというものです。収容継続を争う審判の場合、検察官は関与せず、出廷もしません(裁判官から特別に要請があれば出廷して意見を述べるケースはあるとしても)
弁護人は長期間の医療少年院収容で治療・矯正教育の目的を果たしたとの考えを述べ、今後は社会生活を送る中で適応を図るべき、と主張しているものと推測されます
ただ、そのための手立てがあるのかどうか、が問題です
23歳で退院するのか、26歳で退院するのかはともかく、いずれは医療少年院を出て社会に戻るのですから
父親は自殺し、父親の再婚相手だった義理の母親が引受るのでしょうか?
実兄は東京の私立大法学部に進学したと報じられましたが、卒業して就労しているとしても身元引受人になるには若すぎるでしょう
精神的な問題を抱える人達が暮らすグループホームのような場所に、一時的に居住させるという選択肢もありますが、誰かが彼女を見守る必要があります
十分な支援と監督ができるのかどうか?
もちろん、いつまでも施設に拘禁しておくのが正しい選択とは言えません
神戸連続児童殺傷事件の酒鬼薔薇聖斗も、世間からはいまだにバッシングを受け、憎悪の対象です。が、彼は自らカミングアウトした後も事件は起こさず、社会の片隅で暮らしています。いろいろ言われるものの、再犯に至らず暮らしているのであれば更生と見なさなければなりません
受け入れる、受け入れないの問題ではなく、受け入れざるを得ないというのが実際です
また、「彼女の内なる悩みに気づいてやれれば、彼女に声をかけてやれればこの事件は防げた」との意見もあるわけですが、リア充の見本みたいなお嬢さんが心の内に闇を抱えていたと気づく人は誰もいなかったのです。たとえ一言二言、声をかけたとしても彼女の殺人衝動を解消するなど不可能であり、これは「◯◯していたら」、「◯◯していれば」という後付けのタラレバでしかありません

(関連記事)
佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」
佐世保高1女子殺害事件を考える14 謝罪の手紙
佐世保高1女子殺害事件を考える13 審判結果の是非
佐世保高1女子殺害事件を考える12 医療少年院送致
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える7 父親の自殺
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
精神鑑定
名古屋大女学生殺人を考える1 殺人願望
名古屋大女学生殺人を考える2 有識者のコメント
名古屋大女学生殺人を考える3 放火にタリウム
名古屋大女学生殺人を考える4 大内万里亜容疑者
名古屋大女学生殺人を考える5 ようやく刑事裁判へ
名古屋大女学生殺人を考える6 初公判で無罪を主張