立憲民主党「拉致被害者はみな死んだ」発言の波紋

昨日取り上げたように、立憲民主党の衆議院議員生方幸夫(比例南関東ブロック選出)が、「拉致被害者はみな死んでいる。拉致問題は解決済み」という趣旨の発言をし、大問題になっています
しかし、生方議員はツイッターで己の発言を撤回し、謝罪するコメントを発しただけで、釈明や謝罪のための会見を開いてはいません。追加の報道として、立憲民主党の千葉県連会長を辞任したと伝えられましたが、こんなものは党内の話であり、一般国民に対するけじめではありません
枝野代表も本日正午現在、生方議員に対して「厳重注意をした」だけであり、何ら処罰をしていないというのはあまりに国民を無視した態度ではないかと言いたくなります
週刊誌「女性自身」の記事から以下、引用します


《不適切な発言をしてしまいました。発言を撤回するとともに、拉致被害者の家族や関係者の皆様におわび申し上げます》
10月11日、こうツイートしたのは立憲民主党の生方幸夫議員(73)だ。
さかのぼること今年9月。『産経新聞』によると、生方議員は千葉県松戸市で行った会合で拉致被害者の横田めぐみさんについて「生きているとは誰も思っていない。自民党の議員も」「拉致問題、拉致被害者は今、現在はいないと捉えられる、政治家は皆そう思っている」とコメント。
続けて“横田さんは生きていない”とする根拠について「客観的情勢から考えて生きていたら(北朝鮮は横田さんを)帰す。帰さない理由はない」といい、「生きているのだったら何かに使いたい。1回も使ったことがないですから、残念ながら亡くなってしまっているから使いようがない」と話したという。
しかし、生方議員の発言はあくまで憶測の域を出なさそうだ。そのため、拉致被害者の家族会や支援団体は抗議することに。『NHK NEWS』によると「生方氏の発言は、すべての被害者の救出のために心血を注いできた家族と支援者などへの重大な侮辱であり、冒とくだ」とし、発言の取り消しと謝罪を求めたという。
そして生方議員はTwitterを更新し、冒頭のように“お詫び”を投稿したのだ。
■党が緊急声明を発表するなか、ブロックが波紋を呼ぶことに
しかし、被害者家族だけでなく世論からも怒りの声が。ネットでは、生方議員の発言に非難が殺到している。
《拉致被害者の家族の気持ちになったら、あんなこと絶対に言えないはず》
《使えないって言い方が何よりひどいと思う ありえない》
《怒りしかない。ひどいよ。被害者の気持ちにこれっぽっちも寄り添えない》
11日、立憲民主党は公式サイトで「緊急声明」を発表した。そこには「今般の生方議員の発言は、党としての考え方と全く相容れないものであるのみならず、拉致被害者とご家族及びこれまで拉致問題の解決に携わってこられたすべての方々を深く傷つけるものであり、本人に対して厳重に注意を行いました」とつづられている。
そんななか、新たな“火種”が起こっている。実は現在Twitterで、「生方議員を批判したらブロックされた」との声が相次いでいるのだ。ブロックされたというアカウントは、こうつづっている。
《生方幸夫氏の発言に対して抗議のリプライをした直後、時間にして約1分も経たないうちにブロックされました》
《生方氏の選挙区民です。彼に苦言を呈したらブロックされました》
《立憲民主党の生方幸夫先生にブロックされてて笑っちゃった》
発言にブロックにと、問題行為が重なっている生方議員。“発言を撤回して終わり”となるだろうか?
(女性自身の記事から引用)


記事にあるとおり、横田めぐみさんが亡くなっていると判断した根拠はあまりに貧弱であり、生方議員の憶測にすぎません。が、それは外部から批判され、党の枝野代表から叱責されて「自分の単なる憶測」だと気づいたのか、本音の部分では「拉致問題など重要ではなく、日本政府による北朝鮮敵視政策こそが問題」だと思い続けているのか判然としません
記事では生方議員の「拉致被害者はみな死んでしまった」発言を問題視しているわけですが、自分には「拉致被害者が亡くなったことにより北朝鮮との間に拉致問題は存在しない」という趣旨の発言も大問題だと思います。この発言は最近の北朝鮮の声明そっくりであり、生方議員が北朝鮮側の声明に同調し、あるいは共感した上で今回の一連の発言に至ったと考えられるのです
でなければ、衆議院議員選挙を直前に控えたタイミングでこの種の発言を公の場でするというのは考えられません
つまり、北朝鮮の声明を受けた生方議員は、北朝鮮側の意向に沿った形で「拉致被害者はみな死んでいる」発言を吹聴して回る役割を自ら務めたというのが真相なのでしょう
日本国民に、「拉致被害者なんてもういないのだ。拉致問題は解決した。あとは北朝鮮との関係を修復するため、日本は北朝鮮を敵視する政策を転換すべき」と説いて回る気だったのでしょう
さて、立憲民主党は生方議員の公認を取りやめるでもなく、このまま党の公認候補として選挙に立候補させるつもりなのでしょうか?

