神戸5人殺傷事件を考える 初公判で心神喪失主張

4年前の2017年、神戸市北区で包丁や金属バットを振るって5人を殺傷した竹島叶実被告の裁判が始まりました
事件から裁判まで4年もかかったのは竹島被告の精神状態が不安定で、2度の精神鑑定を実施したためでもあります
初公判で竹島被告は起訴内容を認めていますが、弁護人は「犯行当時心神喪失であり、刑事責任を問えない」と主張し争う構えです
この手の争点(刑事責任能力の有無)となる裁判では当ブログで述べてきたように、心神喪失が認められて無罪が言い渡されるケースが最近減っているように感じます。統計上の根拠に基づく話ではなく、自分の所感というレベルの話なのですが。30年前、40年前なら統合失調症という病名がつけば無罪(ただし、措置入院で精神病院へ)という扱いが多かったように思います
現在は精神疾患があっても、有罪判決を下すケースが増えている、つまり安易に心神喪失とは認めないケースが増えているように感じます。起訴前に精神鑑定を実施し、重度の精神疾患が認められて有罪に持ち込むのが困難と検察が判断した場合、不起訴にしているというのも、背景にあるのでしょう


神戸市北区の住宅地で2017年、親族と近隣住民計5人を殺傷したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職竹島叶実(かなみ)被告(30)の裁判員裁判の初公判が13日午前、神戸地裁(飯島健太郎裁判長)で始まった。竹島被告は起訴内容を認めた。弁護側は、事件当時、被告は罪に問えない心神喪失の状態だったとして無罪を主張した。
起訴状によると、竹島被告は17年7月16日朝、神戸市北区有野町の自宅で、同居していた祖母の南部観雪(みゆき)さん(当時83)と祖父の達夫さん(同)を金属バットで殴ったり、包丁(刃渡り約16センチ)で突き刺したりして殺害。母親(57)も同様に殺害しようとして、重傷を負わせたとされる。
その後、2軒隣の民家の敷地にも侵入して、辻やゑ子さん(当時79)の首などを包丁で突き刺すなどして殺害。さらに別の民家の敷地内にあるアヒル小屋にも侵入し、中でアヒルの世話をしていた女性(69)を複数回刺し、殺害しようとしたとされる。
竹島被告は、包丁と金属バットを持ち、近くの有間神社付近にいたところを現行犯逮捕された。その際、兵庫県警に「誰でもいいから攻撃しようと思った」という趣旨の供述をしたという。神戸地検は2回にわたって計約8カ月間、刑事責任能力を見極めるための鑑定留置を実施。刑事責任能力を問えると判断し、18年5月に起訴していた。
刑事責任能力は、善悪の判断や行動を制御する能力のこと。刑法39条は、この能力が著しく減退した「心神耗弱」なら刑を軽くし、能力がない「心神喪失」は罰しないと定める。
今回、「心神耗弱」にとどまるとする検察側に対し、弁護側は「心神喪失」を主張。刑事責任能力の有無や程度が争点となる。
初公判を控え、亡くなった辻やゑ子さん(当時79)の遺族と負傷した住民女性(69)が、代理人弁護士を通じて報道各社にコメントを寄せた。
辻さんの長女と長男は「事件から4年以上が経ちましたが、今なお、信じられない、悪い夢なら覚めてほしいという感覚は変わっておらず、母を失った悲しみは深まりはしても、薄れはしません」との心境をつづった。
負傷した女性は「事件のことを考えないでおこうと努めてきましたが、今でも忘れることはできません。被告人には裁判を通じて事件に向き合って、反省してほしい」と訴えた。
(朝日新聞の記事から引用)


竹島被告の犯行動機はこれまでにも、「誰でもいいから刺そうと思った」と報じられるばかりで、いまひとつはっきりしません
多くの場合は、「家族あるいは近隣住民が自分の悪口を言っている」等の被害妄想があり、あるいは誰かが自分の生活を邪魔しているとか、干渉してくるといった被害体験(それ事態が関係妄想によるものなのですが)への反撃として凶器を手にするパターンがあります
竹島被告の場合はどうだったのでしょう
統合失調症の症状がいつ頃から、どのような形で見られるようになったのか、が重要です
精神鑑定の内容等を含め、この先の公判で明らかにされるものと思われます
検察は竹島被告を起訴した以上、「統合失調症の影響はあったが限定的であり、罪を問うべき」との考えで公判に臨むはずです

(関連記事)
神戸5人殺傷事件を考える 心神喪失で無罪判決
https://05448081.at.webry.info/202111/article_9.html
神戸5人殺傷事件を考える 無期懲役求刑
https://05448081.at.webry.info/202110/article_43.html
神戸5人殺傷事件を考える 「ゾンビを殺した」
神戸5人殺傷事件を考える 初公判は10月13日
神戸5人殺傷事件を考える 2度連続の精神鑑定
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
酒鬼薔薇は「命の大切さを知らない」とする誤解
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載
神戸事件元少年Aは「絶歌」で何をしたかったのか?
宝塚ボーガン殺人 野津英滉を起訴
宝塚ボーガン殺人 家族3人殺害
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
豊川引き篭もり殺人を考える2 なぜ15年間放置されたか
豊川引き篭もり殺人を考える3 殺人事件はまれなケース
豊川引き篭もり殺人を考える4 殺人未遂のケースは多発?
豊川引き篭もり殺人を考える5 インターネット依存という誤解
豊川引き篭もり殺人を考える6 引き篭もりは精神病?
豊川引き篭もり殺人を考える7 責任能力で論争
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告起訴も初公判はまだ
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
今も存在する戸塚ヨットスクール
突撃おばさん
突撃おばさん その2

