大口病院不審死 20人殺害と語る久保木愛弓の裁判は

末期患者を受け入れていた横浜の大口病院で入院患者の死亡が相次ぎ、看護師として勤務していた久保木愛弓被告が逮捕、起訴されています
不審死は50人にも及んだと言われますが、ほとんどの患者は司法解剖もされないまま火葬されてしまい、検察が起訴したのは遺体から消毒薬の成分が検出された3人だけ、にとどまります。ちなみに久保木被告は警察の取り調べに対し、「(点滴薬に消毒薬を混入させる手口で)20件くらいやった」と供述したのだとか
久保木被告の公判が10月1日に予定されています。取り調べ段階では、「点滴にヂアミトール(消毒液)を入れました」と自供した久保木被告ですが、公判では犯行を認めるのか否認するのか注目されます
弁護人はおそらく死刑回避のため、久保木被告の犯行時の精神状態を問題にし、無期懲役への減刑を狙う戦術に出るものと予想されます

平成28年に横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で起きた点滴連続中毒死事件で、患者3人に対する殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の裁判員裁判初公判が10月1日、横浜地裁で開かれる。高齢患者が医療従事者に病院内で次々と殺害されるという異例の事件。直接的な証拠を欠く中、捜査当局は状況証拠を積み重ねて久保木被告から犯行を認める供述を引き出したとされ、法廷での発言に注目が集まる。
同病院で入院中の70~80代の男女3人が亡くなったのは、28年9月16~20日。いずれも点滴を受けた直後に容体が急変していた。神奈川県警が遺体や血液、病室近くに保管されていた点滴袋を調べたところ、医療器具の殺菌などに用いられる消毒液「ヂアミトール」に含まれる界面活性剤の成分が検出された。
異物が混入された点滴袋には、目立たないゴム栓部分に注射器で刺したような痕跡があることなども確認されたことから、県警の見立ては、早い段階から「医療知識がある内部関係者の犯行」だった。ただ、点滴袋が無施錠のナースステーションに保管され、誰でも触れる状態だったことや、院内に防犯カメラが設置されていなかったことなどから、捜査は難航した。
一方、事件発覚直後に設置された防犯カメラには、患者に投与する予定のない薬剤を持ち歩く被告の不審な姿が映っていた。その後、被告のナース服のポケットから界面活性剤の成分が検出されたことも判明。任意の事情聴取に踏み切った県警は被告から薬物混入を認める供述を引き出し、30年7月、殺人容疑での逮捕に踏み切った。
同病院では、事件の約3カ月前から被告が担当していた4階だけで入院患者約50人が死亡。1日に5人が亡くなることもあった。被告は「20人ぐらいに消毒液を入れた」と供述したが、遺体をはじめとした証拠類はすでに残っておらず、起訴できたのは3件の殺人罪と、5つの点滴袋に消毒液を混入した殺人予備罪だった。
被告は取り調べで「勤務中に患者が亡くなると、遺族が説明に納得してくれるか不安だった」などと動機を説明したが、公判で証言が覆る可能性もはらむ。捜査関係者は「自分のやってしまったことの重みに真摯(しんし)に向き合ってほしい」と話す。被害者の興津朝江さん=当時(78)=の姉は29日、初公判を前に「私は93歳になるが、この裁判を見るまでは生きなければとの思いで過ごしてきた。なぜこんなことが起きたのか、きちんと見届けたい」とコメントした。
(産経新聞の記事から引用)

犯行動機としては、「患者が死亡した場合病棟の看護師が患者の家族に説明しなければならず、それが負担だった。なので、夜勤時に点滴薬に消毒薬を混ぜ、自分の夜勤明けに患者が亡くなるようにした」と久保木被告は説明しているようです
これがどうにも不可解で、通常は患者が死亡した場合、担当医師が家族に説明すると思うのですがどうなのでしょう?
それに大口病院は末期患者を受け入れている病院であり、患者の家族は回復の可能性がないと知りつつ、最後の場として入院させているのでは?
だから殺害しても構わないとは言いません。が、おそらくは患者が亡くなった場合、「十分な医療を施したのか?」と切れて看護師や医師に食ってかかる家族が少数ではあってもいるのでしょう
大口病院が本来は医師の役割である家族への説明を、看護師に押し付けていたとも考えられるのですが、自分にはよく分かりません
ただ、久保木被告も家族への説明が嫌だというのなら、別の病院に勤務するという選択肢もあったわけで、大口病院に勤務して患者を殺害し続けた理由・事情が不明です。裁判で明らかにされるのでしょうか?

