ジョンベネ殺害事件 最新技術でDNA鑑定

アメリカの未解決事件の1つ、1996年に起きたジョンベネ殺害事件の捜査が進展するのでしょうか?
DNA鑑定技術の進歩がこの事件を解明する鍵になるかもしれない、とNewsweek誌が記事にしています
日本だとテレビドラマ「科捜研の女」にさまざまな検査機器、解析装置が登場し、鮮やかに容疑者を絞り込んでいくのですが、実際はどうなのでしょう


コロラド州ボルダーの警察は現在、25年前に起こった殺人事件の犯人の特定に、DNA鑑定が役立ちそうか検討している。当時6歳で美少女コンテストの常連だったジョンベネ・ラムジーが殺害された事件だ。
ジョンベネの命日を数日後に控えた12月20日、ボルダー警察は声明を発表し、州の捜査当局とともに「進歩したDNA鑑定」に注目していると述べた。
「われわれは捜査に新技術を導入し続けており、その一環として、最新のDNA鑑定をこの事件に適用できるかどうかを検討している」と声明には書かれている。
1996年の12月26日、殴打され、首を絞められたジョンベネの死体が自宅地下室で発見された。その数時間前、ジョンベネの母親から警察に、娘が行方不明で、身代金を要求する手紙が発見されたという通報があった。事件は殺人と判断されたが、いまだに容疑者は起訴されていない。
捜査当局は近年、事件現場で採取されたDNA型を利用することで、未解決事件の容疑者を次々と特定している。
約20年の間を置いて失踪した2人の人間を殺した罪で起訴されていたオレゴン州の男も、DNA鑑定の結果、1999年に失踪した男の死に関係していることが判明した(容疑者は無罪を主張している)。
<両親の濡れ衣は晴れたが>
ただし、DNA鑑定がジョンベネ事件に適用されるかどうかはまだ不明だ。捜査当局はジョンベネ事件で1000近いDNAサンプルを収集し、分析している。最新の鑑定方法でそれらを再調査することで、新事実が見つかる可能性があるかもしれない。
2008年、ジョンベネの衣服から新たに発見されたDNAを調べた結果、両親のジョンとパッツィーや、兄のバークではなく、「正体不明の第三者」が殺害に関わっていることが判明した。パッツィーは2年前にがんで死去していたが、当時の地方検事メアリー・レイシーは、世間から真犯人と疑われたこともあった家族の潔白を明言し、ラムジー夫妻を「この犯罪の犠牲者」と呼んだ。
声明によれば、捜査当局はジョンベネ事件で1000近くのDNAサンプルのほか、少なくとも2万1016点の情報、手紙、電子メールを受領、確認または調査している。捜査官はこれまでに19州を訪問し、1000人以上と面談または会話した。
ジョンベネは有名人だったため、警察の初動捜査のまずさは世間の批判にさらされた。
美少女コンテストで撮影されたジョンベネの映像が報じられたこともあって、この事件は米国で最も注目されたミステリーの一つとなり、ノンフィクション本や特集番組が相次いで発表された。
本記事の執筆にあたっては、AP通信から情報提供を得た。
(Newsweekの記事から引用)


アメリカのテレビ番組ではジョンベネの兄バークへの単独インタビューを行い、その放送を観た視聴者からは「インタビュー中に不自然に笑っているのが怪しい。真犯人は兄のバークに違いない」との声が多く寄せられたそうです
これはテレビ局が視聴者の反応を計算した上で、兄バークに疑いの目が向くように収録し、放送したのでしょう
「テレビが未解決の難事件を解きほぐし、犯人を追い詰める」という意図での企画だったのかもしれません。が、結局兄バークは殺害の犯人ではなく、テレビ局の暴走でした
他のテレビ番組では、FBIの捜査に協力し難事件をいくつも解決してきた霊視能力者を登場させ、容疑者とされる人物の似顔絵を描かせる企画をやったのですが、提出された似顔絵は小学生の落書きみたいでどこの誰なのか特定するのは不可能なシロモノでした
真相解明などどこかへ消えてしまい、完全に娯楽番組と化しているわけです
最新のDNA鑑定技術によってこの事件の捜査が進展してもらいたいものですが、容疑者が特定されたならそれをネタに新たな娯楽ショーが作られそうで、嫌な予感しかしません
コロラド州ボルダーはウィンタースポーツの盛んな地で、アメリカだけでなく世界各国からスノーボーダーやスキーヤーが集まります。ただ、犯人は流れ者や外国人観光客などではなく、明らかにジョンベネを狙った犯行であり、彼女に執着した性犯罪者なのでしょう。性犯罪者であるなら、ジョンベネ事件以外にも事件を起こして逮捕され、DNAの型が登録されている可能性が考えられます