甲府放火殺人 19歳少年を逮捕

昨日(12日)の未明に起きた甲府市の放火殺人事件で、現場から逃走していた容疑者が警察に出頭し逮捕されています
最初は強盗殺人かとも思われたのですが、強盗が家人と鉢合わせして殺害し、さらに証拠隠滅のため住宅に火を放つという事件はそう滅多に起きるものではありません。言うまでもなく重罪であり、死刑が科せられる可能性が高いのですから
今のところの報道では、殺害された井上さんの娘2人は逮捕された少年と面識はない、とされます。しかし、少年の方が娘の方を知っており、家へ侵入したところを両親に見咎められ殺害に至った、とも考えられます
今後の捜査で明らかになるのを待ちましょう


甲府市蓬沢の井上盛司さん方が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった事件で、山梨県警は13日、同市の少年(19)を井上さんの娘に対する傷害容疑で逮捕したと発表した。調べに対し、少年は容疑を認めるとともに、井上さん方に放火したことをほのめかす供述をしており、県警は現住建造物等放火容疑でも調べている。
発表などによると、少年は火災発生直前の12日午前3時45分頃、井上さん方で、井上さんの10歳代の娘の頭を殴ってけがを負わせた疑い。県警が防犯カメラの映像をもとに、この少年を特定して行方を追っていたところ、12日夜に出頭してきた。少年は顔にやけどを負い、指をけがしていたという。
焼け跡から見つかった遺体は損傷が激しく、県警は身元や死因を特定するため、13日に司法解剖を行う。連絡が取れていない井上さん夫婦の可能性が高いとみられる。
火災は12日午前3時50分頃に発生。井上さん方は夫婦(50歳代)と娘2人(10歳代)の4人暮らしで、出火当時は全員が在宅していた。同3時半頃、2階で寝ていた妹が人が争うような声を聞き、1階に下りたところ、不審な男と鉢合わせし、逃げた際に後ろから襲われた。娘2人は2階のベランダから外に逃げ、110番した。
(読売新聞の記事から引用)


事件の背景が明らかになるのはこれからですが、容疑者の少年が自首してきたのは無視できないと思われます
刑法第42条1項には、「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」との規定があります
今回は厳密に言うと、捜査機関に犯行が発覚した後になって警察に出頭していますので自首とは言い難い部分があるわけですが、裁判では弁護人が自首したのだから刑法の規定に則り減刑すべき、と主張するでしょう
ただ、自首したから必ず減刑という扱いはなく、情状の部分で自首=罪を反省していると斟酌するかどうかにかかっています。本件の場合、井上さん夫妻を殺害した上で放火しており、死刑が求刑されてもおかしくない凶悪事件です。弁護人はあらゆる手を使ってでも死刑を阻止しようとするはずですから、自首した事実を強調し罪一等を減じるべし、と頑張るはずです
検察は犯行の凶悪さと、娘をも殴打していること=殺人未遂と解釈し、死刑を求刑するのは確実です。家に火を放ったのも、二階のどこかに隠れいている娘を殺害する目的があったと推認し、強い殺意に基づく犯行だと主張するでしょう

(関連記事)
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
https://05448081.at.webry.info/202110/article_40.html
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
https://05448081.at.webry.info/202110/article_32.html
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
https://05448081.at.webry.info/202110/article_27.html
静岡女子大生殺害 同じ学部の学生が犯人
https://05448081.at.webry.info/202007/article_12.html
静岡女子大生殺害 懲役20年の判決は妥当か?
https://05448081.at.webry.info/202107/article_22.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える1 幼なじみ
http://05448081.at.webry.info/201511/article_22.html
町田 読者モデル女子高生殺害事件を考える2 どこまでが発達傷害なのか
https://05448081.at.webry.info/201511/article_35.html
稲美町放火殺人 殺意をもって放火した未必の故意
https://05448081.at.webry.info/202112/article_2.html
稲美町放火殺人 逃走していた伯父を逮捕
https://05448081.at.webry.info/202111/article_41.html
藤沢ストーカー殺人(昭和57年) 藤間静波死刑囚
https://05448081.at.webry.info/202110/article_24.html
千葉印西市放火殺人 判決はどうなったか?
千葉印西市放火殺人 3人のうち2人が無罪主張
千葉印西市放火殺人 男女4人逮捕
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
台東区放火殺人の高校生 懲役4年以上7年以下判決
台東区放火殺人の高校生 嘱託殺人で家裁送致
台東区放火殺人で高校生逮捕
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
日立母子殺害を考える 死刑求刑
日立母子6人殺害を考える 無罪主張と処刑願望と
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行