愛知中3刺殺事件を考える コロナのストレス?

愛知県弥富市の中学校で起きた刺殺事件の報道に注目はしていますが、犯行の動機にかかる部分が不明であり、現時点で論評するような事項はありません
ただ、午後のニュースを見ていたら、テレビで見かける犯罪の専門家がトンチンカンな話をしていたり、キャスターが「コロナの影響でこどもたちも相当にストレスが溜まっている。それが一因になっているのかもしれない」など、コロナウィルス感染症による自粛生活が要因であるかのような話を展開したり、まあいろいろです
不確かな情報に基づいてああでもないこうでもないと話すのは仕方がないとしても、何でもコロナのせい、ストレスのせいにするのは噴飯物です。包丁で刺すだけの理由、事情があったと考えるのが通常です


愛知県弥富市の市立中学校で中学3年生の男子生徒(14)が刺殺された事件で、殺人未遂容疑で逮捕された同学年の少年(14)が「(男子生徒から)嫌がらせを受けた」などと供述していることが25日、捜査関係者への取材で判明した。一方、同市教育委員会は少年と男子生徒との間のトラブルを把握しておらず、県警は慎重に調べを進めている。県警は同日、容疑を殺人に切り替え、少年を名古屋地検に送検した。
捜査関係者によると、少年は、24日朝に男子生徒を包丁で刺したとして殺人未遂容疑で現行犯逮捕され、「私がやったことに間違いない」と供述。その上で「嫌なことをされた」と説明したという。嫌がらせの具体的な行為については分かっていない。県警は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて動機面を慎重に調べている。
同市教育委員会は10月、市内の中学校を対象にいじめの有無を問うアンケートを実施し、11月上旬に回収。同校の回答には2人のトラブルに関する記載はなく、校長は24日の記者会見で「思い当たるところがない」と話した。
また、少年が事件で使ったのは鋭利な柳刃包丁(刃渡り約20センチ)だったことが捜査関係者への取材で明らかになった。「ネットで数日前に買った」と話しており、裏付けを進めている。刺し傷は男子生徒の腹部の深いところまで達していたという。県警は25日、男子生徒の死因を腹部の刺し傷による出血性ショックだったと発表した。同日までに少年の自宅を家宅捜索し、スマートフォンなどを押収した。
少年が事件直前に男子生徒を廊下に呼び出していたことも判明。少年と男子生徒はクラスが異なり、同校には自分のクラス以外の教室に入ってはいけないルールがあったという。
(毎日新聞の記事から引用)


「めざまし8」が保護者を独自に取材すると、事件の背景にはLINE(ライン)をめぐるトラブルがあったかもしれないという話が聞こえてきました。
(中略)
2人の間に、一体何があったのでしょうか?
事件が起きた中学校の校長は、弥富市教育委員会の会見で、こう話しました。
中学校の校長:2年生のときには同じクラスとか、小学校は同じということはありますが、とりたてて仲がいいとか仲が悪いというのは特に把握しておりません
2人は同じ小学校出身。2年生の時には同じクラスでしたが、3年生では違うクラスに。さらに、部活動も別々だったということです。
弥富市教育委員会:これまで2人の間で何かトラブルがあったかは分かっていません
一方で、事件の一報を聞き、駆けつけた保護者は…
保護者:割とね、ここの子達はすごい礼儀正しい子が多くて、ちょっとすれ違うだけでもしっかり挨拶してくれたり。そういう学年というか学校だなと思ってるので、だから余計びっくりですよね
――いじめとかで困ってる話も聞いてますか?
保護者:困ってるというのは聞かないけど、誰かと誰かが揉めてたよとか、多少のことは聞きますけど、そこまで発展するような話として聞いたことはないです
(中略)
生徒から「LINEを巡るトラブル」の声も
その一方で、「めざまし8」が取材した別の保護者によると、「LINEを巡るトラブルがあった」という声が子供たちからあがっているというのです。
学校が把握していない、何かしらのトラブルがあったのでしょうか?
きのう11月24日、中学校では全校生徒が午前中で授業を終了。帰ってきた生徒から状況を聞いたという保護者に話を聞くと…
保護者:ほとんど細かい内容聞かされなかったみたいで。なんか学校がザワザワしているなという感じはあったらしいんですけど、子供らは聞かされてないというか、詳細を隠されていたというか…お昼食べてから初めて話を聞いて、帰りなさいというふうに言うらしいです。子供たちはざっくりした説明だけ聞いて帰ってきたみたいで…今は聞かないように…分からないので。不安にさせてもいけないので…
他の学年の生徒らは、校内で起きた事件をほとんど知らされず、午前中は自習していたといいます。
しかし、中には…
保護者:学年は違うが、家に帰ってきてショックで子供は泣いていた
帰宅後、事件の詳細を知ってなのか、泣き出す生徒もいたといいます。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


