冤罪確定事件でも犯人扱い 滋賀県警本部長更迭

湖東記念病院事件で男性患者の呼吸器を抜き、死亡させたとして有罪判決を受けた元看護助手の西山美香さんは和歌山刑務所に12年服役した後、再審によって無罪が確定しました

誤審による冤罪と確定した以上、国や滋賀県(逮捕し、取り調べを行ったのが滋賀県警)に損害賠償請求の訴訟を提起するわけですが、滋賀県警は「捜査は適正に行われた」と主張し、「犯人は西山元受刑者しかいない」とする申立書を提出したため、大問題になりました
西山さんと弁護人の抗議を受け、滝沢依子滋賀県警本部長が会見して「西山さんを(いまだに)犯人と決めつける申立書を提出したのは間違いだった」と謝罪しています。ここまで、当ブログの前回の記事で書きました
しかし、事態はそれで収まらなかった、というのが今回の話になります
まず、朝日新聞は10月5日付けの記事で以下のように報じています


滋賀県の湖東記念病院で2003年に死亡した男性患者への殺人罪で服役後、昨年に再審無罪が確定した元看護助手の西山美香さん(41)が国と県に国家賠償を求めた訴訟で、県が5日、大津地裁に提出していた書面の一部訂正を申し立てた。西山さんの弁護団が明らかにした。書面には無罪判決を否定する表現があり、知事や県警本部長が謝罪する事態になっていた。
訂正申立書によると、訂正は7カ所。昨年3月の再審判決は患者が病死した可能性を指摘していたのに、「心肺停止状態にさせたのは、原告である」と断定した部分については、末尾に「と判断する相当な理由があった」を加えた。県警によると、有罪判決が言い渡された当時の認識だと分かるように訂正したという。
また、「取り調べ担当官に好意と信頼を寄せて虚偽の殺害行為を自白することなど、根本的にあり得ない」としていた部分は削除。再審判決の際、刑事司法関係者に捜査の改善を求めた裁判長の説諭について、「県警として承服しがたい」と主張していた部分も削除した。
西山さんは「批判を受けた部分の表現を訂正しただけで、県警の認識は何ら変わっていないとしか受け止められない。余計に傷つけられた思いだ」とのコメントを発表。代理人を務める井戸謙一弁護士も、取材に対し「書面の表現を改めたところで、県警が西山さんを犯人視する認識は変わっていない」と批判した。
問題の書面は、先月15日に提出された。2日後、三日月大造知事が会見を開き「西山さんの心を深く傷つける極めて不適切な表現があった」と謝罪。さらに28日、滝沢依子・県警本部長も県議会で「書面の表現に不十分な点があった」と訂正する考えを示し、報道陣の取材に「再審無罪判決は重く受け止めている」と釈明した。県警監察官室の担当者も「判決を真摯(しんし)に受け止めている」としており、再審無罪判決の内容については争わない方針という。
(朝日新聞の記事から引用)


最初に提出した申立書が西山さんを犯人だと断定しているのは、現場の警察官の意向を強く反映したものであり、「捜査も適正だった」といまでも信じているのでしょう
当ブログの最初の記事では、この申立書が本部長決裁を経ずに裁判所へ提出されたのではないか、と憶測を書いたのですが、実は滝沢県警本部長が申立書に目を通して上で決裁していたと判明しています。これは現場の意向に押され、申立書の書き直しを命じられなかったためと考えられます
しかし、その結果、提出した申立書は轟々たる批判を浴び、本部長は謝罪し県警監察官室も「冤罪という判決を真摯に受け止める」と白旗を挙げざるを得ませんでした。現場は不満たらたらでしょう。が、判決に逆らうような真似は公僕としてあり得ません
しかし、滝沢本部長が申立書を決裁していた事実を警察庁は重く見たのか、滝沢本部長を更迭して警察庁長官官房審議官に転出させる人事異動を発表しています。発令は10月18日付け。転属先が官房審議官ですから露骨な左遷人事ではありませんが、この時期での異動は明からに滝沢本部長の不始末を咎める意図が伺えます
官房長の下には各内局の意見を代弁する官房審議官が複数いて、政策の調整など行っています。ノンキャリアでは滅多にたどり着けないポストであり、次は局長へステップアップが期待されるポジションです。が、もしかするとこの後は警察関連の外郭団体への出向とか、海外の大使館の1等書記官として派遣され、出世コースから外れるのかもしれません

(関連記事)
冤罪確定事件でも被告を犯人扱い 滋賀県警が謝罪
冤罪確定事件でも「被告が殺人犯」と言いはる滋賀県警
豊川男児殺害事件は冤罪か? 再審請求棄却
名張毒ぶどう酒事件 再審請求認めず
毒入りカレー事件被告を悲劇のヒロインにする「週刊金曜日」
和歌山カレー事件林真須美を支援する人たち
和歌山カレー事件を冤罪と決め付けるメディア
和歌山毒カレー事件 林真須美冤罪説への疑問
筋弛緩剤事件 仙台高裁が再審請求棄却
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
恵庭女性殺人を考える 大越受刑者が刑期満了で釈放
恵庭女性殺人を考える 冤罪とされる根拠
恵庭女性殺人を考える 再審請求を最高裁は棄却

「中国がノーベル賞を取れないのは不運だから」 中国メディア

日本政府は2001年の科学技術基本計画で、「ノーベル賞に代表される国際的科学賞の受賞者を欧州主要国並に輩出すること(今後50年間にノーベル賞受賞者30人程度)」という目標を打ち出した際、中国も韓国もこれを嘲笑っていたわけですが、2021年現在で20人のノーベル賞受賞者を出しています
この成果を前に中国も韓国も慌てふためき、悔しがっているわけで、「なぜ我々はノーベル賞が取れないのか?」と題する記事を度々掲載しています
が、科学への貢献とか人類への奉仕という基本的な理念を欠いたまま、ただ栄誉ばかり求めるお国柄ですから、「ノーベル賞が取れない原因」の分析も極めて近視眼的であったり荒唐無稽なものであったりします
今回はレコードチャイナが配信した中国の研究者の言い分を紹介します


