ノーベル賞欲しがる韓国 大学研究レベルは年々低下

今年のノーベル賞は気候変動の数値モデルを構築した真鍋淑郎プリンストン大学上級研究員の物理学賞受賞で盛り上がりました
号外も配られた日本の興奮を横目に、落胆していたのが隣の国です
毎年、「韓国からノーベル賞の受賞者が出るはずニダ」と叫びつつ、空振りを繰り返しています。しかも、ここ最近、韓国の大学の研究レベルが低下しているとの指標が報じられ、前途は多難です
中央日報と朝鮮日報の記事から引用します


◇韓国、ノーベル賞クラスの学者はいるが受賞はまだ
ノーベル賞の季節がくるたびに、韓国では日本など周辺国をうらやむと同時に「韓国はなぜ受賞できないのか」という自省の声が出てきます。だが韓国もまだノーベル科学賞受賞者がいないだけで近付いているという評価を受ける学者がいないのではありません。
毎年ノーベル賞受賞者を予測するグローバル学術分析企業クラリベイト・アナリティクスは9月に今年のノーベル賞級研究者16人のリストを発表したが、ここには李鎬汪(イ・ホワン)高麗大学名誉教授が生理医学賞候補に含まれました。昨年はソウル大学の玄沢煥客員教授がこのリストに含まれたりもしました。
ノーベル賞の受賞トレンドは徐々に変わっています。過去には欧州の国が主に受賞し、次第に米国に中心が移っていき、最近では協業の重要性が高まりさまざまな国の学者が共同受賞する傾向が強いです。韓国も卓越した研究者がいないのではなく、遠からず受賞者が出てくるでしょう。
◇研究の質と影響力がノーベル賞の条件
国家的に見れば、1人2人の卓越した研究者がノーベル賞を受賞するかより重要なのは、そうしたノーベル賞級研究者が着実に輩出されるかということです。クラリベイト・アナリティクスが受賞者を予測する方法は核心論文の被引用を分析するものです。1000回以上被引用された論文は全体の0.01%にすぎないが、こうした高被引用論文を発表した研究者がノーベル賞に近いということです。それだけ重要な研究結果なので他の学者が参考(引用)せざるを得ないという意味です。
実際に昨年韓国研究財団が2008~2018年のノーベル賞受賞者の論文を分析した結果、物理学賞受賞者の核心論文は1本あたり平均2330回被引用されました。しかし受賞者ごとに発表した論文件数はまちまちです。数百本発表した研究者もいるが数十本だけ出したケースも少なくありません。多作がそのまま研究の質を意味しないためです。
◇ソウル大学の論文量は世界最上位、高被引用の割合は遅れ
しかし韓国は論文の量を重視する風土が相変わらずです。
オランダのライデン大学が発表する「2021ライデンランキング」によると、2016~2019年の4年間のソウル大学の論文量は1万7289本で世界13位です。米スタンフォード大学の1万6454本、英オックスフォード大学の1万6088本より多いです。延世(ヨンセ)大学が55位、成均館(ソンギュングァン)大学が85位、高麗大学が97位と上位に入りました。
これに対し論文の質といえる分野別被引用上位10%の論文の割合を見ると、ソウル大学が7.5%で世界828位にとどまります。スタンフォード大学の21.7%・5位、オックスフォード大学の18.6%・13位とは大きな差を見せます。
もちろんこうした断片的な数値がノーベル賞を受賞できない理由と断定するのは難しいです。しかし世界的な研究中心大学といわれる所はほとんどが論文量よりは高被引用を記録する論文の割合が高いというのが共通点です。
韓国研究財団の分析によると、研究者が核心研究を始めてからノーベル賞を受賞するまで平均31.9年がかかったといいます。結局長期的観点から研究者を支援できる土台が重要です。研究費を得るため短期間で結果を出さなければならない支援体制では限界は明らかです。
(中央日報の記事から引用)


