岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」

2004年に岡山県津山市内で小学3年生の女児を殺害した容疑で起訴された勝田州彦被告の公判が続いています。判決まで26回もの公判が予定されており、検察側は次々と証人を出廷させ、勝田被告が犯人であると強く印象付ける作戦のようです
勝田被告が逮捕される前、任意で事情聴取をした岡山県警の警察官が証言に立ち、さらにはこれも逮捕前に勝田被告が母親に宛てた手紙の中で、女の子の首を絞めたと書き記してあった件が公判で明かされています
NHKの記事を2本、貼ります


平成16年9月、津山市の住宅で小学3年生の女の子が首を絞められ、腹などを刺されて殺害され、事件から14年近くがたった平成30年、別の事件で服役中だった勝田州彦被告(42)が、殺人などの罪で逮捕・起訴されました。
被告の裁判は今月から岡山地方裁判所で始まり、12日の証人尋問で取り調べを担当した警察官が出廷しました。
警察官は検察側の質問に対して、逮捕のおよそ半年前に事件について任意で複数回、取り調べをおこなった際、被告がみずから「津山市内で鍵のかかっていない家に入り、30秒から1分くらい女の子の首を絞めた。苦しむ姿を見たかった」などと関与をうかがわせる内容を話した経緯を説明しました。
そして「現場付近の図面や家の間取りを書いてもらうと、事件と合致するような内容だったのでびっくりした」と証言しました。
勝田被告はその後、供述を一転させ「犯行現場には行っていない」などと裁判では無罪を主張していて、警察官の証言をじっと聴き入っていました。
警察官への証人尋問は、13日も行われる予定です。
(NHKの記事から引用)


17年前、津山市の住宅で小学3年生の女の子を殺害したとして、殺人などの罪に問われている被告の裁判で、18日検察は、被告が逮捕前、母親に送った手紙を証拠として示し「女の子の首を絞めた」などという内容が記されていたことを明らかにしました。
平成16年9月、津山市の住宅で、小学3年生の女の子が首を絞められ、腹などを刺されて殺害され、事件から14年近くがたった平成30年、別の事件で服役中だった勝田州彦被告(42)が、殺人などの罪で逮捕・起訴されました。
18日、岡山地方裁判所で行われた裁判の証拠調べで、検察は被告が逮捕の半年前に母親に送った手紙を読み上げました。
手紙には「あの日のこと」という書き出しで、津山市で1人で下校している女の子のあとをつけて、家に上がったことなどがつづられ「苦しむ顔が見たくなり、首を1分間くらい絞めました。女の子の顔を見たら土気色になっていました。怖くなったので慌てて逃げました」などと、関与をうかがわせる内容が記されていたということです。
一方、手紙には「女の子」が誰なのか特定できる情報はなく、首を絞めること以外はしていないとも書かれていました。
勝田被告はその後、警察の取り調べで関与を認めたものの、供述を一転させ、裁判では「犯行現場には行っていない」と無罪を主張しています。
(NHKの記事から引用)


津山市の殺人事件で逮捕される半年前に、勝田被告が母親宛ての手紙に書いた犯行をほのめかす内容は、犯人しか知らない秘密の暴露に当たるのでしょう。勝田被告はその後、津山市の殺人事件で逮捕されてから供述をひっくり返し、「自分はやっていない」と主張し続けているわけですが、積極的に無罪を証明できる材料はありません。「犯行現場となった津山市には行っていない」と言いはるものの、犯行当日どこで何をしていたか、証言できる人物はいません。津山市に行っていないのなら、その日はどこに居たのか?
以前取り上げた今市女児殺害事件でも、勝又被告が女児殺害をほのめかす内容の手紙を母親宛に出しており、それが有力な証拠となりました
公判はまだ続きますので、検察はまだ隠し玉を用意しているのかもしれません

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認
https://05448081.at.webry.info/202201/article_8.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑
https://05448081.at.webry.info/202111/article_42.html
岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘
https://05448081.at.webry.info/202111/article_26.html
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
https://05448081.at.webry.info/202111/article_11.html
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
https://05448081.at.webry.info/202110/article_53.html
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半