3歳児に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕

殴られたり蹴られたりして幼いこどもが命を落とす、という事件が毎月のように発生しています。死に至らずに済んだ事件も含めれば、その数はもっと多いのでしょう
小さなこどもの命を守るのは児童相談所や保健所の役割だとしても、各家庭の内部まで監視できるはずもなく、通報があってからようやく動き出すのであり、中には通報を受けても対処しないままというケースも少なくありません
大坂の摂津市では3歳のこどもに男が熱湯を浴びせて殺害する事件がありました。事前に男の子を虐待しているのではないか、との通報が児童相談所に寄せられていたのですが、具体的な対応はしないまま放置されていたケースのようです


交際相手の長男(3)に熱湯を浴びせて殺害したとして、大阪府警は22日、同府羽曳野市、無職松原拓海容疑者(23)を殺人容疑で逮捕した。調べに対し、「熱湯を故意に浴びせていません」と容疑を否認しているという。
発表では、松原容疑者は8月31日午後、同府摂津市鳥飼本町のマンション一室で、保育園児新村桜利斗おりとちゃんに熱湯を浴びせ、全身に重度のやけどを負わせて殺害した疑い。
松原容疑者は昨年10月に桜利斗ちゃんの母親(23)と知り合って交際を始め、今年5月から3人で同居していた。事件当時、母親は外出していたという。
府警によると、松原容疑者は8月31日午後4時50分、「3歳男児の意識と呼吸がない」と119番。救急隊が駆けつけると、桜利斗ちゃんは居間で全裸であおむけで倒れていた。心肺停止状態で、上半身を中心に皮膚がただれており、搬送先の病院で死亡が確認された。
松原容疑者は当時、府警に「うんちを漏らしておしりを洗うために風呂場に連れて行った。高温のシャワーを流して温度を上げていく遊びをしていた」などと説明したという。
司法解剖の結果、桜利斗ちゃんの死因は熱傷性ショックで、高温の湯を5分以上浴びていた可能性があることが判明した。
摂津市には桜利斗ちゃんへの虐待を疑う情報が複数回寄せられ、児童相談所とも情報を共有していたが、命を救うことはできなかった。市と児相は今後、対応を検証する。
(読売新聞の記事から引用)


シャワーを浴びせたとは言うものの、通常の給湯器なら温度に上限が設定されており、重度のやけどを負わせるほどの熱湯は出ません。現場の給湯器がどのようなものであったのか、記事だけではわかりません。が、本当はヤカンで沸かした熱湯をかけたのではないか、と疑われます。あるいが電気ポットに溜めていた90度くらいの熱湯をかけたとか
23歳で無職で、こどもの世話などした経験もない男が、便を漏らした3歳時に激怒し、熱湯を浴びせて殺害した傷害致死事件なのでしょう
もちろん、「殺すつもりはなかった」と釈明するわけで、弁護士も「しつけのためだった」などなど弁護するはずです
部分的なやけどであれば殺意がなかったと考えられますが、上半身に広くやけどがあったとすれば熱湯をかけ続けることによって「死んでも構わないのだ」という未必の故意があったのではないか、と疑います。つまりは殺意があったと
この辺りは裁判でのテクニカルな問題で、事件の本質から離れますので深くは突っ込みません
ただ、監護者としてこどもに対し適切な扱いをしなかったのは確実であり、松原容疑者の責任は重大です(同棲相手の連れ子で、愛情を注ぐ気はなかったのでしょうし、責任をもって養育しようという自覚の欠如していたのですが)
よって、傷害致死で起訴され、責任を問われること自体、松原容疑者には大いに不満でしょう。刑務所で文句を垂れながら10年くらい過ごす結果になるものと予想します

(関連記事)
3歳児に熱湯を浴びせて殺害 91回母親と面談?
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」
https://05448081.at.webry.info/202109/article_39.html
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
保育園バスで置き去り 男児死亡
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親