(関連記事)
立憲民主党の生方幸夫「拉致被害者は死んでいる」
「めぐみさんはとっくに死んでいる」発言の石井元議員を許さない
アントニオ猪木「拉致解決で幸せか?」と詭弁
「拉致問題で日本と協議するな」金正日の遺言
マツタケ輸入で朝鮮総連を強制捜査
北朝鮮 叔父をも処刑する金正恩の残忍さ
拉致問題を解決したくないのか 週刊朝日
拉致被害者はすでに死亡と田原総一郎が発言
「靖国参拝で拉致被害者が落胆」と虚偽の発言 民主党議員
飯島訪朝を非難する韓国政府
朝鮮学校への補助金 各自治体が見送り決定
北工作員、拉致問題解決で民主政権に接触」との報道
元専属料理人が講演「正恩氏、拉致解決に前向き」
菅首相の北朝鮮電撃訪問作戦
北朝鮮訪問を企てる落ち目政治家
金正男暗殺 北朝鮮の冷酷
老いゆく「よど号ハイジャック犯」 Webサイト立ち上げ

経産省キャリア官僚給付金詐欺 公判で詐欺認める

先日、テレビで「東大王」と呼ばれる人たちの登場するクイズ番組を見ました。およそ日常生活には必要もない些末な知識を問うクイズで勝負する企画です。クイズ芸人としてはそこで博識ぶりを披露すればよいのですが、実社会でどうなのか、と思ってしまいます
確かに実社会での生活でもある種の「ひらめき」は重要です
ただ、「ひらめき」を実行するかどうかは熟慮が必要であり、自分の思いつきがかならず正しいとは限りません
東大卒のキャリア官僚がコロナウィルス対策の給付金を騙し取った事件では、「簡単に騙し取れるし、バレない」と思って犯行に着手したのでしょう。しかし、その選択がどれだけ愚かなものであったのか、2人の被告はじっくりと噛み締めているのでは?
裁判で2人の被告は事実関係を争わず、決着を急ぐ構えのようです


新型コロナの持続化給付金、家賃支援給付金を総額1549万円だまし取ったとして詐欺罪に問われた経産省の元キャリア官僚、桜井真被告(28)と新井雄太郎被告(28)の初公判が11日、東京地裁(浅香竜太裁判長)で開かれ、ともに「間違いありません」と起訴事実を認めた。
拘留中の桜井被告は上下グレーのスエット姿。「新井君らに迷惑をかけ、申し訳ない気持ちでいっぱいです。申し訳ありませんでした」と頭を下げ続けた。2人は慶応高校ゴルフ部で知り合った。腐れ縁となったのは、桜井被告が知人に対し5000万円の損害賠償を求めた民事訴訟で、司法試験にも合格している新井被告が間に入り、相手方に「偽証した方がいい」と持ち掛けたところを録音されてしまったからという。桜井被告は「何やってんだ。お前のせいで民事訴訟に負けそうだ」と激怒。以来、新井被告はことあるごとに桜井被告に責められ、頭を上げられなくなった。
桜井被告は慶大卒業後、メガバンクを経て、2018年に経産省に入省。東大に進んだ新井被告は2020年に入省した。2人は「新桜商事」「バートゾーデン」というペーパーカンパニーを設立し、新型コロナで大きな被害を受けたとして新桜商事名義で家賃支援給付金549万円、持続化給付金200万円。バートゾーデン名義で家賃支援給付金600万円、持続化給付金200万円を詐取した。
謀議の場となったのは経産省地下3階のボイラー室前で、昨年12月、桜井被告は「お前のけつふきだ。家賃支援給付金を調べておけ」と命じた。今年1月の仕事始めに新井被告が新桜商事分を申請したことを伝えると、桜井被告は「バートゾーデンは600万円。マックスでやれよ」と言ったという。
桜井被告は都内の家賃50万円のタワーマンションに住み、同居する交際女性に月150万円の小遣いを渡していた。女性のクレジットカードもバートゾーデンが支払っていた。桜井被告は詐取した金で三越で598万円の腕時計を購入した。
派手な生活ぶりに今年6月、警視庁の内偵が入ったことを知ると、桜井被告はドン・キホーテでドリルとハンマーを購入。新井被告を呼び出し、経産省の地下で証拠を隠滅しようとしたが、うまくいかず、高級外車で横浜・山下公園に行き、スマホなどを山下埠頭(ふとう)から海に投棄したという。
2人は7月、経産省を懲戒免職となった。桜井被告は裁判長に職業を問われると「無職でございます」と答えた。保釈中の新井被告はスーツにネクタイ姿。廷内で2人は視線を交わすこともなかった。
(日刊スポーツの記事から引用)