(関連記事)
ジョンベネ殺害事件 殺害告白はフェイクニュースか?
ジョンベネ殺害事件 家族犯行説への執着
ジョンベネ殺害事件 真犯人特定か
マデリンちゃん失踪事件の犯人逮捕か
美少女コンテストを巡る米仏の論議
フランス議会「美少女コンテスト禁止法案」可決へ
南カリフォルニア大学校医 性暴行で1100億円の賠償
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半
今市女児殺害控訴審 一審破棄し無期懲役判決
神戸小1女児不明事件 死刑判決
福岡女児遺棄事件を考える1 騒いだので首を絞めた
福岡女児遺棄事件を考える2 婦女暴行の前科あり
福岡女児遺棄事件を考える5 無期懲役判決
ベビーシッター殺人 懲役26年の判決
ベビーシッター殺人控訴審 物袋被告の歪んだ性欲
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
女児2人殺害の飯塚事件(1992年) 再審認めず
女児2人殺害の飯塚事件(1992年)再審なるか?
千葉ベトナム女児殺害事件を考える 全裸で遺棄
千葉ベトナム女児殺害を考える SM用手足錠で拘束した
千葉ベトナム女児殺害を考える 無期懲役判決

皇位継承議論 女性天皇を議論しない不思議

昨日に続き、皇位継承問題を取り上げます
安倍首相とゴリゴリの保守派である「日本会議」のメンバーが、戦後平民の身分に下った旧宮家を皇族に復帰させようと画策している話を昨日取り上げました
国民の意見の中には「女性天皇もありだろう」との声をあるわけですが、頑として受け入れようとはしません。女性天皇が実現すれば、日本の天皇制も日本社会そのものも崩壊するかのような扱いです
さて、政府から委託を受けた有識者会議が皇位継承と皇族の減少対策を議論し、その最終報告書が昨日提出されています。が、女性天皇について言及はないまま、という不可解な内容でした
本当に議論しなかったのか、議論はしたが強硬な反対意見があって表に出せないのか、議論そのものが最初から封じられていたのか、謎です。おそらく議事録など公開しない決まりにされているのかもしれません。しかし、天皇制は日本社会の根幹をなすものの1つですから、密室の議論だけで何かが決められてしまうような事態は避けるべきでしょう
前置きが長くなりましたが、本日は有識者会議の最終報告書の前に皇室研究家高森明勅がプレジデントオンラインに書いた記事から引用します
高森明勅は、「選択的夫婦別姓に反対する保守系の人たちが、皇位継承を男系のみとこだわるのは自己矛盾」と指摘してもいます
長文の記事なので、全文を読みたい方はプレジデントオンラインへアクセス願います


