大口病院不審死 無期懲役判決への疑問と批判

死刑に処すかどうかを判断する基準として、永山基準というものがあります。連続ピストル強盗殺人犯永山則夫は貧困家庭に生まれ、4人を殺害して金品を奪う凶悪な犯行をしたにもかかわらず、世間から同情を集めました。そんな永山則夫に死刑を言い渡すための方便として裁判官が用意したのが永山基準だと、自分は受け止めています。厳格にその犯行の有り様を審査し、情状を斟酌してもなお死刑に処すしかない、と永山に同様を寄せる世間を納得させるために基準めいたものを用意したのだ、と
ただ、裁判官がいつまでの永山基準に縛られているのはおかしいわけで、時代に即した新たな基準なりを設ける必要があります
今回の久保木愛弓被告に対する無期懲役判決は、実に不可解なのものでした。以下、引用する読売新聞の記事では諸沢英道・元常磐大学長が「判決を回避する理由を探している」と指摘し、批判しています


午後1時半、久保木被告はグレーのスーツ姿で入廷。家令かれい和典裁判長は先月22日の結審時の予告通り主文言い渡しを後に回し、判決理由の朗読から始めた。
「自身の勤務時間中に患者の死亡に対応しなくて済むように犯行手段を選択し、犯行が発覚しないように工夫していた」
裁判では、責任能力の程度が争点となったが、家令裁判長は、善悪の判断も、行動をコントロールする力も著しく減退していたとは言えないとして、完全責任能力を認定。心神耗弱状態だったとする弁護側の主張を退けた。
さらに、興津朝江さん(当時78歳)、西川惣蔵さん(当時88歳)、八巻信雄さん(当時88歳)の命を奪った結果を「極めて重大」などと非難した。
被告の刑事責任を厳しく指弾する判決の様相が変わったのは、朗読開始から30分が過ぎた頃だった。
家令裁判長は、対人関係が苦手、問題解決に対する視野が狭いなど自閉スペクトラム症の特性が被告に認められると指摘。患者の家族にどなられて強い恐怖を感じた経験をきっかけに、担当患者を殺害するという短絡的発想に至ったとし、この動機形成過程を「被告の努力ではいかんともしがたかった」と表現した。
裁判長は言い渡し後、「苦しい評議でしたが、この先も生涯をかけて償ってほしいということです」と語りかけ、久保木被告は小さな声で「はい」と答えた。
判決を受け、西川さんの長女は「極刑がすべてではなく、厳しい刑罰であることは十分理解していますが、裁判所の価値判断によって結論が出されたという印象をぬぐい去れません」などとコメントした。八巻さんの長男・信行さん(61)も「あまりに身勝手な動機で罪のない人を殺しておきながら、死刑にならないのはおかしい。検察には控訴してほしい」と訴えた。
横浜地検の安藤浄人次席検事は「判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適切に対応したい」としている。
識者 評価割れる
死刑を巡っては、最高裁が1983年にいわゆる「永山基準」を提示。動機や結果の重大性(殺害された被害者の数)、前科、犯行後の情状など9項目を考慮し、やむを得ない場合に死刑が許されるとした。
死刑が適用されるのは、判例では被害者が2人以上の事件が一般的だが、今回のように被害者が3人以上でも、責任能力などが考慮され、死刑を回避した事例はある。埼玉県熊谷市で2015年、男女6人を殺害したとして強盗殺人罪などに問われたペルー人の男に、1審・さいたま地裁は死刑を言い渡したが、東京高裁は19年、男は心神耗弱状態だったとして死刑判決を破棄。無期懲役とした。
今回の横浜地裁判決は、久保木被告の完全責任能力や計画性を認定し、動機も酌むべき事情はないとしたが、死刑を回避。識者の見方も分かれた。
園田寿・甲南大名誉教授(刑法)は「永山基準に照らしても、死刑の選択は微妙な事案。自閉スペクトラム症の影響や前科がないことなどを総合的に考え、被告の反省の思いも酌み、罪を償わせるべきだという結論は支持できる」と語る。
諸沢英道・元常磐大学長(犯罪学)は「判決は死刑を回避する理由を探している。被告が法廷で真摯しんしな対応をとっても、医療従事者の立場を悪用し、3人もの命を奪った事実は重い。なぜこうした結論になったのか疑問が残る」と話した。
(読売新聞の記事から引用)


被告の刑事責任能力を認めているのですから、刑事責任ありとして処罰しなければなりません。医療従事者がその医学知識を悪用した、極めて計画性の高い犯行です。犯行は「遺族に亡くなった際の状況を説明するのが面倒」だとか、「遺族から批判されるのが怖かった」という身勝手なものです。それが怖いのなら入院患者を殺害するのではなく、別の医療機関に転職すればよかったわけで
そこで、裁判官は「問題解決に対する視野が狭いなど自閉スペクトラム症の特性が被告に認められると指摘」して、それは被告の生来の障害であり、一方的に被告を責めるわけにはいかないと擁護に転じ、「被告の努力ではいかんともしがたかった」と取り繕っています
ただし、裁判官の理屈では被害者の命の重さがまるで斟酌されておらず、「殺されても仕方なかった」と述べているも同然でしょう
被害者遺族にすれば、被告人が自閉スペクトラム障害であろうとなかろうと関係ないのであり、父親や母親を殺害した結果に対して責任を取れと言いたいのでは?
久保木被告がこの先刑務所に30年、35年服役しようと、遺族は久保木被告が責任を取ったとは思わないはずです。刑務所へ逃げ込んただけ、でしかありません

(関連記事)
大口病院不審死 3人殺害しても無期懲役判決
大口病院不審死 死刑求刑
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果(その2)
大口病院不審死 久保木被告の精神鑑定結果
大口病院不審死 久保木被告は心神耗弱だったのか?
大口病院不審死 公判で久保木被告が犯行認める
大口病院不審死 20人殺害と語る久保木愛弓の裁判は
大口病院不審死 初公判は10月の予定
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
古河介護施設殺人 別件の殺人で赤間容疑者再逮捕
https://05448081.at.webry.info/202112/article_55.html
古河介護施設殺人 赤間容疑者は盗みの常習犯
https://05448081.at.webry.info/202112/article_44.html
古河介護施設殺人 赤間容疑者逮捕
https://05448081.at.webry.info/202112/article_18.html
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
点滴に水道水を混ぜて娘を殺害した母親 代理ミュンヒハウゼン症候群
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
看護師4人による保険金殺人事件を考える2 同性愛
看護師4人による保険金殺人事件を考える
老人ホーム睡眠薬殺人 准看護師に懲役24年判決
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
患者85人を殺害 元看護師に終身刑(ドイツ)