3人の死刑を執行 加古川7人殺害の藤城死刑囚ら

死刑の執行は夏の時期と年末、というパターンが多いのであり、12月23日は昭和天皇の誕生日に当たるためこれを避け、12月22日に執行するとの予想が成り立ちます
さて、法務省は3人の死刑囚について刑を執行したと公表しています
大阪拘置所では兵庫県加古川市で被害妄想に駆られて隣人など7人を殺害した藤城康孝死刑囚が、東京拘置所ではパチンコ店従業員を殺害して売上金を奪った高根沢智明死刑囚と小野川光紀死刑囚が執行されました


法務省は21日、2カ所の拘置所で死刑囚の男3人の死刑を執行した。執行は森雅子法相(当時)だった2019年12月26日以来およそ2年ぶりで、10月に就任した古川禎久法相にとっては初めて。収容中の確定死刑囚は107人となった。
死刑が執行されたのは、群馬県で03年に2人を相次いで殺害し現金を奪うなどした高根沢智明死刑囚(54)=東京拘置所=、小野川光紀死刑囚(44)=同=と、兵庫県で04年に親族や隣人の計7人を殺害するなどした藤城康孝死刑囚(65)=大阪拘置所。古川法相が執行命令書に17日に署名したという。
確定判決などによると、高根沢、小野川両死刑囚は03年2月23日、群馬県宮城村(現・前橋市)の山中に止めた車内で、パチンコ店従業員(当時47)をロープで絞殺して同店の鍵を奪い、店内から現金300万円を盗んだ後、遺体を埼玉県行田市の川に遺棄した。同年4月1日には群馬県太田市の駐車場に止めた車内で、別のパチンコ店の従業員(同25)をロープで絞殺。現金約11万9千円や同店の鍵を奪い、店内から現金を盗もうとしたうえ、遺体を同じ川に遺棄した。
2人は強盗殺人などの罪に問われた公判で起訴内容を認め、一審で死刑判決を受けた。高根沢死刑囚は控訴取り下げにより05年に確定し、小野川死刑囚は「(高根沢死刑囚への)恐れから追従しただけ」と主張して上訴したが09年に上告を棄却された。
藤城死刑囚は04年8月2日、兵庫県加古川市の隣家に住む当時80~46歳の親族3人を包丁で刺殺したほか、1人に重傷を負わせた。別の隣家でも当時64~26歳の一家4人を包丁で刺して殺害した。自宅にも放火した。見下されたりバカにされたりしていると感じて怒りを募らせたのが動機とされる。殺人などの罪で一審で死刑判決を受け、弁護側が「心神耗弱状態だった」と減刑を求めたが、15年に上告を棄却された。
死刑は、2度目の在任中の18年にオウム真理教元幹部13人らの執行を命じた上川陽子前法相が3度目に在任していた1年余りを含め、20年以降は行われていなかった。
法務省などによると、今年は、男性4人が青酸化合物入りカプセルを飲まされ殺害されるなどした事件や、大阪府寝屋川市の中学1年の2人が殺害された事件などで男女4人の死刑が確定する一方、87、76、71歳の死刑囚の男3人が病死した。収容中の確定死刑囚の平均年齢は約59歳で、収容期間は平均13年を超えている。
(朝日新聞の記事から引用)


死刑反対の立場を取る朝日新聞にしては控え目な記事です。もっと露骨に死刑制度を批判するのではないか、と思っていました
藤城死刑囚については下段の(関連記事)に表示したように、判決確定の際に言及していますので関心のある方は御一読ください
さて、上記の記事にも書いてあるように前任の法務大臣上川陽子は都合3度、法務大臣を務め、その間にオウム真理教幹部を含め16人の死刑を執行していますので、その責任を十分に果たしたと思います(河井克行のように法務大臣になったものの、すぐに金銭疑惑が噴出して辞任に追い込まれるアンポンタンもいます)
ただ、死刑執行がされないまま病死するケースがあるわけで、法務大臣の都合や政治の都合で執行したりしなかったりというのは問題です
定期的に、粛々と執行する必要があります

(関連記事)
加古川7人殺し事件 藤城被告死刑確定
麻原彰晃らオウム幹部7人 死刑執行
オウム真理教死刑確定者移送 執行へ
下関無差別殺人での死刑判決に疑問 青沼陽一郎
強盗殺人事件の田尻賢一死刑囚 死刑執行
大阪パチンコ店放火殺人 高見被告の死刑判決確定
死刑執行 アパート大家殺人の津田死刑囚ら2人
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
死刑執行 坂出市3人殺しの川崎死刑囚
山梨・新潟連続殺人の藤島光雄 死刑執行
死刑執行 横浜中華街射殺事件の熊谷死刑囚
岡山派遣OL殺害事件 死刑判決
死刑執行 岡山OL殺害の住田紘一
女児誘拐殺人犯小林薫 死刑執行
死刑執行 三島女子大生殺人の服部死刑囚
「黒い看護師」殺人の吉田純子 死刑執行
光市母子殺害事件 最高裁も死刑判決支持
死刑執行 犯行時19歳だった関光彦
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
木曽川長良川連続リンチ殺人の少年被告3人に死刑判決
「死刑囚の素顔」と題する本の功罪 ドキュメンタリーの嘘
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(1)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(2)
8人を強姦殺害 大久保清事件から50年(3)
法務大臣交代と死刑執行(雑談)

大阪ビル放火殺人 京アニ事件を真似て実行

何とも気が重くなる事件です。大阪のビル放火事件では24人の死亡が確認されており、そのほとんどは一酸化炭素中毒だというのが解剖所見で判明しました
現在も入院中の谷本盛雄容疑者も一酸化炭素中毒で意識不明の状態と推測され、回復して起訴される見込みはないのかもしれません
谷本容疑者のアパートから京都アニメーション放火事件を報じた新聞記事が見つかった、と報じれています


