性犯罪者支援団体代表 強姦で初公判も黙秘

性犯罪者の更生を支援すると謳った団体の代表を努めていた松本学被告は、インターネットのマッチングアプリで女性に金銭援助をちらつかせてわいせつ行為を繰り返し、その様子を撮影するなどして女性を脅し、服従させるという手口の犯行を繰り返して逮捕、起訴されています
被害者は200人にも達すると言われていますが、大阪地検は被害者を特定できた2件で起訴したようです。大阪府警はなおも余罪を捜査中だと述べており、追加で起訴されるのでしょう


マッチングアプリで知り合った女性に性的暴行を加えたとして、強制性交等などの罪に問われた一般社団法人「さなぎの樹」代表、松本学被告(48)の初公判が1日、大阪地裁であった。松本被告は「黙秘します」と述べ、弁護人も認否を留保した。
さなぎの樹は、犯罪被害者の支援をうたう一般社団法人で、被告が今年6月に設立した。法人登記によると、団体の目的に「性暴力の加害者が、再加害を防ぐための治療共同体の運営」などを掲げている。
検察側は冒頭陳述で、被告はマッチングアプリで知り合った女性に金銭的な援助を持ちかけ、「面接」と称して裸にさせ、録画をしたと指摘。昨年8月、当時21歳の女性に対し、画像を女性の親に送るとほのめかして脅し、女性に性的暴行を加えたと主張した。2019年9月には、録画した動画を使って当時19歳の女性を脅迫し、わいせつな行為をしたとも訴えた。
(朝日新聞の記事から引用)


認否を留保したのは、今後、余罪として追加起訴されるのを見越し、すべての事件で起訴された時点で態度を明らかにしようとする狙いがあるものと推測します。ただ、その時点で自身の犯行を認めるかどうか、分かりません
再逮捕時も、事件について認否を保留し、沈黙していたと報じられています
余罪として何件、起訴されるか不明ですが、松本被告が「合意の上での性行為だった。犯罪だとは思っていない」と全面否認する可能性もあるのでしょう
別の性犯罪事件で長い裁判を闘っている元ヒステリックブルーのギタリスト、二階堂直樹被告も「強制わいせつではない」と否認し、公判は半年間にも及びました。強制わいせつなら実刑もあり、また服役しなければならないと考え、条例違反事件となる痴漢行為にすぎないので罰金刑が相当であると主張し続けています。被害者に恐怖感を与えてしまったと謝罪の弁を口にするものの、あくまで自分中心の考え方を手放せないのは明らかです
さて、松本被告の場合はどうなのでしょうか?
同様の犯行を繰り返し、数多くの女性に被害を与えたところからすれば、やはり自分中心の考え方で「オレは悪くない」と言い張るのかもしれません。「すべては合意の上であり、犯罪の要素はない」と。これも性犯罪者特有の認知の歪み、というものでしょう
もちろん、裁判の場で通用する理屈ではありません。被害者が多いのであれば10年以上の長期刑が科せられるはずです

(関連記事)
性犯罪支援団体代表強姦 被害者は200人?
性犯罪支援団体代表強姦で逮捕 妻と涙の面会
性犯罪支援団体代表 強姦容疑で逮捕
ヒステリックブルーのナオキ 再犯に至る事情
ヒステリックブルーのナオキ 強制わいせつ未遂で起訴
ヒステリックブルーのナオキ 法廷で検察官と激しい応酬
SMプレイにはまり4人殺傷の中国人留学生に懲役28年判決
カリフォルニア少女監禁事件 禁固431年の刑
女児86人をレイプした小児科医 アメリカ
南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償
男性190人をレイプで終身刑 英国
英刑務所 小児性愛者が受刑者に刺殺される
米体操界元医師による性的虐待 禁固175年
10歳女児2人に手錠をかけ暴行 懲役11年
小4女児誘拐で懲役15年求刑
静岡の中学教頭 山本英仁の鬼畜な犯行
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
小学生に覚醒剤を打ち淫行、懲役23年の判決
強姦・強盗の今泉成博被告 懲役40年求刑
三菱UFJ銀行員 薬物レイプで懲役22年判決
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕

順天堂大医師 15年盗撮を続けて有罪判決

順天堂大学病院に勤務する医師が、看護師や女子高生を狙った盗撮を15年間も繰り返していたとして逮捕された事件を取り上げます
世の中には様々な性癖を持つ人がいるわけですが、単にアダルトビデオを15年間視聴をしただけでは犯罪になりませんし、日常生活に支障がない限りはそれを咎められたりしないはずです。奥さんからは嫌な顔をされるとしても
しかし、盗撮行為そのものが犯罪ですから、犯罪を15年間繰り返したのであり、強く非難されるのは当然でしょう。裁判では懲役1年執行猶予3年の判決で、服役こそ免れたものの有罪判決を受けた事実は重いのです
順天堂大学病院の医師高梨雅史は脳神経内科が専門で、パーキンソン病の研究で知られた存在だったそうです。准教授を兼ね、将来の教授候補でもあったのですが、逮捕・起訴された結果すべてを失ったのだとか
裁判の傍聴記事を書いている阿曽山大噴火さんのブログから引用します
将来を期待されながら、なぜ15年間も盗撮行為を止められず繰り返したのか、が問題です