(関連記事)
大口病院不審死 無期懲役判決への疑問と批判
https://05448081.at.webry.info/202111/article_18.html
大口病院不審死 3人殺害しても無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202111/article_16.html
大口病院不審死 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202110/article_39.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果(その2)
https://05448081.at.webry.info/202110/article_34.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果
https://05448081.at.webry.info/202110/article_26.html
大口病院不審死 久保木被告は心神耗弱だったのか?
https://05448081.at.webry.info/202110/article_17.html
大口病院不審死 公判で久保木被告が犯行認める
https://05448081.at.webry.info/202110/article_3.html
大口病院不審死 初公判は10月の予定
https://05448081.at.webry.info/202106/article_3.html
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
https://05448081.at.webry.info/201911/article_32.html
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
https://05448081.at.webry.info/201812/article_7.html
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
https://05448081.at.webry.info/201809/article_10.html
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
https://05448081.at.webry.info/201609/article_28.html
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
https://05448081.at.webry.info/201902/article_20.html
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
https://05448081.at.webry.info/201902/article_2.html
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
http://05448081.at.webry.info/201708/article_26.html
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
http://05448081.at.webry.info/201005/article_45.html
代理ミュンヒハウゼン症候群の補足
http://05448081.at.webry.info/200905/article_38.html
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
http://05448081.at.webry.info/201603/article_24.html
看護師4人による保険金殺人事件を考える2 同性愛
http://05448081.at.webry.info/201010/article_16.html
看護師4人による保険金殺人事件を考える
http://05448081.at.webry.info/201002/article_40.html
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
https://05448081.at.webry.info/201803/article_23.html
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
http://05448081.at.webry.info/201602/article_24.html
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
http://05448081.at.webry.info/201602/article_25.html
老人ホーム睡眠薬殺人 最高裁の判斷は?
https://05448081.at.webry.info/202012/article_20.html
老人ホーム睡眠薬殺人 控訴審で差し戻し判決
https://05448081.at.webry.info/201912/article_29.html
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
https://05448081.at.webry.info/201812/article_4.html
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)
https://05448081.at.webry.info/201906/article_6.html

3歳児に熱湯を浴びせて殺害 91回母親と面談?

母親の同棲相手である男に熱湯を浴びせられ、3歳の男児が死亡した件の続報です
摂津市はいまだに、「適切な対応をしていた」と呪文のごとく繰り返しているわけですが、それで殺害された男児が生き返ったりはしません
つまり、責任逃れに終止しているわけです
メディアの追及に反論したい気持ちもあるのでしょう。摂津市は男児の母親と91回も面談していると主張しています
しかし、「91回も面談して今回の殺害事件を防げなかったのか?」、「91回、面談で何をしていたのか?」と言いたくなります
目的のない面談を91回したところで虐待は防げない、という見本です


大阪3歳児殺害 母親と面会90回超 摂津市、容疑者とは1度のみ
大阪府摂津市のマンションで8月、新村桜利斗(にいむらおりと)ちゃん=当時(3)=が熱湯をかけられ死亡した事件で、桜利斗ちゃんの保育にからみ、市が90回以上にわたり母親と面談していたことが28日、市などへの取材で分かった。頻繁な面談にもかかわらず、市は母子が母親の交際相手の松原拓海(たくみ)容疑者(24)=殺人容疑で逮捕=と同居していたことを把握していなかった。松原容疑者の逮捕から29日で1週間。市や府は当時の対応に問題がなかったか検証する方針だ。
市によると、母子が大阪府泉南市から摂津市へ転入した平成30年10月以降、母親が若く出産したことなどから、養育支援など継続的な見守りが必要な家庭として月に数回面談。自宅や市役所などでの面談はこれまで91回に上り、母子の健康状況などを確認した。
松原容疑者が母子と同居を始めた今年5月以降、複数の知人から「桜利斗が殺される」などと相談が相次いだ。市は同月、母子への面談で桜利斗ちゃんに目立った傷がないことを確認。さらに松原容疑者と面談して虐待をやめるよう警告し、「もう手を出さない」と約束させた。だが、松原容疑者との面談はこの一度きりで、市や児童相談所は松原容疑者が母子と同居していた実態までは把握していなかった。
一方、市は母親が第三者からの暴力を防げていないなどとして、「ネグレクト(育児放棄)」と判定していた。ただ、桜利斗ちゃんの体に傷がないことなどから「緊急性は低い」として、引き続き市を中心として母子を見守ることにした。市が桜利斗ちゃんと最後に会ったのは事件の約2カ月前で、一度も個別面談は実施しなかった。
摂津市の森山一正市長は28日記者会見を開き、「自治体としての役割は果たしていたつもりだが不十分だった可能性はある。どこに問題があったのか、今後検証していく」と話した。
行政機関が虐待の疑いがあると把握しながら、死亡事件に発展するケースは後を絶たない。とりわけ今回の事件では、大阪府摂津市が母親と繰り返し面談したにもかかわらず、未然に防げなかった。専門家は「踏み込んだ調査がなければ、本当の生活実態は見えてこない」と指摘する。
(産経新聞の記事から引用)


乱暴に結論付けると、「男に夢中になってこどもを顧みない母親に何を言っても無駄であり、男児を救うことはできない」という話です
行政側がどのように対処しようとしていたのか、最終的な落とし所をどう設定していたのかが見えてきません。摂津市の担当者は落とし所(保護するための手段。養護施設に保護するとか、里親に預けるとか)を設定した上で母親らと面談を重ねたのではない、と推測されます
何となく顔合わせをし、育児の様子を聞き取り、それを記録として残す。仕事をしているフリかよ、と突っ込みたくなります
しかも摂津市は前の会見で、「母親は育児放棄状態になった」と認定したしたかのような発言をしています
「育児放棄の状態」にあると認定したなら面談を繰り返すのではなく、まずこどもを保護するべきでしょう。なぜ、その段階で保護しなかったのか不思議です
摂津市の釈明はすべて後付であり、メディアの追及をかわすために理屈をこねているだけでは?
行政の仕事というのは漫然と構えて過ごすのではなく、行政としての落とし所を設定しそこへ向けて調整する作業です。摂津市の担当者はそこを理解していなかったのでは。もちろん、それは担当者の責任に限らず、上司である課長や部長が部下に仕事の処理の仕方を指導できていない現れです

(関連記事)
3歳児に熱湯を浴びせて殺害 母親も暴行で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202110/article_48.html
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
保育園バスで置き去り 男児死亡
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親