中国映画 朝鮮戦争を美化した「長津湖」

殺人事件の話題ばかり続きましたので、ちょっと空気を変えましょう
久しぶりにエンターティメントの話題を取り上げます
中国では建国を祝う国慶節の週、映画館では愛国を訴える作品が人気を集めたと報じられています。まあ、いつものプロパガンダです
中でも朝鮮戦争を舞台に、中国義勇軍が北朝鮮支援のため参加した戦闘「長津湖の戦い」を描いた作品が特に観客を集めたのだとか
朝鮮戦争において中国は中立の立場を表明していたのですが、アメリカ軍を主力とした国連軍が北朝鮮軍を押し返したのを見て態度を変え、中国国内に居住する朝鮮族からなる義勇軍を派遣します。もちろん義勇軍というのは建前で、中身は中国人(漢族)の兵士からなる正規軍です
彼らが暴虐の限りを尽くす国連軍に奇襲攻撃を成功させ、撃退する様を描いたのが映画「長津湖」です
この作品がでたらめなプロパガンダであると韓国が反発している、との記事をレコードチャイナが配信しています


ドイツメディアのドイチェ・ベレは15日付で、中国国内で大ヒットした朝鮮戦争を描いた「長津湖」に対して、韓国では「歴史を歪曲」、「危険だ。一般の中国人は、これが宣伝だと知ることができない」などとして、強い反発が発生していると紹介した。
作品が扱ったのは、1950年11月末から12月にかけて発生した「長津湖の戦い」だ。この戦いは、米軍を中心とする国連軍と中国人民志願軍の初めての交戦だった。国連軍はそれまでに、北朝鮮軍を中朝国境近くまで追いつめていたが、中国の参戦により国連軍は大きく後退せざるをえなくなった。
「長津湖」は中国国内で興行収入の記録を更新しつつあり、全世界における2021年通年の興行収入トップになる可能性が出てきたという。
ドイチェ・ベレ記事によると、多くの韓国人は同作品について「中国政府が資金援助した、事実とは異なる歴史に満ちた、もう1本の宣伝映画だ。その目的は、若い世代に強烈な愛国感情を呼び起こすことだ」と見なしているという。
「もう1本」というのは、同じく朝鮮戦争を扱った映画作品で、2021年9月に韓国国内で公開予定だった「金剛川」(邦題:バトル・オブ・ザ・リバー 金剛川決戦)が、韓国の退役人員と政治家からの強烈な反対により公開が取りやめになったことによる。
ドイチェ・ベレ記事によると、ソウル市内で国際業務を扱う法律事務所に勤務する韓国人女性は「中国は経済面で強大であり、隣国に対してますます攻撃的になっている。中国人は、強大な国力は歴史を変える権利を持つと考えているように思える」、「この作品は、中国軍が朝鮮戦争の重要な戦いで、犠牲を顧みずに最終的に米軍の阻止に成功したことを描写しているが、戦争は朝鮮軍の南への侵攻で勃発したことについて、ほとんど説明していない」と批判したという。
また、戦争勃発時には10歳だったという韓国の元外交官は、同作品を「うそ八百のプロバガンダ」と批判。さらに「中国軍は北朝鮮のために戦って米国の侵略を阻止したと言うが、中国中央は自らの利益のために行動したのだ。彼らは国境の向こうの朝鮮半島が、米国の支援を受けて統一されることを望んでいなかった」と指摘した。
記事によると同元外交官は、「中国当局は戦争前と戦争時期に発生したことを変更しようとしている。とても危険だ。なぜなら、一般の中国人はこれがプロバガンダと知ることができないからだ」と指摘し、さらに自分自身が住んでいた村やその周辺地域の人々は戦闘をはっきりと覚えており、「われわれ韓国人は、北朝鮮人と中国人による攻撃と侵略に遭遇したと知っている」と述べたという。
(レコードチャイナの記事から引用)

The Battle at Lake Changjin 「長津湖」


中国側は長津湖の戦いで連合軍兵士(主力は米海兵隊第1師団、米陸軍第3歩兵師団ら10万人)のうち、1万4千人を戦死させたと発表しています
上記の映画では描かれていないのでしょうが、中国側の戦死者も約3万人とアメリカ軍は公表しており、決して中国軍の一方的な勝利とは言い難い戦闘だったのでしょう
朝鮮戦争における中国軍の犠牲者は最終的に11万人以上(中には40万人の戦死者が出た、と推計する人もいます)であり、これは数で圧倒しようという人海戦術方式のため、戦死するのも構わず兵員をどしどし投入したためです
また、民間人の犠牲者が多かったのも朝鮮戦争の特徴で、南北併せて200万人以上が犠牲になっています
戦闘の激しさの例としては、米軍が太平洋戦争中に日本を空爆した際に使った爆弾の3倍の量を、朝鮮戦争では使っています。空爆の対象は敵陣地のみならず、町や村など民間施設も含んでおり、徹底した破壊が行われたのです
韓国の人々にすれば、朝鮮戦争は国連軍の参戦によって金日成を追い詰め勝利を迎えるはずだったのに、中国軍の参加によって泥沼化した戦いであり、これを中国が映画で美化するなどとんでもない、との思いがあるのでしょう
「たかが映画くらいで」とは済まされない因縁があるわけです

