大口病院不審死 久保木被告は心神耗弱だったのか?

産経新聞の特集記事「点滴連続死初公判詳報」(3)「患者の家族から責められ過食、睡眠薬も」弁護側指摘
から引用します。前回のブログの記事で取り上げた時事通信の報道と中身は同じですが、こちらの方が詳しく書かれていますので、読んでいきましょう


《横浜市の旧大口病院(現・横浜はじめ病院、休診中)で平成28年、入院患者3人の点滴に消毒液を混入し中毒死させたとして、患者3人に対する殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の初公判が続いている。検察側の冒頭陳述は30分ほどで終わり、弁護側の冒頭陳述が始まった》
《弁護人が説明を始めると、久保木被告は顔を上げ、要点のスライドが映し出されているとみられる目の前のモニターに視線を向けた。金縁メガネをかけ、グレーのスーツに身を包んだ姿は、逮捕前に報道陣から直撃取材を受けていたころの面影はなく、弁護団の一員のようにも見える》
弁護人「事実に争いはなく、この裁判の争点は責任能力の程度と量刑です」
《裁判員に向けてこう呼び掛けた弁護人は、まず責任能力について、意見が対立する2人の医師の所見を読み上げた》
《起訴前に鑑定した医師は久保木被告について、生まれつき強いこだわりを持つなどの特徴がある「自閉スペクトラム症」ではあるものの、犯行に影響は及ぼしていないと診断。これに対し、起訴後に弁護側の求めで鑑定を行った医師は、犯行当時、被告は統合失調症に罹患(りかん)し、心神耗弱状態であったなどと診断したことが紹介された》
《弁護人は次に、久保木被告の経歴について話し始めた。平成17年4月に看護専門学校に入学し、20年4月に看護師の国家試験に合格。横浜市内の別の総合病院に就職し、23年からは障害者病棟に配属された。ここで患者の死に接し「自分の看護が行き届かずに患者が死んだ」と悩むようになる。26年4月、抑鬱状態が続き休職。その後復帰して系列の診療所で働き始めたが、27年4月に退職し、同5月から大口病院で働くことになった》
《その後、28年3月に大口病院で患者が死亡した際、久保木被告は家族から「この看護婦が殺した」と罵倒されたという。弁護人は、被告がショックを受け、菓子を過食したり、睡眠薬を大量摂取するなどの行動を取るようになったと明かした。被告はしきりに目をしばたたかせ、弁護人の説明を聞いている》
《そして、同年9月に犯行に及び、その年の末にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断された。30年に逮捕された後、鑑定入院した際には、同じように入院していた患者の耳に洗剤を入れる問題行動を起こす。2度目の鑑定入院中だった令和元年9月にも、便器に雑誌を詰め込んで部屋を水浸しにする問題を起こした。同年12月には、収容されている横浜拘置支所内で「殺してやる」という幻聴により、壁を蹴り続けるなどした。法壇に横一列に座る裁判員らは、弁護人の説明に熱心にメモを走らせている》
弁護人「被告の責任能力をどう判断するかには、7つの着眼点がある。動機了解の可能性があったか、犯行に計画性があったかなどを考慮していただきたい。冒頭陳述の要旨に7つの着眼点についてメモ欄を設けたので、利用してほしい」
《弁護側は、裁判員らにこう呼びかけると、続いて2つ目の争点である量刑についての説明を始めた。ここでも、異なる2人の医師の所見を挙げ、一方の医師が、亡くなった被害者3人のうち興津朝江さん=当時(78)=は点滴に消毒液を入れられたことによる中毒死だが、西川惣蔵(そうぞう)さん、八巻信雄さん=ともに同(88)=は中毒に加え、肺炎など元々の疾患が死因だったとしたことを指摘した》
《最後に弁護人は、久保木被告がどうして犯行に及んだのか、今後、父親の証人尋問や本人への被告人質問を通じて明らかにしていくとした。冒頭陳述が終わると、裁判長は今後の公判日程を読み上げ、休廷を告げた。被告は席に座り、傍聴人が退廷する様子に時折、目をやっているように見えた》
(産経新聞の記事から引用)


事件当時だけ、都合よく統合失調症の症状が表出するものなのかどうか?
「犯行は統合失調症によって自己統制機能が著しく減退した状態で起きたのであり、被告は責任能力は問えない心神耗弱にあった」と主張しているわけですが、どうなのでしょう
上記の記事によれば、1度目の精神鑑定では他の入院患者の耳に洗剤を入れたとあり、2度目の精神鑑定では便器を詰まらせ水浸しにし、横浜拘置所では壁を蹴り続けていたと問題行動が指摘されています
もちろん、統合失調症など精神疾患の患者さんの行動はさまざまであり、簡単に比較できるものではありません。ただ、自分の経験からすれば久保木被告の行動はさほど深刻な状態だとは思えないのです。壁一面に自分の便を塗りたくったり、便を食べたり、大声でわめきながら壁に頭を打ちつけ続けたりという症例を自分は体験していますので、久保木被告のそれは随分と大人しいようにさえ感じます
ましてや点滴に消毒薬を混入させて入院患者を殺害する犯行を繰り返しながら、看護師としての仕事をこなしている人間が、心神耗弱であるとは思えないわけで
記事にあるように、障害者病棟に勤務していた久保木被告が入院患者の死に直面し、心的な外傷を抱え込んでしまったのはあり得るとしても、そこから連続殺人に至るというのは話が飛躍しすぎでしょう。その間、久保木被告に何かがあって、心が壊れていったのかどうか?
最後に、弁護人は犯行に計画性がないと主張したいようですが、点滴薬に薬剤を混入させ、自分が退勤した後に患者が死亡するよう仕組む犯行は十分に計画性があると言えるのではないでしょうか?

(関連記事)
大口病院不審死 無期懲役判決への疑問と批判
https://05448081.at.webry.info/202111/article_18.html
大口病院不審死 3人殺害しても無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202111/article_16.html
大口病院不審死 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202110/article_39.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果(その2)
https://05448081.at.webry.info/202110/article_34.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果
https://05448081.at.webry.info/202110/article_26.html
大口病院不審死 公判で久保木被告が犯行認める
https://05448081.at.webry.info/202110/article_3.html
大口病院不審死 20人殺害と語る久保木愛弓の裁判は
大口病院不審死 初公判は10月の予定
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
https://05448081.at.webry.info/201911/article_32.html
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
代理ミュンヒハウゼン症候群の補足
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
看護師4人による保険金殺人事件を考える2 同性愛
看護師4人による保険金殺人事件を考える
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
老人ホーム睡眠薬殺人 最高裁の判斷は?
老人ホーム睡眠薬殺人 控訴審で差し戻し判決
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)