コロナウィルス感染症の影響でストレスがたまり、それが原因だというなら、全国の小中学校で刺殺事件が続発していなければなりません。が、そんな事実はないのであり、本件はコロナのストレスとは無関係です。専門家でなくても分かるはずです
自分が見ていたニュース番組では、小田急線や京王線で起きた刺傷事件もこの中学生刺殺事件とごちゃまぜにして扱っており、驚き呆れました。報道関係者というのは「今、異常な事態が起きている」と無意味に騒ぎ立てるものだな、と思います
もう少し待てば、逮捕された中学生があれこれ事情を説明するはずです。それを待てばよいのであって、何も情報がないまま裸足で走り出し大騒ぎするメディアにはうんざりです
また、学校側も事件が起きて2日目に有効な対策を講じられるはずはないのであり、通常通り授業をするのがベターです

(関連記事)
愛知中3刺殺事件を考える 「サインを見逃すな」論の無謀
https://05448081.at.webry.info/202112/article_7.html
愛知中3刺殺事件を考える いじめの訴え隠蔽
愛知中3刺殺事件を考える はっきりしない動機
https://05448081.at.webry.info/202111/article_49.html
佐世保高1女子殺害事件を考える15 「責任を感じる」
佐世保高1女子殺害事件を考える14 謝罪の手紙
佐世保高1女子殺害事件を考える13 審判結果の是非
佐世保高1女子殺害事件を考える12 医療少年院送致
佐世保高1女子殺害事件を考える11 有識者の見解
佐世保高1女子殺害事件を考える10 家裁の判断は?
佐世保高1女子殺害事件を考える9 児童相談所長ら懲戒処分
佐世保高1女子殺害事件を考える8 再逮捕の狙い
佐世保高1女子殺害事件を考える7 父親の自殺
佐世保高1女子殺害事件を考える6 精神鑑定
佐世保高1女子殺害事件を考える5 父親の再婚
佐世保高1女子殺害事件を考える4 サインを見逃す
佐世保高1女子殺害を考える3 「命の教育」とは
佐世保高1女子殺害事件を考える2 快楽殺人説
佐世保高1女子殺害事件を考える1 マンションに独り暮し
佐世保小6殺人から10年を問うノンフィクション
小学六年生女子児童による殺人事件
小学六年生女子児童による殺人事件 2
小学六年生女子児童による殺人事件 3
小学六年生女子児童による殺人事件 4
小学六年生女子児童による殺人事件 5
小学六年生女子児童による殺人事件 6
小学六年女子児童による殺人 7
佐世保小6殺害事件 事件の意味を読む
佐世保小6殺害 事件報告書を人権侵害だと申し立て
佐世保の小6女児殺害発生から8年 「マナーで人の心、優しく」
「14歳のエヴァは終っていない」 酒鬼薔薇聖斗のエヴァンゲリオン
文藝春秋が神戸連続児童殺傷事件家裁決定を全文掲載

岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑

20回を超える公判を重ねてきた勝田州彦被告の裁判も、ようやく論告求刑まで漕ぎ着けました。検察は無期懲役を求刑しています
求刑内容を報じた記事はいくつもあるのですが、産経新聞の記事では勝田被告の知能が限界級である(知的障害の一歩手前)と書かれていました。この事件の報道をあれこれ読んできたつもりでしたが、勝田被告が限界級であるというのは初耳でした
刑務所の受刑者の中では限界級というのは別段、珍しいものではありません。常習窃盗で刑務所を出たり入ったりする者の中には限界級の人たちも多い、というのが実情です。就労しても仕事の覚えが悪かったり、他の従業員のようにテキパキと作業ができなかったりで、離職し、生活のために盗みを働くというパターンがあります
また、女の子を襲い強姦する性犯罪者の中にも限界級の者がいます。大人の女性を口説いたりうまく付き合えないとの理由で、幼いこどもに手を出すケースです。勝田被告がそうだ、と断定するわけではなく、あくまで一般論と受け止めてください


