韓国ロケット打ち上げ失敗も精神的勝利宣言

今月21日、韓国は国産ロケットと称する「ヌリ号」を打ち上げましたが、試験用のダミー衛星を所定の軌道に載せられず失敗に終わりました
が、文在寅大統領は「半分成功ニダ」と演説し、失敗を認めない姿勢を示したところです。韓国の主要メディアも同じく、「最後の段階で失敗はあったが半分成功した」と成果を誇示する報道を繰り返しています
ロケットはあくまで人工衛星を軌道に投入するための道具ですから、軌道投入できなければ「失敗」です。どれだけ空高く打ち上げようとも
しかし、韓国は国産ロケットの打ち上げに成功したと宣伝し、精神的な勝利に酔っているわけで、何だかなと思ってしまいます
韓国のインターネット・ポータルサイト、ネイバーが配信した記事でも、「韓国の成功を伝える外電」をこれでもかと引用しまくり、精神的勝利の支えとしているのが伝わってきます


海外でも注目されたヌリ号発射…「中国・日本の宇宙技術に追いつく」
韓国型ロケットヌリ号(KSLV-ll)が21日、高興郡ナロ宇宙センター第2発射台から炎を噴き出しながら力強く飛び立っている。
韓国型ロケットヌリ号(KSLV-Ⅱ)が「半分の成功」を成し遂げた中で、主要な外国メディアもヌリ号発射の意味に注目した。
ヌリ号は21日午後5時、全羅南道高興郡ナロ宇宙センターから発射され、衛星分離に成功したが、ダミー衛星を軌道に安着させる最後のステップには失敗した。
米国のCNN放送は「ヌリ号は韓国初の自社開発ロケットで、未来人工衛星の扉を開いた」とし「今回の任務に成功した場合、韓国は、ロシア、米国、フランス、中国、日本、インドに次いで世界で7番目に1トン以上の衛星を搭載することができる宇宙ロケットを開発する国になっていた」と伝えた。
CNNは、「韓国はこれまで、北韓の衛星情報を全面的に米国に依存してきた」とし「独自にロケットを保有することは、韓国が偵察衛星を保有することを意味する」と説明した。
米国のブルームバーグ通信は「今回のミッションは順調に進まなかったが、韓国は軍事ミサイル能力と民間プログラムの両方で進展を達成し、中国と日本の宇宙プログラムに追いついている」と伝えた。
香港のサウスチャイナモーニングポスト(SCMP)は、「韓国は、中国と日本の宇宙プログラムに追いつくために努力しながら、軍と民間のミサイル能力を加速している」と伝えた。
フランスのAFP通信は、ヌリ号の飛行コースを伝え、「戦争の灰の中から抜け出し、世界12位の経済大国になった韓国は、スマートフォンとメモリチップメーカーであるサムスン電子の本拠地」と紹介した。
北韓との関係に注目した外信もあった。日本の共同通信は「ヌリ号発射が、北韓のミサイル試験によって韓国や日本などの周辺国に緊張感が漂う時期に行われた」と指摘した。北韓は最近、極超音速ミサイル火星8型、新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の試験発射をはじめ、今年に入って武力示威を8度行った。
BBCのは、「北韓と韓国の間で軍備競争が加熱されている中、韓国はロケットを成功裏に宇宙に送った7番目の国になった」とし「韓国はヌリ号を人工衛星を発射するためにのみ使用すると言うが、弾道ミサイルと宇宙ロケットは似たような技術を使用するため、韓国が進行中の兵器開発の拡大の一環として見ることができる」と指摘した。
(ネイバーの記事から引用)


韓国のロケット打ち上げが失敗に終わった翌週、日本は準天頂衛星「みちびき」をH2Aロケット44号機で打ち上げ、所定の軌道に投入させています。
民放各社により打ち上げの場面を撮影したニュース動画がYou Tubeにアップされているのですが、数週間後には削除されてしまいますので、個人のYou Tubeチャンネルの動画をアップしておきます。いわゆるネット右翼系のチャンネルなので、ナレーションは適当に聞き流してください
このH2Aロケット打ち上げの抜群の安定感を見れば、「半分成功」などというものが存在しないと理解できるのではないでしょうか?


