大口病院不審死 公判で久保木被告が犯行認める

患者の点滴に消毒薬を混入させ殺害した疑いで起訴された元看護師久保木愛弓被告の初公判が開かれ、起訴事実を認めています
幾つものメディアの記事を読み比べたのですが、時事通信の記事は弁護側が起訴事実は争わないものの被告の責任能力を問題視し、減刑を狙う構えを示したと書いていますので以下、引用します
3人殺害と5人の入院患者に対する殺人予備罪に問われていますので、すべて有罪となれば死刑判決がくだされる可能性があります。弁護側が被告の責任能力で争う展開になるのは予想されたとおりです


横浜市の大口病院(現横浜はじめ病院)で2016年、入院していた70~80代の患者3人の点滴に消毒液を入れ殺害したとして、殺人罪などに問われた元看護師久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判の初公判が1日、横浜地裁(家令和典裁判長)であった。
久保木被告は「すべて間違いありません」と述べ、起訴内容の事実関係を認めた。弁護人は刑事責任能力を争う方針を示した。
久保木被告は捜査段階で3人の殺害を認め、「自分の勤務時に容体が急変したり死亡したりした場合、家族に納得してもらえるか不安だった」などと動機を供述していた。横浜地検は被告を鑑定留置して事件当時の精神状態を調べ、責任能力を問えると判断した。
検察側は冒頭陳述で、患者の家族に責められることへの不安のため、点滴袋への消毒液混入を繰り返すようになったと指摘。起訴前の精神鑑定の結果などから、被告には軽度の自閉スペクトラム症の特性があったものの、正常な心理で行動しており、完全責任能力があったと主張した。
弁護側は、起訴後に行われた精神鑑定を根拠に、被告は統合失調症の著しい影響下にあり、心神耗弱状態だったと反論。3人のうち症状の重かった男性患者2人については、病気に伴う肺炎なども死因になったと訴えた。
公判では、精神鑑定に当たった医師らの証人尋問が予定されている。22日に論告求刑と最終弁論があり、判決は11月9日の予定。
(時事通信の記事から引用)


記事を読むと、久保木被告は起訴前に精神鑑定を1度受け、責任能力に問題はないとの鑑定結果を受けて起訴されたわけです。が、起訴後の弁護人や裁判官を交えた争点整理の場で弁護人が最初の鑑定結果に異論を提起し、裁判所の職権で2度目の精神鑑定が行われたのでしょう
公判ではこの2つの鑑定結果を巡って攻防が展開され、久保木被告が犯行時統合失調症の影響で善悪を判断する能力が減退していた、と認められたなら、死刑ではなく無期懲役刑の判決が下されるのかもしれません
久保木被告がサイコパスで、患者が悶え苦しみながら死んでゆく様を眺めて愉悦に浸る異常者であるなら、入院患者を殺害し続けるのでしょうが、そうではないようです。ならば、患者を殺害し続けるメリットというものが思い浮かびません。何の得にもならないのに患者を殺害し続けるものなのか?
前回も述べたように、患者が死亡した場合、看護師が家族に説明しなければならないというのは確かに心理的負担です。さらに夜勤明けでヘトヘトになっているところで家族の到着を待ち、病状やら医療措置の説明をして納得してもらう…のであれば、さらなる残業を余儀なくされるのでしょう。それを回避したいとの気持ちは理解できるにしても、殺人を続ける理由としては弱いのでは?

(関連記事)
大口病院不審死 無期懲役判決への疑問と批判
https://05448081.at.webry.info/202111/article_18.html
大口病院不審死 3人殺害しても無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202111/article_16.html
大口病院不審死 死刑求刑
https://05448081.at.webry.info/202110/article_39.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果(その2)
https://05448081.at.webry.info/202110/article_34.html
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果
https://05448081.at.webry.info/202110/article_26.html
大口病院不審死 久保木被告は心神耗弱だったのか?
https://05448081.at.webry.info/202110/article_17.html
大口病院不審死 20人殺害と語る久保木愛弓の裁判は
大口病院不審死 初公判は10月の予定
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
代理ミュンヒハウゼン症候群の補足
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
看護師4人による保険金殺人事件を考える2 同性愛
看護師4人による保険金殺人事件を考える
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
老人ホーム睡眠薬殺人 最高裁の判斷は?
老人ホーム睡眠薬殺人 控訴審で差し戻し判決
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)