児童養護施設で女児強姦逮捕 神奈川

実に嫌な事件です。川崎市の小規模養護施設で、センター長を務めていた町田祥太被告(35)が入所していた少女2人(中学生と小学生)への強姦容疑で逮捕、起訴された事件を取り上げます
施設の運営席に者という立場を利用し、拒否できない状況にして(言うとおりにしないと施設から退所させるぞ、などと脅し)、強姦したものと考えられます
町田被告は犯行を否認しており、知らぬ存ぜぬで押し通す気なのでしょう


川崎市内の地域小規模児童養護施設に入所していた10代の少女2人にみだらな行為をしたとして、横浜地検川崎支部が8月と9月に施設職員だった男(35)=同市多摩区=を児童福祉法違反(淫行させる行為)と強姦(ごうかん)の罪で起訴していたことが12日、分かった。
起訴状などによると、男は2016年11月中旬ごろ、施設の宿直室内で、13歳未満と知りながら当時小学生の女児にみだらな行為をしたほか、17年12月23~24日ごろには宿直室内で、18歳未満と知りながら当時中学生の女子生徒に、職員の立場を利用してみだらな行為をした、とされる。
男は当時、入所者の生活支援業務などに従事し、ホーム長も務めていた。
捜査関係者によると、20年10月に女子生徒から神奈川県警に被害申告があり、捜査の過程で女児の被害も判明。県警は今年7月に女子生徒への児童福祉法違反容疑で男を逮捕し、同8月には女児への強姦容疑で再逮捕した。
逮捕時の取り調べに対し、男は容疑をいずれも否認したという。
地域小規模児童養護施設は、保護者がいなかったり虐待を受けたりした18歳未満の子どもが暮らす。一般の家庭により近い環境で生活できるよう定員は6人と少なく、児童福祉法に基づき00年度に制度化された。入所の判断は児童相談所が行う。
運営していた社会福祉法人は「あってはならないことで、厳粛に受け止めている。10月に外部の有識者も入れた検証委員会を設置しており、再発防止に取り組む」とした。
(神奈川新聞の記事から引用)


神奈川新聞は事件報道で逮捕者の名前を伏せるのが社の方針のようです。が、別のメディアは町田被告の実名を報じています
町田祥太被告の名前で検索すると、目白大学人間福祉学科の同窓会副会長というのが見つかります。そんな大学があるのか、と思ってしまうのですが、心理学部のある大学ということで思い出しました。大学の創立は1994年で、運営する目白学園自体は大正7年に設立されています
人間福祉学科で学んだであろう町田被告がいかにして性犯罪者となり、こどもに出を出すようになったのか、目白大学の皆さんで是非とも研究してもらい、対応策を提言してほしいところです
なお、事件の現場となった小規模児童養護施設は閉鎖されています
町田被告は言うまでもなく18歳未満のこどもに手を出すのは犯罪であると理解していたはずですし、強姦された少女がどれだけ傷つくのか人間福祉学科の講義で学んだはずです
35歳で独身で、性欲を持て余していたのでしょうか?
横浜まで裁判の傍聴に出向くのは困難なため、どなたか裁判の傍聴記をアップしていただけると助かります

(関連記事)
里子を虐待・死亡させた声優に懲役9年の判決
里親の声優が3歳児を殴り殺害した容疑で逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 荒木容疑者を再逮捕
知人の娘(小学生)に性暴行 52歳の男を逮捕
実の娘と強制性交して無罪 近親相姦罪がない日本
実の娘と強制性交 控訴審判決の骨子
実の娘と強制性交 控訴審で逆転有罪判決懲役10年
実の娘と強制性交でも無罪 控訴審始まる
実の娘と強制性交も無罪の判決
義理に娘(女児)に猥褻行為 兵庫の元校長に懲役6年求刑
義理の娘に性暴力で懲役11年 千葉
娘への性的暴行で懲役6年判決 福島
徳島で孫娘2人を強姦した祖父 懲役8年の判決
14歳養女強姦事件を考える1 被害者証言は曖昧無罪判決
14歳養女強姦事件を考える2 無罪判決を破棄し差戻し
14歳養女強姦事件を考える3 差し戻し審で有罪判決
娘を性的暴行した父親に懲役に懲役4年の判決
12歳娘を強姦 控訴審で逆転有罪判決
再婚相手の娘に性暴行 懲役18年の厳罰
女子中学生にわいせつ行為で里親起訴 高知
「14歳と性交で逮捕は不当」発言 立民党本多平直議員
「14歳と性交で逮捕は不当」 本多議員の歪んだ性意識
和歌山児童相談所職員 保護少女わいせつで起訴
男児小学生強姦の男逮捕 障害児支援会社役員