146キロ暴走事故で7536万円の賠償命じる判決

2018年12月、津市の国道を時速146キロで走り、タクシーに衝突させて4人を死亡させ1人に重傷を負わせる事故がありました。刑事裁判では1審津地裁が危険運転致死罪を適用せず、末広雅洋被告に過失運転致死傷罪で懲役7年の判決を下し、控訴審も同様の判断を示していました。判決はそのまま確定しています
末広被告は本件以前にも8回、事故を起こしている悪質ドライバーでした。それにしても一般道を時速146キロで走行しても「危険運転ではない」と判断する裁判所の感覚には唖然とさせられます。結果として死亡事故を起こしているのですから、危険運転致死罪を適用すべきでしょう。またしても過去の判例に縛られているのか、と言いたくなります
さて、そんな末広被告に対し、死亡した大西さんの遺族が損害賠償を求める民事訴訟を起こし、7536万円の支払いを末広被告に命じる判決が出ました


3年前、猛スピードの乗用車がタクシーと衝突し、5人が死傷した痛ましい事故で、遺族らが乗用車の運転手などに1億4000万円余りの損害賠償を求めた民事裁判が、11日に判決を迎えました。
3年前の12月、津市の国道を時速146キロの猛スピードで走行する白い乗用車。この直後、国道沿いの店から出てきたタクシーに衝突し、乗客の大西朗さん(当時31)ら男性4人が死亡、1人が重傷を負う惨事へとつながりました。
乗用車を運転していた当時IT会社経営の末広雅洋元社長(59)は、今年2月に過失運転致死傷の罪で懲役7年の実刑判決を受け、服役。一方、婚約者を含む大西さんの遺族らは末広元社長などを相手取り、およそ1億4400万円の損害賠償などの支払いを求め民事裁判を起こしていました。
刑事裁判に続く民事での争い。これまでの裁判で、末広元社長は答弁書を通じて過失は認める一方、賠償額については争う姿勢を示し、請求の棄却を求めていました。
11日の判決で、津地裁は「末広元社長には制限速度を大幅に超過するなどの過失があった」と指摘。一方で遺族らが総額1億4000万円余りを求めていた賠償額は、慰謝料など合わせて7536万円余りの支払いを命じました。
判決を聞いた大西さんの遺族は…。
大西さんの母・まゆみさん:
「厳しい判決やったなって。判決で認められないという、そういう辛さというのをやっぱり今日感じました」
大西さんの婚約者・牛場里奈さん:
「金額とかじゃないんですけど、私の人生ってこれ位の値段なのかなみたいな。本当やったら、結婚して子供が生まれてとか幸せな生活をこれからしようって」
(東海テレビの記事から引用)


交通死亡事故として大西さんの遺族には自動車保険会社から保険金が既に支払われているはずです。なので、この損害賠償請求は保険金支払いとは別です
末広被告は事故当時、三重県津市に本社を置く建築・土木工事積算ソフトウェアなどを開発販売する企業ビーイングの社長をしていました。が、事故後に「一身上の都合」で辞任しています
この事故では大西さん以外にも3人の方が亡くなり、1人が重傷を負っています。同じように末広被告に損害賠償請求を起こしたとして、同じ金額が支払われる、というわけにはいきません。裁判所なりに被害金額を見積もる計算式があり、請求金額の如何に関わらず裁判所が算定した金額で支払いを命じます
末広被告は被害者に賠償金を支払うのがそれほどまでに嫌なのでしょうか?
夜の国道をベンツで、制限速度を守って走っていれば事故にはならなかったのであり、どう考えても末広被告の責任です。タクシーの運転手といえども、一般道で140キロものスピードで暴走してくる車がいるとは予見できないわけで

(関連記事)
146キロ暴走事故でも「危険運転ではない」と控訴審判決
飲酒、146キロ暴走でも「危険運転ではない」と判決
飲酒運転で幼児3人死亡事故 懲役20年確定へ
つがる4人死亡事故 危険運転で起訴も無罪主張
つがる4人死亡事故 懲役20年判決
東名あおり運転裁判 危険運転を否認
東名あおり運転裁判 懲役23年求刑
亀岡暴走事故 懲役5年以上8年以下の実刑判決
亀岡暴走事故 被害者の近況と少年法
無免許運転で児童の列に突っ込む 懲役は7年前後
祇園暴走事故 損害賠償請求裁判
京都の暴走事故 てんかん患者が運転
クレーン車事故で運転手起訴 危険運転致死罪は見送り
クレーン車事故を考える2 「てんかん」隠していたと母親が謝罪
クレーン車事故 6人殺害して懲役7年の求刑
飛行機内で泥酔、暴行で懲役20年?
小樽の飲酒ひき逃げ 危険運転で懲役22年判決
歌川5人殺傷交通事故 懲役23年の実刑判決
前橋女子高生渋滞事故 運転の固執した85歳
小学校教頭 飲酒ひき逃げ死亡事故で逮捕
死亡ひき逃げ事故 小学校教頭に実刑判決
池袋暴走事故 被告は控訴せず実刑確定
池袋暴走事故 飯塚被告は初公判で無罪主張
池袋暴走事故 88歳飯塚幸三はまだ起訴されず