(関連記事)
「韓国はすでに世界6位の宇宙強国」という記事
https://05448081.at.webry.info/202111/article_21.html
韓国ロケット打ち上げ 衛星の軌道投入失敗
最新版韓国宇宙開発計画 「日本に負けないニダ」
月面探査「アルテミス計画」参加できない韓国
中国大型ロケット制御不能 地表に落下か?
「はやぶさ2」に邪魔されたと怒る中国人
「はやぶさ2」と「嫦娥」を比較する中国メディア
「はやぶさ2」の成功を羨む韓国
韓国 国産通信衛星の開発に着手?
韓国「宇宙開発の遅れ このままでは乞食になる」
「固体燃料ロケット開発で弾道ミサイルにもできる」とはしゃぐ韓国
インドの月探査機 着陸失敗、月面で大破
作家中沢けい「韓国は8つも偵察衛星をもっている」発言で炎上
迷走する韓国の宇宙計画
韓国 月面探査が2030年以降へ大幅遅延
ロケット開発焦る韓国 トラブル続出で打上げを10ケ月先送り
月探査機「かぐや」 全長50キロの空洞発見
「準天頂衛星みちびきで日本が弾道ミサイル装備」と中国メディア
韓国「偵察衛星が必要ニダ」といまさら騒ぐ
新型ロケット「イプシロン」成功を妬む韓国
韓国が米と宇宙技術協力協定締結 NASAの技術入手と浮かれる
2020年に月面着陸を目指す韓国
韓国の2016年月面探査計画
日本の月面探査計画に怒る韓国
日本に負けない韓国の宇宙開発?
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国

3歳児に熱湯を浴びせて殺害 母親も暴行で逮捕

非常に不愉快なニュースを取り上げます。8月に大阪摂津市で3歳の男児に熱湯をかけて殺害する事件があったのを取り上げたところですが、殺害された男児の母親も暴行を加えており、それをケラケラと笑いながらスマートフォンで撮影していたとして、大阪府警が逮捕したとの報道です
ここ母親、新村寿希容疑者は、熱湯をかけて殺害した同棲相手の松原拓海容疑者をやたら擁護する発言を繰り返していたわけで、いかにも不自然であり不可解でした
男児が殺され、同棲相手の男が逮捕されたという事態に直面しながら、「私は一人になってしまう。せめてこどもがほしい」など、松原容疑者との間にこどもを作りたい発言をし、周囲をドン引きさせていました


大阪府摂津市のマンションで8月、新村桜利斗(にいむらおりと)ちゃん(3)が熱湯をかけられて死亡した事件で、府警は27日、桜利斗ちゃんの顔を生前にクッションでたたいたとして、母親の寿希(じゅき)容疑者(23)を暴行の疑いで逮捕した。交際相手の松原拓海(たくみ)被告(24)=殺人罪で起訴=も暴行と傷害容疑で再逮捕した。2人は暴行の様子をスマートフォンで動画撮影していた。府警は桜利斗ちゃんが日常的に虐待されていた疑いが強いとみている。
野球のバットをスイングするようにクッションで殴られ、勢いよく体を飛ばされる桜利斗ちゃん。母親と交際相手は笑い声を上げ、桜利斗ちゃんは激しく泣き叫ぶ――。松原容疑者のスマートフォンには、いたいけな3歳児をもてあそぶ異常な動画が保存されていた。
府警によると、「虐待」動画が撮影されていたのは6月20日夜。午後8時10分以降、わずか30分間に3本の映像が記録され、桜利斗ちゃんはいずれも松原容疑者に顔や頭を殴られていた。暴行には素材が柔らかいクッションが使われており、府警は桜利斗ちゃんの顔に傷を残さないようにするためだったとみている。
「こっちおいで」。こう誘う母親の寿希容疑者に向かって歩き出した桜利斗ちゃんを、松原容疑者が力を込めてクッションでたたく。殴打された桜利斗ちゃんがソファから転落する姿を映した動画もあった。
この約1カ月前、松原容疑者の桜利斗ちゃんに対する暴力を案じて摂津市に相談していた寿希容疑者。しかし、泣き叫ぶ我が子を前に、スマホで動画撮影を続けていたのは母親本人だった。
寿希容疑者は桜利斗ちゃんが死亡した直後、松原容疑者の関与を疑う知人に対し、「彼はちゃんと育児をしていた。『全部やるから』と言ってくれていたので、彼を責めるのは違うと思っている」とかばう言動を繰り返していたという。
(毎日新聞の記事から引用)