(関連記事)
大コケした統一教会制作の朝鮮戦争映画「仁川(インチョン)」
中国映画「トゥーランドット」大コケ
対日勝利を描いた映画「鳴梁」が韓国で大ヒット
日本人暗殺を描く韓流映画「暗殺」 7月に東京で公開
韓国映画「マイウェイ」大コケ
日本を核攻撃する韓国映画「ムクゲの花が咲きました」
2007年の最低映画 韓国の「D-WARS ディー・ウォーズ」
韓国が勝手に映画化した「北斗の拳」実写版
韓国のパクリ映画「リザレクション」
日本アニメ原作の映画「Blood:The Last Vampire」世界でコケまくる
韓国映画「シュリ」大成功の光と影
「東洲斎写楽は韓国人ニダ」説の映画化
BoAのハリウッド進出映画 3年で完成、公開
これが中国の抗日アニメ「鶏毛信」
中国の抗日戦勝アニメ 少年義勇兵大活躍
中国 「夏はやっぱり抗日アニメ」

池袋暴走事故 90歳で刑務所に収監

池袋で暴走事故を起こし、禁錮5年の実刑判決が確定した飯塚幸三被告が東京地検に出頭し、東京拘置所に収監されました。今後、拘置所内で身体の状態など診察を受け、服役生活に問題がないと判断されれば受刑生活が始まります。関東地方で交通事犯で収容される場合は市原刑務所に送られる場合が多いのですが、飯塚被告は持病の治療が必要ですから東京都昭島市にある東日本成人矯正医療センターに送られるものと推測します
一部のメディアは90歳になる飯塚被告が刑務所に収監されることはない、との記事を掲載していました。ですが、よほどの重篤な病人でもない限りは、高齢者といえど例外なく刑務所に収監されます


2019年の東京・池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した旧通産省工業技術院元院長の飯塚幸三元被告(90)は12日、東京地検に出頭し、東京拘置所に収容された。出頭前、支援者を通じ「暴走は私の勘違いによる過失。ブレーキとアクセルを間違えた結果だった。過失を反省するため、刑に服してまいりたい」と初めて過失を認めるコメントを出した。
正午すぎ、自力歩行できない元被告は運転手らに支えられながら自宅の駐車場でタクシーに乗り込んだ。帽子を深くかぶり表情はうかがえず、報道陣が車内にカメラを向けると右手で顔を隠した。車は検察庁に向かった。
支援者によると、自宅を出る直前の元被告から「今日出頭になります」と電話があった。緊張した声で「家族のことを引き続き頼みます。あとはメールします」と言葉少なだったというが、届いたメールには過失を認めるコメントがつづられていた。
東京地裁は9月2日、アクセルとブレーキを踏み間違えた過失が事故原因と認定し、禁錮5年の判決を言い渡した。元被告は公判で遺族や被害者に謝罪したものの、自らの過失については一貫して認めず、車の異常が原因として無罪を主張し続けた。しかし、判決後に面会した支援者には「遺族に申し訳ない。判決を受け入れたい」と話し、控訴しなかった。検察側も控訴せず、同17日に判決が確定した。
一転して過失を認めたことについて、支援者は「自身の家族のこともよく考えた上での行動だと思う」と語った。
東京拘置所に収容された元被告は今後、健康状態を確認して刑務所に入る手続きが進められる。刑事訴訟法は「著しく健康を害するときや生命を保てない恐れがあるとき」や「70歳以上」の場合に刑の執行を停止できると規定しているが、元被告は執行停止を求めない意向を周囲に示していた。
(スポーツ報知の記事から引用)


記事にもあるように「70歳以上」の場合刑の執行を停止できるとの規定は存在しますが、70歳以上なら無条件に執行停止されるはずもなく、検察官が執行停止と判断した場合に限られます
懲役刑や禁固刑の刑期を定めるのは司法(裁判所)の役割ですが、刑を執行するのは行政の仕事です。法務省の統計では2020年、刑務所に服役していた受刑者で刑の執行停止により出所した者は22人であり、その多くは重篤な精神疾患や末期ガンなど抱えた者で、外部の病院で専門的な治療を受ける必要があると判断されたケースです
世の中には実態を調べもせず、80歳以上は刑務所に入らずに済むとか、刑務所に服役していても90歳になったら釈放されるとか、都市伝説めいたデマを飛ばす人がいまので、気をつけましょう
ただし、飯塚被告にも仮釈放は適用されますので、刑期の3分の1を経過し、受刑態度が良好であれば仮釈放審査の対象となります(審査の対象となるだけであり、必ず仮釈放されるとは限りません)。飯塚被告の場合、禁錮5年(60月)ですから、20月を経過すれば仮釈放の機会があります

(関連記事)
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
池袋暴走事故 実刑判決でも謝罪拒否
池袋暴走事故 飯塚被告の判決はどうなるか
池袋暴走事故 飯塚被告「刑務所に入る覚悟ある」
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 ようやく飯塚幸三を書類送検
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず
立川病院暴走死亡事故 運転の85歳に禁固2年の実刑判決
前橋女子高生死亡事故 控訴審で禁錮3年の判決
前橋女子高生死亡事故 無罪判決で怒声飛び交う
前橋女子高生死亡事故 禁固4年6月を求刑
前橋女子高生死亡事故 公判で責任能力なしと主張
前橋女子高生死亡事故 運転に固執した85歳
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
堺あおり運転 二審も懲役16年の判決
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
小樽市3人死亡事故で最高裁判決 懲役22年確定
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決