大阪府教育庁職員 女児わいせつで5度目の逮捕

教育関係者による児童・生徒へのわいせつ事件があまりに多いので、どの事件をブログで取り上げたのか、取り上げていないのか頭が混乱しています
大阪府教育庁(東京都や大阪府は教育委員会ではなく教育庁という名称になります)の指導主事だった石川翼容疑者は、小学校低学年の女児を狙った強制わいせつ事件を繰り返しており、7月に逮捕されています。その後、石川容疑者のスマートフォンから女児にわいせつ行為をしている場面を撮った画像がいくつも見つかり、余罪が追求され5度目の逮捕に至ったと報じられています


大阪府教育庁の指導主事だった男が、7歳の女の子に性的暴行を加えた疑いで再逮捕されました。 今回が5度目の逮捕です。 強制性交などの疑いで再逮捕されたのは、元・大阪府教育庁指導主事・石川翼容疑者(45)です。 石川容疑者は2019年5月と10月に、堺市南区にある集合住宅の敷地内などで当時小学2年の女の子(7)に性的暴行を加え、その様子をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。 警察によると、石川容疑者は今年7月に6歳の女の子の体を触った疑いで逮捕され、押収されたスマートフォンに写真や動画があったため、警察が余罪を捜査する中で今回の被害が発覚したということです。 石川容疑者が逮捕されるのはこれで5回目で、調べに対し、「黙秘します」と供述しています。
(ABCニュースの記事から引用)


石川容疑者は8月25日付けで懲戒免職処分を受けています。事由としては「令和3年7月、堺市内の集合住宅の敷地内において、女児の背後からスカートの中を動画で撮影した後、スカートをめくりあげ、写真を撮った。また、違法であることを認識しながら、海外のウェブサイトから児童ポルノをダウンロードし、所持していた」と発表されています。が、これも石川容疑者の犯行の一部に過ぎないのであり、どこまで立件されるのか不明です
堺市の府営住宅か市営住宅という団地の死角を利用し、幼いこどもばかり狙って犯行を重ねていたものと思われます。さらにわいせつ行為をしている場面をスマートフォンで撮影までして
教育庁に勤務する指導主事でありながら女児を狙う性犯罪者だったわけであり、これを石川容疑者が裁判の場でどう釈明するのか、聞きたいところです。記事にもあるように、最初の逮捕時点では自身の犯行を認める供述をしていた石川容疑者ですが、5度目の逮捕に至っては黙秘に転じています。懲戒免職処分を受け、それでもなお黙秘し、保身を図ろうというのですから呆れます。教育行政に関わった者として、被害者やその家族のことを少しでも慮り、罪を認め謝罪しようという気になれないのでしょうか?
いまさら黙秘したところで無罪判決が下されるはずもなく、懲戒免職が取り消されたりはしません
前科もなく初犯であろう者なら素直に犯行を認めることで執行猶予付き判決も期待できるのかもしれませんが(既に懲戒免職処分という社会的な制裁を受けている事情も斟酌されます)、黙秘に転じたなら「罪を認めず、反省しているとは考えられない」として実刑もあるでしょう

(関連記事)
連続少女暴行魔近藤善広 懲役10年と罰金刑判決
https://05448081.at.webry.info/202112/article_49.html
連続少女暴行魔近藤善広 公判で証言を拒否
連続少女暴行魔近藤善広 4度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員10回目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
「私は神だ」と称する女児猥褻犯に実刑判決
小4女児誘拐で懲役10年の判決
女生徒監禁の教師 内田慎也被告に懲役8年の判決
中学教師が生徒を監禁・暴行し逮捕
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
静岡の中学教頭 少女誘拐監禁で懲役16年求刑
静岡の中学教頭が少女を誘拐し逮捕
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年