岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘

これまで曲りなりにも検察官や裁判官と公判廷でやり取りをしてきた勝田州彦被告ですが、11月10日の検察官による被告人質問の途中から黙秘に転じ、「質問に答えません」と宣言しています。翌日の裁判官や裁判員からの質問には応じていますので、検事からの追及を極度に警戒しているのでしょう
公判の展開の中で勝田被告はいよいよ自分が追い詰められてしまったと感じ、検事の質問に弁解してきたものの、矛盾だらけになってきたため黙秘を決め込んだものと思われます。裁判官や裁判員の質問に応じたのは、少しでも自分の印象をよくし有利な判決を得たいという計算なのかもしれません
前回も書いたように、状況は勝田被告に不利です。勝田被告は自分の無罪を証明する証拠も提出できませんし、証人もいません
事件の経緯はこれまでにも書いてきましたので、省略させてもらいます。恐れ入りますが、下記の関連記事の方に目を通してください
公判のやり取りを報じた記事を2本、引用します


捜査段階で一度犯行を認めた際に事件現場の間取りや殺害方法について供述しましたが、「事件後にテレビの特番を見た記憶や捜査員の誘導によるものだ」としています。
被告人質問3日目の10日は検察側が質問しました。
検察側は「取り調べを受けたのはテレビの特番を見てから12~13年も経っているのに覚えていたのか?」など5つの質問をしましたが、勝田被告は無言でした。
そして、倉成章裁判長が「答えるつもりはありませんか」と尋ねると勝田被告は、「どんな質問をされても答えるつもりはありません」などと述べました。
これを受け、倉成裁判長は「これ以上、検察側の質問の必要はない」として10日の公判を約30分で打ち切りました。11日は裁判官と裁判員が被告人に質問します。
(KBS瀬戸内放送の記事から引用)


17年前、岡山県津山市で当時小学3年生の女の子が殺害された事件の裁判で、裁判官と裁判員による被告人質問が行われました。被告の男が逮捕前、母親に犯行をほのめかす手紙を送った理由について質問が相次ぎました。
起訴状などによりますと、勝田州彦被告(42)は2004年9月、津山市の住宅で当時小学3年生の女の子の首を絞めた上、腹や胸を刃物で複数回刺して殺害した罪などに問われています。
勝田被告は逮捕前、自身の母親に宛てて「女の子の家に入って首を絞めた。怖くなって外に出ると別の男が家に入っていった」という内容の手紙を送っていました。これまでの裁判で勝田被告はこの手紙は「作り話」で、「真犯人を目撃したと言って自分が殺人犯ではないと母親を安心させたかった」と話しています。
10日は検察側からの被告人質問が行われましたが勝田被告は黙秘を貫き、11日は裁判所側からの質問が行われました。
裁判員や裁判官は、「母親を安心させたいなら、なぜ自分はやっていないと本当のことを言わなかったのか」「首を絞めたと手紙に書いたら自分も疑われると思わなかったのか」などと問いました。
これに対し勝田被告は、「実家に捜査の手が伸びていると知って怖かった」「殺害はしていないから、そのことを伝えれば大丈夫だろうと思った」などと述べました。
また、質問に対し「どう答えればいいかわかりません」と答える場面が多くありました。
(KBS瀬戸内放送の記事から引用)


最初の記事で問題にされたのは、任意の取り調べ段階で勝田被告は警察官に求められるまま、犯行現場の家の間取り図を描いた件です。現場に行った者でなければ間取り図は描けないのですが、勝田被告は「テレビの特番で事件を扱っており、そこで放映された見取り図を真似て描いただけであり、現場には行ってない」と供述を翻し、無罪を主張しています。本件犯行に関わっていない人間がたまたまテレビの特番を見たとしても、間取りの細部まで記憶しているとは考えられないのであり、勝田被告が嘘をついている可能性が大です
次の記事で問題にされたのは、任意の取り調べ段階で勝田被告が母親宛てに送った手紙に、「女の子の首を絞めた」と書いた件です。手紙の内容を勝田被告は、「自分が女の子の首を絞め(殺害はしていない)て家の外に出ると、別の男が家の中に入って行ったので、その男が殺害したのだろう」との主張です。いかにも取ってつけたような言い草であり、偶然別の男が現れて殺害するなどという展開はありえないでしょう
勝田被告は現時点で、殺害現場には行ってないと主張しているのですから、手紙の内容とは矛盾します。なので、「手紙に書いたことは嘘」だと主張を一転させているわけです
こうして前言を撤回すればするほど、勝田被告の現時点での主張は信憑性を欠いたものになり、真犯人が罪を免れるために嘘に嘘を重ねていると受け取られるわけです。裁判員も勝田被告の無罪主張を疑わしく思うのでしょうし、弁護人もお手上げではないでしょうか?
裁判は今月24日に最終弁論が予定され、判決は来年1月6日に言い渡されます
勝田被告は死刑になると恐れているようですが、過去の判例を踏襲するなら被害者は1人なので死刑判決はありません。無期懲役を検察は求刑するとしても、判決は有期刑になるのではないか、と予想します