これまで韓国の大学は外国人教員の比率、国際的な研究協力など国際化の進展を示す指標でシンガポールや中国など他のアジア諸国に比べて相対的に競争力が低いと指摘されてきた。今年のアジア大学評価で明確になった韓国上位大学の順位下落は「大学教育の核心となる研究の量と質が同時に下がったため」と分析されている。
たとえば教授がどれだけ競争力の高い研究を行ったかを示す「論文の被引用数」でソウル大学の順位は昨年の48位から今年は63位へと15ランクも下落した。KAISTは論文の量を示す「教員当たりの論文数」で10位から18位、「論文の被引用数」では28位から33位に下落した。
韓国の大学における劣悪な研究・教育環境も順位下落の原因の一つだ。「教員当たりの学生数」はソウル大学が24位→40位、成均館大学が32位→37位に下落するなど上位の大学で軒並み順位が下がった。博士学位を持つ教員の割合も韓国の上位大学5校のうちKAIST(1位→26位)、成均館大学(1位→148位)、延世大学(72位→150位)の4校は順位が前年に比べて大きく下落した。ソウル市内のある私立大学教授は「13年連続で授業料などが凍結され、影響で大学の財政は徐々に悪化している。そのため教員の空きを兼任や招へい講師で穴埋めする大学が増えているからだ」と説明した。
(朝鮮日報の記事から引用)

大学の発表する「論文の数」という総量だけで研究機関としての質を云々することはできません。「2021ライデンランキング」を見ると、中国の大学が上位に名を連ねています。東京大学は22位、京都大学は54位です。これだけ見れば、ソウル大学の方が東大や京大より上、となるわけですが、実際は違います。ソウル大学や中国の大学の場合、あまり役に立たない論文を連発し、いかにも研究しているフリをしている、との疑惑が浮上します(実際は個々の論文の質を判断しなければなりませんので、そう簡単に決めつけられないのですが)
興味のある方はライデンランキングを御覧ください

2021ライデンランキング

大学の教育水準を図るランキングは欧米の研究機関・大学・民間企業の発表するものが何種類も存在しており、それぞれ独自の指標を設けて評価しています。中には英語で講義が実施されているか、外国人教員の割合がどれくらいかを評価するものもあり、日本の大学はいずれも極端に低い評価結果になります。日本の大学の特徴は、日本語で高い水準の講義が行われているところにあります
何を当たり前のことを、と思われる方もいるのでしょう。しかし、韓国では理数系の学科の講義は英語で行われる場合が多く、教科書も英語のものを使っています。英語が国際語だからという理由ではなく、韓国語で書かれた大学レベルの化学や物理、数学の教科書がほとんどない、のが理由です
また、途上国の大学では外国人教師に講義を依存している場合が多く、必然的に英語で講義が行われているという事情もあります
日本語で講義が行われ、日本語で書かれた教科書が使われ、日本語で議論が交わされる日本の大学は、世界から見てとてもユニークな存在です

(関連記事)
韓国のノーベル賞プロジェクト頓挫
韓国メディア「日本は外交がうまいのでノーベル賞を取れる」
https://05448081.at.webry.info/202204/article_1.html
ネオジム磁石開発の佐川眞人氏にエリザベス女王工学賞
https://05448081.at.webry.info/202203/article_29.html
「中国がノーベル賞を取れないのは不運だから」 中国メディア
ノーベル物理学賞に真鍋淑郎プリンストン大上級研究員
今年(2021年)もノーベル賞を渇望する韓国
「ノーベル賞で騒ぐ韓国は幼稚」と批判する韓国人科学者
韓国 ノーベル賞を超える科学賞を設立へ
吉野彰フェローのノーベル化学賞受賞 複雑な韓国の反応
韓国教授「ノーベル賞獲得数で日本を追い越せる」と豪語
ノーベル賞の季節 韓国の候補者は?
日本人のノーベル賞に妬み炸裂 韓国メディア
本庶教授のノーベル賞に対する韓国の反応
文在寅大統領のノーベル平和賞に期待する韓国
ノーベル賞候補の韓国詩人 セクハラで批判浴びる
韓国詩人高銀、ノーベル文学賞確実と語るエール大教授
ノーベル文学賞を熱望する韓国
韓国メディア「ノーベル文学賞の取るには民族文学は不利」
ノーベル文学賞が獲れない韓国 短編小説を礼賛
日本のノーベル賞について韓国の偏見・誤解・嫉妬
ノーベル文学賞候補 村上春樹は選ばれるか
「日本は英語が苦手でもノーベル賞を取る」と説く韓国人学者
韓国 「5年以内にノーベル賞を獲るプロジェクト」
「村上春樹のノーベル賞予想に浮かれる日本」と書く海外メディア
ノーベル文学賞欲しい韓国 村上春樹よりも名作を書けと厳命
「日本の科学力後退」とはしゃぐ韓国メディア
ノーベル賞獲得を目指すサムスン 毎年、対策発表?
ノーベル物理学賞に梶田隆章氏ら決定
ノーベル医学生理学賞に大村智氏ら決定
2015年ノーベル賞の候補となる日本人研究者
山中教授のノーベル賞を悔しがる韓国