桜井被告が過去に起こした金銭トラブルで訴訟になっていた、というのは初耳です。新井被告が司法試験に合格した後の話、と書かれていますので桜井被告が銀行に勤務していた頃、なのでしょうか?
民事で敗訴したのかどうかは不明ですが、おそらくは桜井被告側が不利な条件で相手方と和解したのかもしれません。これで新井被告は桜井被告に負い目を感じ、逆らえなくなったのでしょう。しかし、司法試験に合格した新井被告が偽証を持ちかけた、と記事にあるのは驚きです。偽証でもなんでもやって裁判に勝てばよいのだ、と当時から新井被告は考えていたわけです
騙し取った金のほとんどを桜井被告が手にしていた事情は分かりましたが、言われるがまま犯罪に手を染める新井被告もどうか、と思ってしまいます。当ブログの記事にも書いたように、たとえ執行猶予付き判決が出たとしても、新井被告は執行猶予期間が終了してからでないと司法修習には参加できません
むしろ、上記の記事にもあるように言われるがまま犯罪に手を染めるような人物が、司法修習を経て弁護士になるのはいかがなものか、と思ってしまいます(職業選択の自由が憲法で保証されている以上、元犯罪者であっても弁護士にはなれるわけですが)
他方、桜井被告の方も28歳でタワーマンションに住んで、外車を所有し、愛人に多額の小遣いを渡し、高級寿司店でガハハハハと食事をする必要があったのか、と思ってしまいます。それで「勝ち組」になってつもりなのでしょうか?
被害金約1600万円のほとんどを桜井被告が手にしていたのですから、賠償も桜井被告が負うべきです

(関連記事)
経産省キャリア官僚給付金詐欺 リッチな生活への憧れ
https://05448081.at.webry.info/202111/article_24.html
経産省キャリア官僚 給付金詐欺で3度めの起訴
経産省キャリア官僚 給付金詐欺で追送検
経産省キャリア官僚 コロナ給付金を詐取で逮捕
慶応大野球部鶴岡嵩大の給付金詐欺はどうなった?
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
排水管修理30万円請求 詐欺容疑で5人逮捕
https://05448081.at.webry.info/202111/article_25.html
福島県警パワハラで警察官2人が自殺
裏口入学事件 文科省局長佐野太の闇
東京医大 裏口入学毎年10人
文部省局長 収賄と息子の裏口入学で逮捕
出会い系バー通いの前川元文部次官 「貧困調査」と釈明
「出会い系バーに入り浸った」前文部省次官の釈明
文部省天下り問題 官僚が早大教授になる不思議
スタンフォード大裏口入学に7億円払った中国人
厚生省マイナンバー汚職を考える1 異色の官僚
厚生省マイナンバー汚職を考える2 中安被告ら懲戒免職
田中美絵子衆議院議員が官僚と不倫 官僚は更迭
通産官僚ブログ「復興は不要」と書いて炎上騒動
財務省福田事務次官のセクハラ発言問題
財務省福田事務次官 セクハラ否定で訴訟も
財務省福田事務次官のセクハラ テレ朝女性記者が被害
福田事務次官セクハラ被害はテレ朝進優子記者
福田次官セクハラ問題 下村元文部大臣が被害者批判で炎上
今度は厚生省局長のセクハラ発覚 戒告処分