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 精神鑑定で語った事実
https://05448081.at.webry.info/202201/article_40.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202201/article_10.html
岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認
https://05448081.at.webry.info/202201/article_8.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑
https://05448081.at.webry.info/202111/article_42.html
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半

排水管修理30万円請求 詐欺容疑で5人逮捕

昨年5月に実家に引っ越しました。古い家なので各種トラブルが相次いで起きます。昨年末には水道検針員の方から、「漏水しているのではないか?」と指摘を受け、市水道局の指定業者に依頼し水道管をつなぎ替える工事をしました。家の土台回りのコンクリートを割って水道管を探し、漏水箇所を2箇所特定して管を繋ぎ変え、工事費は3万円少々でした。今年7月にはトイレの排水管が詰まったので、これも浄化槽のメンテナンスを契約している会社に依頼。バキュームカーでやって来て吸い取り、30分ほどで解決しました。作業代金は8800円(税込み)です
報道されるところによると、トイレの詰まりだけで数十万もの作業代金を吹っかける悪質業者が全国あちらこちらにいるようです。インターネットで広告を出している業者を信用して依頼すると、とんでもない事態になるという話の一例を朝日新聞が取り上げています


水回りの修理工事を頼んだら、業者から高額な代金を請求される。そんなトラブルが兵庫県内で増えている。不要な工事を紛れ込ませて代金を上乗せするなど手口が巧妙なものもあり、県警は10月、詐欺容疑で男5人を逮捕した。消費生活センターも注意を呼びかける。
「排水口 詰まり 加古川市」
加古川市の50代男性は昨年6月、台所の詰まりを直してもらうため、ネットで検索した。
検索結果のトップに出てきた業者の電話番号をメモし、妻に連絡を頼んだ。数日後に妻が電話すると、まもなく業者はやってきた。男性は仕事で不在だった。
「床下の排水管にひび割れがあるので交換する」
業者にそう言われ、工事前に示された金額は合計30万円。「税込み33万円のところ、値引きした」とも説明された。詰まりは高圧洗浄機で解消されていた。
家にいた長男が近くのATM(現金自動出入機)で現金を下ろして支払った。
男性は帰宅後、領収証を見てあぜんとした。「ゼロが一つ多いんやないか」。交換されたはずの排水管を見ると、粘土のようなもので固められていた。
市の消費生活センターに相談し、クーリングオフを試みたが業者は一切応じなかったという。
県警は10月、この工事で現金をだまし取ったとして、水道工事会社「町の水道屋受付センター」(神戸市中央区)社長の男ら5人を詐欺の疑いで逮捕した。
生活経済課によると、業者が「交換した」と言った排水管を県警が調べたところ、元の排水管に防水パテを塗っただけで、架空工事の疑いがあるという。
同じく逮捕容疑となった、神戸市の女性が被害に遭ったケースでは、不要な工事を施して代金26万円をだまし取った疑いがある。
同社をめぐってはこれまでに約110件の料金トラブルの相談が県警に寄せられているという。加古川の被害男性は、この問題に取り組む弁護団と連絡を取り合い、被害の回復を目指している。「泣き寝入りしている人も多いと思う」
(朝日新聞の記事から引用)


一度、工事代金を支払ってしまうと取り戻すのに手間と時間がかかります。工事の際は業者まかせにせず、立ち会って現場を見ておくことが必要です。できれば工事をしているところ、下水管や水道管を写真に撮っておきましょう(携帯電話で簡単に撮影できます)
水回りのトラブルは市の水道局の指定業者に工事を依頼するのが確実であり、ぼったくられる心配はありません。ぼったくりの工事をすれば指定業者から外されてしまうため、適正な費用で工事をしてくれます
水道局に問い合わせると指定業者のリストがもらえますので、電話をして工事が可能かどうか確認し、現場を見にきてもらえばその場でおおよその工事費用を教えてくれます
くれぐれも郵便受けにチラシを投げ込んでくる、どこの誰とも分からない業者には依頼しないでください。テレビで盛んにCMを流している工事業者でも、市の指定業者より高額な代金を請求してきます

(関連記事)
いまだに続くM資金詐欺
元横綱朝青龍 M資金詐欺で1億円被害
実在しない100万ドル札で詐欺 過去にも発生
有栖川宮を名乗った詐欺師
「母さん助けて詐欺」の名称で犯罪を防げるのか?
テレビの公開捜査でオレオレ詐欺逮捕
「三井財閥の子孫」と騙した女詐欺師逮捕
結婚詐欺師木嶋佳苗 虚飾と過食の人生
結婚詐欺師木嶋佳苗 太っていても魅力あり
京都連続不審死事件 青酸を処分せず保管
京都連続不審死事件 筧被告に死刑判決
法廷で泣く「金儲けのカリスマ」 給付金詐欺の結城世成被告
慶応大野球部員詐欺で逮捕 故鶴岡監督の孫
経産省キャリア官僚 給付金詐欺で追送検
経産省キャリア官僚 コロナ給付金を詐取で逮捕
王族を自称し建国資金を騙し取る詐欺事件
振り込め詐欺で中国人200人逮捕