看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた順天堂大学の医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト
(前略)
まずは4月14日に行われた初公判。起訴されたのは3件です。1つ目は、去年10月13日午後4時に東京都文京区の交差点で、被告人が被害女性Aさんの後方から近づいて、靴の中に入れた小型カメラでスカート内を撮影した件。
2つ目は、去年10月31日午後0時53分に文京区の交差点で氏名不詳者の後方から近づいて、同様の方法でスカート内を盗撮した件。
3つ目は、同じ10月31日午後1時9分に同じ場所で、被害女性Bさんの後方から近づいて、同じ方法でスカート内を盗撮した件。余罪が多数あるという報道でしたが、この罪に問われるのはこの3つだけ。罪状認否で被告人は「特に違ったところはありません」と罪を認めていました。
検察官の冒頭陳述によると、被告人は大学卒業後に順天堂の大学院に進んで2003年に医学博士を取得。2005年には准教授になり、その後も順天堂大学内の複数の施設で働いていたそうです。
その一方で被告人は2006年頃から職場で同僚の看護師のスカート内を盗撮するようになっていたとの事。スカート内の撮影が成功すると、その女性の容姿をGoProで撮影して自分好みに編集し、その映像を完成品と呼んで自宅のPCに保存していたといいます。
家宅捜査では、スカート内を撮影した動画が「NS逆さ」「JK逆さ」というファイル名でPC9台中4台から見つかっていて、全部で3.63テラバイトの容量だったそうです。
(中略)
取り調べに対し被告人は「中学生の頃に下着を題材にした本を読み興味を持った。最初に機材を使って下着を撮影したのは2006年で、職場で看護師を撮影した。2008年に制服がスカートからズボンに変わったので看護師の撮影はやめた。有名女子校の制服が好きで多い時は週に2〜3回撮影していた。普通に小型カメラが買えるようになり、2014年からはカバンの中にカメラを入れると逮捕のリスクが高いので、沢山穴が空いているナイキのスニーカーの中にカメラを入れて盗撮するようになっていた」と述べているようです。
(中略)
弁護人「被告人の対人関係はいかがでしたか?」
後輩医師「弱みを見せる事はほとんどない方で、本音を語って下さらない方だなと」
弁護人「皆さん医師も悩みを抱えたりしているのでしょうか?」
後輩医師「競争が激しくプレッシャーを皆感じています。研究論文を出して研究費を確保しなければならず、特に助教授から准教授になる30代が最も大変だと思います、全ての職務で成果を上げなければいけないので」
弁護人「被告人の様子として異変はありましたか?」
後輩医師「過食気味で100kgを超えていた事もあるので心配でした。お菓子をすごく食べたりしていて」
ストレスでよく食べていたみたいですね。食べるのは犯罪ではないのですが、同僚が心配するほど食べていたとは。
続いて検察官から質問。
検察官「さっき病院で被告人は全く問題なかったと答えていましたけど、脳神経内科で盗撮していたんだから問題がないとは言えないんじゃないですか?発覚してなかっただけで」
後輩医師「…はい」
(以下、略)


順天堂大学医学部の助教授(准教授)になったのが2005年であり、その頃から盗撮が始まったようです。以来15年、勤務していても教授にはなれないのですから、厳しいものです
単にストレス解消のために盗撮を繰り返したと言うのは簡単ですが、本当にそうなのか?
盗撮が犯罪であると理解していたはずですし、盗撮が止められない状態に後ろめたさやバレるかもしれないと危機感を抱いたことがなかったのかどうか?
単に撮影するだけでなく、編集して手を加え「作品」に仕上げる念の入れようは、それだけ趣味として高梨被告の性分に合っていたのかもしれません。が、何度も書いているように犯罪です
ただ、それを販売して金銭を稼ごうともせず、あくまで自分用だったのは同好の士と交流する気もなく、孤立した状態を示しています
医大で教授を目指すには、あくまで教授の下僕として滅私奉公を黙々と続け、順番が巡ってくるのを待ち続けなければならない理不尽さを甘受しなくてはならないのでしょう。まともな感覚の人間なら途中で投げ出すのかもしれません
大学を解雇され、医師としての就労が適うかどうかは不明です。ともあれ、上を目指そうとする人間は自分を律し、犯罪に手を染めてはいけません。今はインターネットで「過去」を掘り返すのも可能ですから、中学生時代や高校時代のいじめまで掘り返され、バッシングされる世の中だと自覚する必要があります

(関連記事)
国会トイレで盗撮 経済産業省職員は不起訴
https://05448081.at.webry.info/202112/article_13.html
京都大教授 女学生との不適切な関係で辞職
神奈川大准教授 下着泥棒で逮捕
立命館大でセクハラ 准教授ら相次いで処分
早稲田大教授、セクハラでクビ
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 初公判
福井大学「赤とんぼ」准教授不倫殺人 懲役3年6月の実刑判決
日立の企画本部長がチンチン出して逮捕 その後は
防衛省キャリア課長が痴漢で逮捕
日本IBM元社長が盗撮で逮捕
法務省幹部 トイレ盗撮で書類送検
「キングオブコメディ」高橋 女子校制服盗で逮捕
蓮舫議員の公設秘書が痴漢
セクハラ初鹿明博衆院議員 ようやく辞職
立民党初鹿議員 強制わいせつで書類送検
民進党初鹿議員 女優をラブホテルに連れ込み
週刊誌に「女子大生とエッチした」と書かれた佐田玄一郎議員