寿希容疑者は殺害に関与していないのでしょうが、こどもを養育する姿勢が欠如しているのは明らかです。男と面白おかしく暮らすことばかり考えており、こどもは犬か猫でも飼っている感覚なのかもしれません(犬や猫の飼い主の方が怒りそうです)
こんな2人に説教などしても無駄であり、刑務所に入れて己の罪深さを認識させるのが効果的でしょう
摂津市は、「行政としてやるべきことはやっていた」などと主張していますが、夫婦による虐待が繰り返されていた事実を見抜けなかったのですから、放置していたも同然でしょう
救えるはずの命を救おうとしないまま、「やるべきことはやっていた」などと言い張るのが公務員の仕事ではありません
元公務員として、「ここぞという時には殴られようが何をされようが体を張る覚悟を持て」と言いたくなります

(関連記事)
3歳児に熱湯を浴びせて殺害 91回母親と面談?
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 摂津市「適切な対応した」
3歳児に熱湯を浴びせ殺害 義理の父親逮捕
車内に女児放置 竹内被告に懲役6年判決
車に女児放置 死亡させた母親逮捕
保育園バスで置き去り 男児死亡
西淀川虐待死事件 母親に懲役8年6月の判決
西淀川虐待死事件 内夫に懲役12年の判決
こどもの虐待死 刑罰が軽すぎる
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
北海道で山に子どもを置き去り 無事発見も謎だらけ
目黒女児虐待死事件を考える 義父に懲役13年の判決
目黒女児虐待死事件を考える 雄大被告を苦しめた実の両親
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 栗原被告の控訴棄却
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 勇一郎被告に懲役16年の判決
栗原心愛ちゃん殺害事件を考える 虐待する父親

眞子さま結婚 マスメディアへの怒り爆発

眞子内親王のご成婚を心からお祝いしたいところですが、そうもいきません
昨日の会見を見る限り、見切り発車のような印象が強く、国民一般の懸念など置き去りにされた感じがします
言うまでもなく、小室家をめぐる疑惑は何も解消されておらず、単に小室圭が「遺族年金の不正受給などという事実はない」と主張しただけです
元婚約者から生活費の支援を受けていた時点で事実婚と見なされるわけで、事実婚の状態にあれば遺族年金は受給できません。事実婚にあるからと遺族年金受給を辞退する手続きをしていたならともかく、そんな手続きはしないまま受給を続けたのでしょう。事実婚ではないと主張するなら、元婚約者から受け取った金は贈与にあたります。贈与として確定申告し、贈与税を支払ったのでしょうか?
あるいは贈与ではなく借りたお金だったとでも弁解するのでしょうか?
ならば返済するのが当然でしょう。が、小室圭は金銭問題など存在しなかった、と主張していました。その後、主張を撤回し、和解金を支払う用意があると言い出したのですが、和解する必要があるというのは金銭問題が存在するからでしょう
弁護士になろうという人物が、こうした矛盾だらけの釈明を押し通そうとするから、いかがわしく映るのです
ましてや、そのいかがわしい人物を「素晴らしい男性です」と言ってのける眞子内親王の感覚も、世間一般とはずれが大きいと感じます
まあ、宮家のお姫様なので仕方がないとは思いますが


秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と小室圭さん(30)が26日、結婚した。晴れて「小室眞子」となった眞子さんには祝福の声が寄せられているが、その後行われた記者会見ではマスコミ報道に苦言を呈する場面が目立った。なかでも、小室家の借金問題に眞子さんが主体的に首を突っ込んでいたことは驚き。皇室的に「ありえない行為」といった声もある。また、別室に妹の佳子さま(26)が待機していたことも一部で波紋を呼んでいる――。
すったもんだの末にこの日を迎えた2人。会見で眞子さんは「圭さんはかけがえのない存在。結婚は、自分たちの心を大切に守りながら生きて行くために必要でした」と強調。圭さんも「眞子さんを愛しています。眞子さんと人生を歩みたいという思いを持ち続けられたのは支えてくれた人のおかげです」と永遠の愛を誓った。
しかし穏やかだったのはここまで。眞子さんは晴れて「一般人」となったことで、これまで我慢してきたマスコミへの不満をあらわにした。
なかでも許せなかったのは、最愛の夫・圭さんへの苛烈なバッシング。眞子さんは「本日まで私が公に発言する機会は限られてきました。そのために生まれてしまった誤解もあったと思います。一部の方はご存じのように、婚約に関する報道が出て以降、圭さんが独断で動いたことはありませんでした」と言い切った。
続けて「例えば、圭さんのお母さまの元婚約者の方への対応は私がお願いした方向で進めていただきました」と断言。
これは何かというと、今年4月に圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルに関して公表された通称「小室文書」は、眞子さんの意向が100%反映されたものであると認めたことを意味する。
さらに、眞子さんは圭さんの米フォーダム大留学についても「圭さんが将来計画していた留学を前倒しして海外に拠点を作って欲しいと私がお願いしました。留学に際して私は一切の援助はできませんでしたが、圭さんが厳しい状況の中、努力してくれたことをありがたく思っています」と告白。
その上で「圭さんのすることが独断で行われていると批判され『私の気持ちを考えていない』と一方的な憶測が流れるたびに、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ、いわれのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚え、辛く悲しい思いをいたしました」と苦言を呈した。
自身が盾となり、圭さんを誹謗中傷から守ったようにも映るが、皇室の伝統を知る者から言わせれば「ありえないこと」だという。
「ようは小室家の金銭トラブルに皇族が積極的に関与したということですからね。圭さんの進路についてもそう。『私がブレーンでした』というカミングアウト。前代未聞ですよ」とは皇室ライター。
さらに会見を行ったホテルに妹の佳子さまが駆け付けたことも、別の視点から見ると違和感があるという。
「その時点で眞子さんは一般人です。姉妹であることや、眞子さんが複雑性PTSDを患っているという特別な事情はあるにせよ、カタチ上は『私人の結婚会見に皇族が“同席”した』ということになる。それを姉妹の“感動秘話”にしていいものかどうか…」とはテレビ局の皇室担当ディレクターだ。
(東京スポーツの記事から引用)


そもそも、小室家の問題は小室家が解決すべきであり、「金銭問題は存在しない」と突っぱねたがゆえにいつまでもくすぶり続けたわけです。対応を誤った結果であり、それをマスメディアのせいにするのは筋違いでしょう
留学にせよ、結婚後の生活プランを小室圭がきちんと説明していれば、マスメディアの対応も違ったものになったいたはずです。何も説明せず、放置した結果、マスメディアがあれこれ取材して回り、憶測を含めて記事にせざるを得なかったわけで
秋篠宮様は「国民から理解を得られるように(説明しなさい)」と苦言を呈していたわけですが、2人は最後までその意味を理解できないままだったと痛感します
眞子さまにはそれが小室圭の説明不足と問題解決能力の欠如のせいであるとは認識できず、マスメディアのせいだと思い込んで今日に至ったと分かります。が、所詮は世間知らずのお嬢さんの八つ当たりにすぎません
せいぜい、結婚後はお幸せに暮らしていただきたいものです。あと、小室家の問題はきちんと解決されるように。解決しないといつまでも叩かれます。「令和のバカップル」と言われないよう、目配り気配りも必要です

(関連記事)
小室圭 NY司法試験不合格で波乱
眞子さま結婚 PTSDという診断
小室圭 記者会見拒否か?
眞子さま結婚問題 年内結婚へ
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
小室圭母「自分はアダルトチルドレン」発言を考える
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
小室圭に母親の元婚約者が反論
小室圭の方針転換 宮内庁のお膳立てか
小室圭 解決金支払うと方針転換
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える3
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える2
眞子内親王との結婚は? 小室圭釈明文を考える
眞子様結婚問題 小室母「天皇陛下に会わせろ」要求
眞子様結婚問題 小室「解決済み」発言で波乱
眞子様結婚問題 小室圭留学決意
眞子さま結婚延期問題 小室母の元婚約者を批判する記事
眞子様結婚延期問題 小室氏借金はどうする?
眞子様ご結婚の障害 小室母が皇室に金銭求める
眞子様ご結婚延期を考える
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正