日本出身の真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞したことと関連して、アジア視覚科技(Asia Vision Technology)の研究開発責任者を務める陳経(チェン・ジン)氏が、中国がなぜノーベル賞を取るのが難しいかなどについてSNSに投稿した。
投稿文は、「21世紀に日本人は20のノーベル賞を受賞し、(50年間に)30の(ノーベル賞受賞という)目標もほらではない。一方、中国は1つだけ。日本はロシアの受賞数も超える勢いだ」とし、中国の獲得数が少ない理由については単純に「(研究への)貢献が足りないから」と指摘。「改革開放後に中国はノーベル賞を崇拝してきたものの、いくらも成果を出せずにいた」とした。
その上で、「肝心なのはノーベル賞の成果が豊富な時期に、主流の研究に参加していることであり、日本は戦後にそうしたチャンスをつかんだ。中国はと言えば、そうした研究に長年参加しておらず、典型的な発展途上国だった。他国の人が何をやっているのかさえ分からなかった。改革開放後も基礎を欠き、最前線に入れず、誰も重要な領域で重要な成果を挙げられなかった」と指摘した。
また、「2001年以降は中国の研究開発費は先進国のレベルに達したものの、まだノーベル賞級の成果が表れていない。これは議論の的になっているが、中国のハイレベル論文数は米国に次いで2位に達した。今後のノーベル賞受賞はそれほど難しくないとの見方もある」と述べている。
一方で、「中国はあまり運が良くない」とも指摘。「(中国の)研究費とハイレベルな研究者が増えると同時に、ノーベル賞級の研究の難易度もかなり上がってきている。いくつかの基礎研究の分野で発見しやすい成果が欧米や日本に持っていかれてしまったからだ」とし、「日米欧も実はなかなか大きな成果が出せなくなっており、成果を出すのが難しい時期に来ている」と主張した。
さらに、「新興学問の線引きの問題もある」とし、「コンピューターやIT、人工知能(AI)などは成果は爆発的だがノーベル委員会は認めない。工業の応用分野もそうで、中国の成果は多く、研究も必要だがいずれも認められない」とした。
そして、「中国は今後も自然科学の分野でノーベル賞を取ることは多くない」と予測する一方、「他国もそれほど重大な成果を出せていないため、今後はノーベル賞の質が問われることになる」としている。
(レコードチャイナの記事から引用)


突っ込みどころだらけの記事です。まず、「中国のハイレベル論文数は米国に次いで2位に達した。今後のノーベル賞受賞はそれほど難しくないとの見方もある」とありますが、これは単に論文が多いというだけで(中国には700近い大学が存在します)、必ずしも研究のレベルの高さを示すものではありません。中国では論文の無断コピー、剽窃が横行し、他人の研究に多少の異なる見解を付記しただけで1本、とカウントする例など、さまざまな問題が噴出しています。また、「論文がどれだけ他の研究者から引用されているか」が研究の優秀さを示す尺度にされるのを悪用し、中国国内の研究者同士で論文を引用しあって引用件数を水増しする工作まで行われています
研究の中身、質を高めるのではなく、質の高い研究をしているよう見せかける不正工作に多くの時間と労力を注ぎ込むという、本末転倒の事態があるのです
続いて、「中国はあまり運が良くない」とも指摘。「(中国の)研究費とハイレベルな研究者が増えると同時に、ノーベル賞級の研究の難易度もかなり上がってきている。いくつかの基礎研究の分野で発見しやすい成果が欧米や日本に持っていかれてしまったからだ」との言い分には呆れるしかありません
基礎研究の分野の発見も、今の時点から見れば「発見しやすい」と言えるのでしょうが、50年前の研究環境で満足な道具の測定器もない時代であればその発見は決して簡単なものではなかったのが分かります。この言い方は僻みであり、屁理屈です
中国共産党は科学技術の発展に力を注ぐより党内抗争に忙しく、反革命分子のレッテルを貼って政敵を破滅させるのに熱心だったから、と正直に言えばよいものを
そして最後っ屁のように、「他国もそれほど重大な成果を出せていないため、今後はノーベル賞の質が問われることになる」とかまし、ノーベル賞そのものに問題があるかのように責任転嫁をしているわけです
中国の研究者など、所詮はこんなレベルか、と言いたくなります(もちろん、そうでない方もおられるのでしょうが)
ともあれ、中国がいくら核兵器を製造しようと、弾道ミサイルを製造しようと、それは科学への貢献ではありませんし、人類への奉仕でもありません。科学に取り組む意味を履き違えているのであり、間違った道を歩んでいると気づくべきでは?

(関連記事)
ノーベル賞欲しがる韓国 大学研究レベルは年々低下
https://05448081.at.webry.info/202111/article_7.html
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎プリンストン大上級研究員
今年(2021年)もノーベル賞を渇望する韓国
「ノーベル賞で騒ぐ韓国は幼稚」と批判する韓国人科学者
吉野彰フェローのノーベル化学賞受賞 複雑な韓国の反応
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
文在寅大統領のノーベル平和賞に期待する韓国
ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?
韓国「ノーベル賞は公平でない。韓国も受賞できるはず」
日本人のノーベル賞に妬み炸裂 韓国メディア
本庶教授のノーベル賞に対する韓国の反応
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞を熱望する韓国
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「日本の科学力後退」とはしゃぐ韓国メディア
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国