「なぜ女性天皇を検討しないのか」今の「皇室典範」が抱える構造的な"欠陥"
「女性・女系天皇、議論せず」
令和2年(2020年)2月16日付「読売新聞」の1面トップに「女性・女系天皇 議論せず/政府方針 皇位継承順位 維持/立皇嗣の礼後に確認」というスクープ記事が載って、皇位継承の行方に不安を抱く人たちを驚かせた。この記事の一部を紹介すると、次の通り。
「政府は、皇位継承のあり方をめぐる議論で女性・女系天皇を対象としない方針を固めた。男系男子が皇位を継ぐ皇室制度を維持する。秋篠宮さまが継承順位一位の皇嗣となられたことを広く示す『立皇嗣の礼』が行われる4月下旬以降、こうした考えを確認する見通しだ」
「政府はこれまで、非公式に学識経験者らに接触し、それぞれの意見を聞き取ってきた。これを踏まえ、女性・女系天皇を実現するための法整備は見送ることにした。公の場で議論を行うための有識者懇談会も設けない方向だ」
「性別にかかわらず天皇の直系子孫の長子(第一子)を優先した場合……秋篠宮さまの皇嗣(皇位継承順位が第1位)としての地位見直しにつながるだけでなく、悠仁ひさひとさまが天皇につけない可能性も出てくる。そうなれば、『皇室の安定性を損ないかねない』(政府関係者)と判断した」
なぜこのタイミングで新聞に出たのか
この記事のポイントは3点。
その1は、政府の方針として、皇位継承をめぐる制度改正を検討する際に、“女性天皇・女系天皇”の可能性はあらかじめ排除するということ。
その2は、この問題をオープンに討議する諮問機関(有識者懇談会?)を設けないということ。
その3は、今の制度のもとでの皇位継承の順位(第1位=秋篠宮殿下、第2位=悠仁親王殿下、第3位=常陸宮ひたちのみや殿下)は変更しないということ。
こうした方針を「立皇嗣の礼」挙行後に「確認する見通し」なのに、何故このタイミングで(いわば未確認のはずの)情報が早々と新聞に流れたのか。おそらく、政界や世論の反応を探ろうとする政府サイドの意図的なリークと考えるのが、自然だろう。
政府が「非公式に学識経験者らに接触し」ていた事実は、この報道が出る前から私はつかんでいた。と言うのは、“接触”を受けた「学識経験者」の当事者(複数)から、婉曲にその事実を伝えられていたからだ。ちなみに私自身への接触はなかったが。
明治の皇室典範にあって今の皇室典範にないもの
この記事が、皇位継承のあり方に関心をもつ人々を驚かせたのは何故か。
政府は、上皇陛下のご譲位を可能にした皇室典範特例法の附帯決議によって、「安定的な皇位継承を確保するための諸課題」について検討することを“約束”させられていた。にもかかわらず、そのためには決して避けて通ることができないはずの「女性・女系天皇」という“課題”を、議論の対象から外してしまった。これはすなわち、附帯決議への“ゼロ回答”以外の何ものでもないからだ。
皇位継承の行方を不安定なものにしてしまっている原因とは何か。現在の皇室典範がかかえる「構造的」な欠陥が原因だ。
では、その構造的欠陥とは何か。それは、明治の皇室典範では“セット”で制度化されていた、①正妻以外の女性(側室)のお子様(非嫡出子)やその子孫(非嫡系)であっても、皇位継承資格を認めることと、②皇位継承資格を「男系の男子」というかつて例を見ない極めて“窮屈”な条件に縛ること、という2つのルールのうち、①を除外しながら、②“だけ”を採用していることだ。
(以下、略)


政府は有識者の意見を事前に聴取はしたけれども、高森明勅のように女性天皇を認める考えを持つ皇室研究家の意見は求めなかったのでしょう
最初から結論ありきで動いているのが明らかです
こうして天皇制がゴリゴリの保守派の意のまま、歪められていくのは実に残念です
天皇の譲位に関しても、一代限りの特例という何とも奇妙な扱いにしたわけですが(じっくり時間を書けて議論する猶予がなかったとの事情もあります)、こちらもきちんと結論を出しておく必要があるのではないでしょうか?
平安時代の古典を読んでいると、天皇は頻繁に代替わりしているのが分かります。当時は寿命が短く、長生きできなかったと背景はありますが
80歳を過ぎてもなお、天皇として公務を果たさなければならないというのは荷が重いのであり、そうなる前に譲位して皇位を継承させるのがベターではないか、と思います
皇位継承の議論は国会へと場を移し、皇室典範改正が遡上に上ります。まずは「最初から女性天皇については議論しない」という政府方針から問い糾してもらいたいものです

(関連記事)
「小室さん眞子さんの生き辛さ」と書くAERAの記事
https://05448081.at.webry.info/202205/article_1.html
悠仁親王の筑波付属受験を批判するメディア
https://05448081.at.webry.info/202202/article_47.html
眞子様の皇族復帰はなし 継承問題はどうなる
皇位継承議論 かき回す安倍晋三
秋篠宮家眞子さま婚約と女性宮家問題
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
秋篠宮家眞子様、プライベート写真流出騒動
デヴィ夫人が皇太子廃嫡を呼びかける署名活動開始
日本の皇室に嫉妬する韓国
愛子様不登校問題 デヴィ夫人の暴言
学習院で学級崩壊 愛子様不登校事件
小室圭 NY司法試験不合格で波乱
眞子さま結婚 マスメディアへの怒り爆発
眞子さま結婚 PTSDという診断
小室圭 記者会見拒否か?
眞子さま結婚問題 年内結婚へ
小室圭母 労災で洋菓子店とトラブル
眞子さま結婚問題 小室殿下を国民は受け入れるか
眞子さま結婚問題 小室圭の憂鬱
小室圭釈明文から見る小室家の流儀
生前退位問題と皇室典範改正を考える
憲法に天皇退位の規定が欠けている問題
TBS特番「退位される前に韓国訪問を」発言で波紋
天皇陛下の生前退位報道を考える
女性宮家創設へ動く政府 皇室典範改正
韓国学者の無駄な「天皇制批判」