岡山県津山市で平成16年9月、小学3年の女児=当時(9)=を刃物で殺害したとして、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた無職、勝田州彦(くにひこ)被告(42)の裁判員裁判が24日、岡山地裁(倉成章裁判長)で結審した。最大の争点は、捜査段階での「自白」の信用性だ。検察側は被告の供述を基に作成された被害女児宅の間取り図の正確性などを根拠に信憑(しんぴょう)性が高いと主張。対する弁護側は「秘密の暴露はない」と真っ向から対立している。
「噓をでっちあげ、ここまで話を大きくしてしまい大変後悔しています」。勝田被告は最終意見陳述でこう述べ、捜査段階で「虚偽自白」に及んだ自己の振る舞いを悔やんでみせた。
検察側は、その「虚偽自白」の内容が、実は具体的で客観的事実との一致も多いとして、真実の自白だと訴える。
その一例が女児宅の間取り。玄関に向かって左側に駐車スペースがあり、ドアノブは回すタイプ。事件現場の8畳居間は玄関の右側にあり、居間の窓からは高速道路の土手が見える-。こうした被告の説明は、実際の女児宅と整合しているという。
さらに被告は「玄関に入って(女児に)時間を尋ねると、居間にある時計を見に行った」と経緯を語ったが、女児の母親の証言ではこれも女児の習慣と合致。「作り話と偶然一致したとは考えられず、被告が犯人でなければ説明は困難」と信用性の高さを強調した。
一方、弁護側は最終弁論で、供述内容の多くは被告の逮捕前にテレビなどで明らかになっていた事実だとして、犯人しか知りえない秘密の暴露には当たらない、と反論した。女児宅の外観や間取り、下校経路も報道で公になっており、事件に興味を持った被告は特集番組を録画して見返し、インターネットでも情報を集めていたと主張した。
また「虚偽自白」の動機について被告が「警察官へのサービス」と法廷で語ったことも、被告の知能指数(IQ)が知的障害との境界にあることを考慮すれば不自然ではない、とした。
さらに、被告のDNA型と一致するような物的証拠がないことも指摘。自白のみをもって有罪とすることを禁じた憲法の規定に照らし「被告は無罪だ」と改めて述べた。
「自白」は真実か、作り話か。判決は来年1月6日に言い渡される。
(産経新聞の記事から引用)


大阪刑務所に服役していた勝田被告は岡山の女児殺害をほのめかす内容のはがきを岡山県警に送り、取り調べのため岡山刑務所へ移送されます。そこで最初こそ、犯行を自供する供述をしていたのですが、途中から供述を翻し「やっていない」と主張します
供述を翻した理由として、勝田被告が死刑になるのを恐れたから、との見方があります
被害者が1人の事件ではよほどの事情・事由がない限り死刑判決はないのですが、勝田被告が死刑を恐れていたとすれば、限界級の知能しかなく理解力が不足していたためという推測もできます。勝田被告が「自分はひょっとして死刑になるかもしれない。まずい」と思い込んでしまったのなら、誰が説得しようとも態度を変えなかったのかもしれません
限界級の知能の人たちをバカにしたり揶揄するつもりはありませんが、彼ら彼女らがかなり頑固で思い込みが強いのは事実です
さらに自分が追い詰められた状況になると、後先考えずにウソをついて逃れようとする行動も彼ら彼女らの特徴の1つです
勝田被告が最初に自供を始めた段階では、任意の自供であり、ウソをついて警察を騙そうという意図はなかったものと考えます。後で「死刑になるかもしれない」との恐怖心に駆られ、否認し続けたのではないか、というのが自分の仮説です

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202201/article_10.html
岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認
https://05448081.at.webry.info/202201/article_8.html
岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半

稲美町放火殺人 逃走していた伯父を逮捕

兵庫県稲美町で民家から出火し、焼け跡から小学生の兄弟2人の遺体が発見されました。死因は一酸化中毒で、煙に巻かれて死亡したものと推定されます。家に同居していた伯父が消息不明だと報じられたのですが、大阪市北区の公園で発見され警察が同行しています。その後、放火の容疑が固まったとして逮捕されました
この伯父は死亡した兄弟の母親の兄だそうで、働くことなく同居していたのだとか。「また無職のひきこもりが事件を起こした」とメディアは騒ぎ立てるのでしょう