大阪市北区の雑居ビル内のクリニックで17日に24人が死亡した放火殺人事件で、容疑者の男の住宅から、2019年に36人が亡くなった「京都アニメーション」放火殺人事件に関する新聞記事が見つかった。捜査関係者への取材でわかった。京アニ事件もガソリンによる放火で、大阪府警は男が事件に関心を寄せていたとみている。
殺人などの疑いが持たれているのは住所、職業不詳の谷本盛雄容疑者(61)。
谷本容疑者はビルから約3・5キロ離れた大阪市西淀川区の3階建ての住宅に滞在していた。ビル火災の約30分前、この住宅で放火とみられる火災が発生し、2階の一部を焼損した。
捜査関係者によると、ビル火災後にこの住宅を家宅捜索したところ、京アニ事件から2年になることに関する今年7月の新聞記事が見つかった。府警は、谷本容疑者が少なくとも5カ月前から京アニ事件に関心を寄せ、放火の手口を把握した恐れがあるとみている。
京アニ事件は19年7月に京都市伏見区の同社スタジオで発生。らせん階段付近にガソリンがまかれ、一気に激しく燃える「爆燃現象」が起き、36人が死亡、32人が重軽傷を負った。
府警は、谷本容疑者は大阪市北区の雑居ビル4階のクリニックで、出入り口近くで紙袋を蹴り倒してガソリンとみられる液体を流出させ、ライターで火をつけたとみている。
捜査関係者によると、府警は西淀川区の住宅から、谷本容疑者が書いたとみられるメモも押収した。「消火栓」といった火災との関連をうかがわせる文言があったという。
ガソリンとみられる液体が入った容量約2リットルの容器も発見、押収した。関係者によると、液体は色やにおいからガソリンとみられ、府警はこの住宅からクリニックまで、谷本容疑者が自転車でガソリンを運んだとみている。
捜査関係者によると、谷本容疑者は11月下旬に滞在先近くのガソリンスタンドで、ガソリンを約10リットル分購入していた。ガソリンを携行缶などに詰めて購入するには本人確認が必要で、谷本容疑者が店側に身分証を提示していた。府警は計画的犯行とみている。
府警は20日、事件で死亡した24人全員の死因が一酸化炭素(CO)中毒だったと発表した。府警は、谷本容疑者がまいた液体はガソリンで、火が爆発的に広がり、避難が難しかったとみている。
谷本容疑者は事件時に催涙スプレーも所持していた。
(朝日新聞の記事から引用)


できるだけ多くの人間が犠牲になるよう、放火の方法をあれこれ検討していたものと考えられます。そうまでして、他人を巻き添えにしないと気がすまないものなのか、理解しかねます
また、別の報道によれば現場となったビルの非常用出口の扉を、谷本容疑者が犯行の前日、粘着テープで塞ぎ開閉できないよう細工していたとの情報もあります
自分の人生が不幸だから、不遇だから、多くの人を不幸な目に遭わせてやろうという理不尽な犯行であり、なおかつ防ぎようのない事件です。逆恨みに凝り固まってしまった人間を説得しても、諭しても、説教しても、改心などさせられないわけで
もちろん、谷本容疑者が最初からばりばりの犯罪者であったはずはなく、どこかで人生を踏み外し、ギャンブルに溺れ、息子を包丁で刺し殺そうとして刑務所に服役し、出所後はさらに世の中を逆恨みする…という悪循環にはまって抜け出せなかったのでしょう
銃犯罪が繰り返されるアメリカなら、全米ライフル協会が「だからこそ、市民は銃を所持し自衛すべきだ」と主張するところです。が、放火による大量殺人を企図し実行しようとする者に対し、拳銃一丁で阻止できるはずもなく、市民の武装では何も解決しないのは明らかです
また、ガソリン販売の規制強化を求める声もあるのですが、本気で放火殺人を実行しようとする者なら、路上の車の給油口をこじ開けてでもガソリンを手に入れようとするのであり、ガソリン販売を規制するだけでは防ぎようがありません

(関連記事)
大阪ビル放火 谷本容疑者死亡
https://05448081.at.webry.info/202112/article_56.html
大阪ビル放火 脳に障害で起訴は困難
https://05448081.at.webry.info/202112/article_47.html
大阪ビル放火殺人 谷本容疑者の素性
死者44人 歌舞伎町雑居ビル火災
寝具倉庫放火で懲役4年 損害は26億円
甲府放火殺人 少年A(19歳)の生き様
甲府放火殺人 交際拒否で逆恨み
甲府放火殺人 19歳少年を逮捕
稲美町放火殺人 殺意をもって放火した未必の故意
台東区放火殺人の高校生 懲役4年以上7年以下判決
日立母子殺害を考える 小松被告に死刑判決
日立市母子6人殺害を考える 小松博文容疑者とは
武富士強盗放火殺人の小林死刑囚 死刑執行
県営住宅放火殺人3 ブラジル人姉妹殺人容疑で逮捕
県営住宅放火殺人2 ペルー人を放火容疑で逮捕
16人殺害の個室ビデオ放火事件 二審も死刑判決
京都アニメーション放火事件を考える 小説盗まれたと執着
京都アニメーション放火事件を考える 容疑者の小説公開は可能か?
京都アニメーション放火事件を考える 青葉容疑者の動機は?
京都アニメーション放火事件を考える 33名が死亡
京都アニメーション放火事件を考える 犯人は41歳の男
玉川徹「社会に牙をむく若者が増えるのは当然」
「無敵の人」 ジョーカー男の無差別殺人への一考