稲美町放火殺人 逃走していた伯父を逮捕

兵庫県稲美町で民家から出火し、焼け跡から小学生の兄弟2人の遺体が発見されました。死因は一酸化中毒で、煙に巻かれて死亡したものと推定されます。家に同居していた伯父が消息不明だと報じられたのですが、大阪市北区の公園で発見され警察が同行しています。その後、放火の容疑が固まったとして逮捕されました
この伯父は死亡した兄弟の母親の兄だそうで、働くことなく同居していたのだとか。「また無職のひきこもりが事件を起こした」とメディアは騒ぎ立てるのでしょう


兵庫県稲美町岡で19日深夜、全焼した民家の焼け跡から小学生の兄弟とみられる遺体が見つかった放火事件で、県警加古川署捜査本部は24日、火災後に行方が分からなくなった兄弟の伯父で、同居していた無職の男(51)を大阪市内で発見し、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕した。
また、県警は同日、焼け跡から見つかった2人の遺体がDNA型鑑定で、この家に住む兄弟の小学6年の男児(12)と弟の同1年の男児(7)と確認したと発表した。
捜査関係者によると、火災後、男は行方が分からなくなっていたが、同日午後、大阪市北区の扇町公園にいるのを発見。捜査員が任意で事情を聴いたところ、民家に火を付けたことを認めているという。
男の逮捕容疑は19日午後11時31分ごろから42分ごろまでの間にかけて、稲美町岡の自宅に火を付けて民家を全焼させ、兄弟を殺害した疑い。
捜査関係者によると、亡くなった兄弟は全焼した民家で両親と伯父の5人で暮らしていた。逮捕された伯父は兄弟の母親の兄で、数年前から同居していたいが、普段は兄弟や両親夫婦とほとんど接触がなかったという。
火災の通報があったのは19日午後11時50分ごろ。県警などによると、約20分前の同11時半ごろに、兄弟の父親が仕事終わりの母親を迎えに行くために外出。家の中には兄弟と伯父の3人がいたとみられる。捜査本部は父親の外出直後に、伯父が火を付けたとみている。
捜査関係者らによると、兄弟は普段、民家2階の部屋で寝ていたが、2階部分は火事で焼け落ちて崩落。兄弟の遺体は1階の廊下と和室で発見された。死因はいずれも、煙を吸い込んだことが理由の急性一酸化炭素中毒だった。また、1階で生活していた伯父が使っていたとみられる布団の燃えかすから可燃性の液体成分が検出され、県警は放火と断定して捜査していた。
(神戸新聞の記事から引用)


この伯父は「働きたくない、生活保護は受けたくない」と話していたと、別の報道では伝えています
目下の報道だけでは経緯が不明なので、何も言うところがありません
ただ、家屋に火をつけた時点で小学生の兄弟がいるのを承知していたはずであり、火事に巻き込まれて死亡するかもしれないと判った上で放火しているのですから殺意があったものと推定されます。放火殺人で2人が死亡しているのですから死刑が求刑されるケースでしょう
最近言われるところの「拡大自殺」だと解釈され事件で、自殺するだけの決心がつかないまま周囲の人間を巻き込むような殺人事件を起こす者を指します。通り魔的な犯行だったり、八つ当たりとも言える犯行だったりするわけですが、迷惑な限りです
この家の夫婦とて、善意で伯父の面倒を見ていたのでしょう
家を焼き、2人のこどもを死なせて伯父は満足したのか、訊いてみたいものです

(関連記事)
稲美町放火殺人 殺意をもって放火した未必の故意
https://05448081.at.webry.info/202112/article_2.html
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
鹿児島5人殺害事件を考える 死刑判決
鹿児島5人殺害事件を考える 「病気じゃない」発言
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告初公判
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
神戸5人殺傷事件を考える 心神喪失で無罪判決
神戸5人殺傷事件を考える 無期懲役求刑
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
元農水事務次官 控訴審でも懲役6年判決
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
山形の両親殺害柴田被告 懲役29年不服で上告
今も存在する戸塚ヨットスクール