岡山操山高野球部員自殺 教員のパワハラが原因

2012年7月、岡山県の県立操山高校の野球部マネジャーをしていた男子生徒が自殺した問題を取り上げます。両親は野球部の監督であった教諭の叱責が男子生徒を追い詰め、自殺に至らしめたと訴え続け、岡山県教育委員会に事実関係を調査するよう求めてきました
自殺から9年経って、ようやく県教育委員会は重い腰を上げ、第三者委員会に調査を託しています。その結果、両親が訴え続けてきた通り、野球部監督のパワーハラスメントを認める調査結果が出ました。なぜ、9年もかかったのか、と言いたくなります
(このニュースはすでに取り上げたものと思っていましたが、自分の勘違いでした)


2012年に岡山操山高校の男子高校生が自殺した問題で、岡山県教育委員会が生徒の遺族と面談を行いました。
県教委は第三者調査委員会で報告された自殺の原因や対応の遅れについての指摘を認めました。
(岡山県教育委員会/鍵本芳明 教育長)
「9年間という長きにわたりましてご遺族にもご心労をお掛けをしたということ、この辺が大きな反省をすべきところ」
遺族との面談には、岡山県教委の鍵本芳明教育長と岡山操山高校の武内洋二校長らが出席しました。
2012年7月、岡山市の岡山操山高校に通う野球部のマネジャーだった2年生の男子生徒が、野球部監督から厳しい叱責(しっせき)を受けた後に自殺しました。
遺族からの要望を受け県教委は2018年に第三者調査委員会を設置。2021年3月、調査委員会は監督の叱責が自殺の大きな要因であったと結論付けました。また、学校や県教委の初期の対応は「保身」であり、調査委員会の設置が「あまりにも遅すぎる」と指摘しました。
県教委は3日、遺族に対して監督の激しい叱責が自殺の原因となったことや、県教委が遺族に寄り添った対応をできていなかったことを認めました。そして、こうした問題が起きた原因への県教委としての見解を示しました。
県教委は今後、面談の中で遺族から指摘された不十分な点を改めて説明するとともに、関係者の処分についても検討するとしています。
(岡山県教育委員会/鍵本芳明 教育長)
「今後の再発防止策等をしっかりやっていくことによって、信頼を回復していかなければいけないと考えております」
これを受け男子生徒の両親は会見を開き、「事案発生理由の説明がなく、十分な説明にはほど遠い」と話しました。
(生徒の父親は―)
「現在も遺族の心情に寄り添った対応をいただけていないと感じております。いくら願っても息子が戻ってくることはありませんが、指摘や事実関係などを一点も落とすことなく、無くすことなく岡山の教育に生かしていっていただけたらいいな」
(KSBニュースの記事から引用)


2012年当時の操山高校野球部監督は、保健体育教師である塩尻伸浩と判明しています
自殺から1年後、塩尻教諭は当時の校長に連れられ遺族の元へ足を運んだのですが、話し合いの途中からブチ切れてしまい謝罪はなかったのだとか
経緯については東洋経済のウェッブサイトにまとめ記事がありますので、そちらを参照ください


野球部監督の叱責で16歳少年が自殺、遺族の訴え


さて、岡山県教育委員会の説明には、「関係者の処分についても検討する」とあります。検討するのではなく、処分を実施すると約束しないのでしょうか?
まったくやる気が感じられません。処分しないまま放置、という展開も考えられます
当然ながら、塩尻教諭のハラスメントを有耶無耶にした当時の学校長や県教育委員会の職員も懲戒処分の対象にするべきでしょう
自殺した生徒の両親が9年間も被害を訴え続けなければ教育委員会が動かないという実態に、頭がクラクラします。通常なら教育長が引責辞任してもおかしくないケースだと思うのですが、教育長はどこか他人事のような物の言い方をしています
もちろん、最初から訴訟に持ち込んで決着をつける選択肢もあるわけですが、それは遺族の考え次第です
ただ、上記の記事を読む限り、岡山県の教育が変わるとは思えないのであり、教育長の「今後の再発防止策等をしっかりやっていくことによって、信頼を回復していかなければいけないと考えております」という発言も虚しいだけです
日本は戦前、政治家や軍人が教育に口出ししたのを反省し、戦後は教育委員会制度を採用しました。教育行政を一般行政と切り離し、独立させたのです。結果、知事や市長といえど教育現場に介入できないようになり、教育現場が聖域化してしまったといえます。本件のように教育委員会が教師によるハラスメントを隠蔽するのも、聖域化してしまった弊害でしょう。教育委員会制度そのものを見直す時期に来ていると自分は思います。

(関連記事)
岡山操山高校野球部員自殺 事件から10年後に謝罪
https://05448081.at.webry.info/202203/article_11.html
岡山操山高野球部員自殺 部監督を懲戒免職にしない理由
https://05448081.at.webry.info/202111/article_38.html
岡山操山高野球部員自殺 部監督は停職3カ月処分
https://05448081.at.webry.info/202111/article_33.html
大分竹田高校体罰死事件を考える 顧問の独善
岩手県立高体罰事件を考える 顧問教師の責任は?
https://05448081.at.webry.info/202007/article_23.html
岩手県立高体罰事件を考える 生徒の自殺
https://05448081.at.webry.info/201902/article_7.html
チア練習で下半身不随 高校に賠償求め提訴
バレーボール部顧問 女子部員への体罰で逮捕
https://05448081.at.webry.info/202206/article_52.html
小学生バレーボール部監督 体罰で永久追放
児童を黒板に叩きつけた教師に有罪判決
児童の頭を黒板に叩きつけた教師 停職処分で辞任
児童を黒板に叩きつける 豊橋の小学校教諭
福井中学生自殺 担任の?な釈明
福井中学生自殺 生徒を死に追いやった教師
体罰教師 5度目で停職処分
松山の中学で教師が10数発、生徒を叩く
京都地裁 体罰教師の氏名公開を命じる判決
体罰は必要だとする産経新聞の記事
大阪の中学 桜宮高校の元体罰教諭をコーチに招く
桜宮高校体罰教師に執行猶予判決
桜宮高校の体罰教師起訴 平手打ちのビデオ
体罰教師はなぜ体罰を繰り返すのか 研修も中身なし
桜宮高校 体罰の元教師がテレビで謝罪
桜宮高校 自殺生徒が顧問に書いた手紙
桜宮高校 顧問の処分軽減の嘆願書に1100人が署名
桜宮高校 体罰教師は土下座していた
桜宮高校 体罰教師は今何をしているのか?
桜宮高校 体罰を隠蔽する校長
桜宮高校 体罰で生徒が自殺
髪の黒染強要で生徒が不登校 大阪府立懐風館高校
髪の黒染強要 教育長謝罪も訴訟で争う構え
髪の黒染強要 違法性なく学校の裁量と判決
中学教師体罰 全治3カ月の重傷で逮捕
中学体罰教師 上野宝博を傷害で起訴