大阪府教育庁職員 女児わいせつで5度目の逮捕

教育関係者による児童・生徒へのわいせつ事件があまりに多いので、どの事件をブログで取り上げたのか、取り上げていないのか頭が混乱しています
大阪府教育庁(東京都や大阪府は教育委員会ではなく教育庁という名称になります)の指導主事だった石川翼容疑者は、小学校低学年の女児を狙った強制わいせつ事件を繰り返しており、7月に逮捕されています。その後、石川容疑者のスマートフォンから女児にわいせつ行為をしている場面を撮った画像がいくつも見つかり、余罪が追求され5度目の逮捕に至ったと報じられています


大阪府教育庁の指導主事だった男が、7歳の女の子に性的暴行を加えた疑いで再逮捕されました。 今回が5度目の逮捕です。 強制性交などの疑いで再逮捕されたのは、元・大阪府教育庁指導主事・石川翼容疑者(45)です。 石川容疑者は2019年5月と10月に、堺市南区にある集合住宅の敷地内などで当時小学2年の女の子(7)に性的暴行を加え、その様子をスマートフォンで撮影した疑いが持たれています。 警察によると、石川容疑者は今年7月に6歳の女の子の体を触った疑いで逮捕され、押収されたスマートフォンに写真や動画があったため、警察が余罪を捜査する中で今回の被害が発覚したということです。 石川容疑者が逮捕されるのはこれで5回目で、調べに対し、「黙秘します」と供述しています。
(ABCニュースの記事から引用)


石川容疑者は8月25日付けで懲戒免職処分を受けています。事由としては「令和3年7月、堺市内の集合住宅の敷地内において、女児の背後からスカートの中を動画で撮影した後、スカートをめくりあげ、写真を撮った。また、違法であることを認識しながら、海外のウェブサイトから児童ポルノをダウンロードし、所持していた」と発表されています。が、これも石川容疑者の犯行の一部に過ぎないのであり、どこまで立件されるのか不明です
堺市の府営住宅か市営住宅という団地の死角を利用し、幼いこどもばかり狙って犯行を重ねていたものと思われます。さらにわいせつ行為をしている場面をスマートフォンで撮影までして
教育庁に勤務する指導主事でありながら女児を狙う性犯罪者だったわけであり、これを石川容疑者が裁判の場でどう釈明するのか、聞きたいところです。記事にもあるように、最初の逮捕時点では自身の犯行を認める供述をしていた石川容疑者ですが、5度目の逮捕に至っては黙秘に転じています。懲戒免職処分を受け、それでもなお黙秘し、保身を図ろうというのですから呆れます。教育行政に関わった者として、被害者やその家族のことを少しでも慮り、罪を認め謝罪しようという気になれないのでしょうか?
いまさら黙秘したところで無罪判決が下されるはずもなく、懲戒免職が取り消されたりはしません
前科もなく初犯であろう者なら素直に犯行を認めることで執行猶予付き判決も期待できるのかもしれませんが(既に懲戒免職処分という社会的な制裁を受けている事情も斟酌されます)、黙秘に転じたなら「罪を認めず、反省しているとは考えられない」として実刑もあるでしょう

(関連記事)
連続少女暴行魔近藤善広 懲役10年と罰金刑判決
https://05448081.at.webry.info/202112/article_49.html
連続少女暴行魔近藤善広 公判で証言を拒否
連続少女暴行魔近藤善広 4度目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社社員10回目の逮捕
就活生を強姦 リクルート子会社元社員9度目の逮捕
女子児童5人を強姦し懲役20年 鬼畜教師
わいせつ教師に懲役30年の判決
「私は神だ」と称する女児猥褻犯に実刑判決
小4女児誘拐で懲役10年の判決
女生徒監禁の教師 内田慎也被告に懲役8年の判決
中学教師が生徒を監禁・暴行し逮捕
静岡の中学教頭 少女2人へのわいせつで懲役12年
静岡の中学教頭 少女誘拐監禁で懲役16年求刑
静岡の中学教頭が少女を誘拐し逮捕
小学校教頭が女子中学生を誘拐未遂・逮捕
連続強姦魔 原田義人に無期懲役判決
強姦の元NHK記者に懲役24年求刑
元Jリーガー神村奨連続強姦事件で懲役30年