就活生を強姦 リクルート子会社社員10回目の逮捕

余罪の取り調べが続く中で、先に起訴された強姦事件の公判が始まった丸田憲司朗被告です
警視庁は10回目の逮捕に踏み切ったと報道されており、どうやらこれが最後の再逮捕となるようです。被害を受けた女性はいるにしても、1年以上も前の強姦事件を思い起こし、被害届を出す気にはなれない事情もあるのでしょう
全部で何件の強制性交罪で罪を問われるのかは不明ですが、丸田被告にすればようやく終わりが見えてきたのではないか、と思われます
大勢の女性を蹂躙する犯行を繰り返したのですから、延々と取り調べに応じなければならないのは自業自得です。が、精神的には相当辛いのは確かでしょう。本音からすれば、「もう取り調べも裁判もどうでもいいから、刑務所にブチ込んでくれ」と言いたいのでは?
前にも述べたように、逮捕後の勾留が始まった時点から未決勾留期間として算定され、その日数は服役した期間として数えられます。裁判で刑が確定するまで身柄が拘束されるとしても、それが服役した期間と見なされるのですから、被告にとってまったく不利な扱いというわけではありません
以下、デイリー新潮の掲載記事から引用します


警視庁は1カ月に1回のペースで再逮捕を繰り返していったが、この種の犯罪でここまで再逮捕を繰り返すことは非常に珍しいという。
「数回再逮捕して、残りの余罪は追送検するのが一般的です。卑劣な性犯罪に断固として向き合っていこうという警視庁の強い意思の表れだったのではないか。捜査幹部は当初から『挙げられる余罪はすべて挙げる』と意気込んでいました。丸田容疑者が余罪を認めようとしなかった姿勢も影響したでしょう。再逮捕を繰り返せば、物理的に保釈が認められなくなる」(同前)
再逮捕の合間に始まっていた公判
8月31日に初公判が開かれた後も再逮捕が続いた。
「9月1日に9回目の逮捕があったため、予定していた第二回公判はキャンセルになりました。今後、新たに追起訴された分も併合して審理されることになります」(司法担当記者)
初公判を傍聴したジャーナリストの高橋ユキ氏によれば、
「被告は読み上げられた起訴状3件のうち1件は否認していました。ただ、小声で『記憶がなく……』などとボソボソ言っており非常に分かりづらく、裁判官からは度々『聞こえない!』と叱られていました。坊主頭にスーツ姿でしたが、爽やかで清潔感がある印象を受けました」
10月5日には、知人女性への準強制性交未遂容疑で10回目と再逮捕。これでようやく捜査は終結する見通しだという。
「ずっと余罪を認めようとしなかった丸田容疑者ですが、最後の逮捕後、ようやく『女性たちに申し訳ないことをした』と反省の言葉を述べ始めたそうです」(前出・警視庁担当記者)
果たして、丸田容疑者は本当に被害女性たちに向き合い始めたのか。今後の裁判を注目していきたい。
(デイリー新潮の記事から引用)


最初に起訴された事件のうち、1件については否認したと記事に書かれています
それぞれの犯行についても、「やっていない」と争うつもりなのでしょうか?
どなれば長い裁判になります。被害者を証人として法廷に招き、証言してもらう必要が発生するからです
検察が起訴したからには丸田被告の犯行と断定するだけの証拠(携帯電話に写真が残っているとか)があるわけで、無駄な足掻きで否認すれば裁判がそれだけ長引くだけです。加えて、否認する=犯行を反省していない、と受け取られ情状酌量も得られない可能性が出てきます
もちろん、犯行を認めるのも否認するのも被告人の判断ですから、無関係な人間がどうのこうのと言ってもはじまらないのですが
強制性交罪で起訴された丸田被告ですが、被害者が丸田被告の犯行によってPTSD(心的外傷性ストレス障害)を発症したと訴えた場合、強制性交致死傷罪にも問われるでしょう。最高刑は無期懲役です
女性を次々と口説き、薬物を盛って抵抗不能な状態にした上で陵辱するのが、丸田被告にとって何よりも快感だったのでしょうが、高い代償を払う結果になります。自分の行為が犯罪であり、重い刑罰を受けると予見できたはずなのに、どうして歯止めがかからなかったのか、丸田被告に訊いてみたいものです

(関連記事)
就活生を強姦 リクルート子会社社員の公判始まる
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員7度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員5度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員逮捕
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活女子大生レイプの住友商事社員はどうなったか?
住友商事元社員(慶大出)を就活生への強制わいせつで再逮捕
住友商事社員(慶大出)が就活生を強姦
「ミスター慶応」渡辺陽太 6度目逮捕も不起訴
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦で6度目の逮捕
「ミスター慶応」渡辺陽太 強姦や強盗の余罪
イケメン慶大生の強姦事件 家族の素性も暴露
また慶大生 強制わいせつで逮捕
ミス慶応中止 広告学研究会メンバーに無期停学処分
ミス慶応中止 レイプ動画を拡散させる学生たち
電通女性新人社員、100時間残業で自殺の波紋
共同通信人事部長 女子大生に手を出しクビに
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
福岡強姦事件 キスマークつけ懲役17年