兵庫県稲美町岡で19日深夜、全焼した民家の焼け跡から小学生の兄弟とみられる遺体が見つかった放火事件で、県警加古川署捜査本部は24日、火災後に行方が分からなくなった兄弟の伯父で、同居していた無職の男(51)を大阪市内で発見し、現住建造物等放火と殺人の疑いで逮捕した。
また、県警は同日、焼け跡から見つかった2人の遺体がDNA型鑑定で、この家に住む兄弟の小学6年の男児(12)と弟の同1年の男児(7)と確認したと発表した。
捜査関係者によると、火災後、男は行方が分からなくなっていたが、同日午後、大阪市北区の扇町公園にいるのを発見。捜査員が任意で事情を聴いたところ、民家に火を付けたことを認めているという。
男の逮捕容疑は19日午後11時31分ごろから42分ごろまでの間にかけて、稲美町岡の自宅に火を付けて民家を全焼させ、兄弟を殺害した疑い。
捜査関係者によると、亡くなった兄弟は全焼した民家で両親と伯父の5人で暮らしていた。逮捕された伯父は兄弟の母親の兄で、数年前から同居していたいが、普段は兄弟や両親夫婦とほとんど接触がなかったという。
火災の通報があったのは19日午後11時50分ごろ。県警などによると、約20分前の同11時半ごろに、兄弟の父親が仕事終わりの母親を迎えに行くために外出。家の中には兄弟と伯父の3人がいたとみられる。捜査本部は父親の外出直後に、伯父が火を付けたとみている。
捜査関係者らによると、兄弟は普段、民家2階の部屋で寝ていたが、2階部分は火事で焼け落ちて崩落。兄弟の遺体は1階の廊下と和室で発見された。死因はいずれも、煙を吸い込んだことが理由の急性一酸化炭素中毒だった。また、1階で生活していた伯父が使っていたとみられる布団の燃えかすから可燃性の液体成分が検出され、県警は放火と断定して捜査していた。
(神戸新聞の記事から引用)


この伯父は「働きたくない、生活保護は受けたくない」と話していたと、別の報道では伝えています
目下の報道だけでは経緯が不明なので、何も言うところがありません
ただ、家屋に火をつけた時点で小学生の兄弟がいるのを承知していたはずであり、火事に巻き込まれて死亡するかもしれないと判った上で放火しているのですから殺意があったものと推定されます。放火殺人で2人が死亡しているのですから死刑が求刑されるケースでしょう
最近言われるところの「拡大自殺」だと解釈され事件で、自殺するだけの決心がつかないまま周囲の人間を巻き込むような殺人事件を起こす者を指します。通り魔的な犯行だったり、八つ当たりとも言える犯行だったりするわけですが、迷惑な限りです
この家の夫婦とて、善意で伯父の面倒を見ていたのでしょう
家を焼き、2人のこどもを死なせて伯父は満足したのか、訊いてみたいものです

(関連記事)
稲美町放火殺人 殺意をもって放火した未必の故意
https://05448081.at.webry.info/202112/article_2.html
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 犯人は19歳の生徒会長
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
豊川引き篭もり殺人を考える8 懲役30年の判決
豊川引き篭もり殺人を考える1 対処法の問題
鹿児島5人殺害事件を考える 死刑判決
鹿児島5人殺害事件を考える 「病気じゃない」発言
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉被告初公判
鹿児島5人殺害事件を考える 岩倉知広容疑者とは
神戸5人殺傷事件を考える 心神喪失で無罪判決
神戸5人殺傷事件を考える 無期懲役求刑
神戸5人殺傷事件を考える 逮捕後は黙秘
元農水事務次官 控訴審でも懲役6年判決
元農水事務次官 息子のいじめと家庭内暴力
元農水事務次官 ひきこもりの息子殺害で逮捕
埼玉両親殺害事件 36歳息子を逮捕
山形の両親殺害柴田被告 懲役29年不服で上告
今も存在する戸塚ヨットスクール
大阪ビル放火殺人 谷本容疑者の素性