日本の津波警報をあざ笑う韓国

先日、トンガ近辺の海底火山噴火により津波警報が発令されました。幸い、津波は高さ1メートルほどで、大きな人的被害は発生せずに済みました。しかし、トンガでは甚大な被害が発生したものと推測さ、心配です
遠く離れた地域・海域での地震や津波でも、日本に大きな被害をもたらすのを我々日本人は知っています
しかし、そうではない国もあります
韓国メディアは、「日本が正確な津波の予想ができず、警報を発して無駄な騒ぎを起こした」とあざ笑う記事を掲載していますので、取り上げます
悪意しか感じられない内容で、トンガの人々への心遣いの欠片もありません。さすがは科学部門のノーベル賞が1つも獲れない民族だな、と思います


気象庁が南太平洋の海底火山の噴火によって発生した津波が、日本列島に与える被害を正確に予測できなかったことが明らかになった。2011年3月の東日本大震災を機に対応体制を高度化してきたが、いざ日本列島に津波が押し寄せることを予想することが出来ないまま津波に見舞われる状況になった。
NHKや共同通信などによると、気象庁はトンガ諸島の火山島で大規模噴火が起きたことに関する津波警報および注意報を16日(きょう)午前0時15分(以下、韓国時間)に発表した。
噴火が発生した時間が前日の午後1時頃だったため、その後約11時間経って津波警報を出したのだ。
日本は2011年3月に東日本大震災による津波で大きな被害を受けて以来、津波への対応体制を高度化してきた。気象庁は通常、日本列島に影響を及ぼしかねない地震や噴火が発生すれば、観測装備を総動員して収集したデータを分析し、数分以内に津波が押し寄せるか判断して警報を発令する。
しかし、気象庁は今回、日本列島から約8000キロ離れたトンガで始まった津波については弱点を露にした。
今回の噴火でトンガでは最高80センチの津波が観測された。
気象庁はこれを根拠に15日の午後7時以降、若干の潮位変化があるかもしれないが、日本列島には津波の心配はないと発表した。
しかし、それから約5時間後の同日午前0時15分に鹿児島県の奄美群島とトカラ列島などに津波警報を発令し、岩手県に発令していた注意報を午前2時54分に警報に引き上げるなど、対応に遅れた。
日本の気象庁が警報を発表した時間は、小笠原諸島中部にある父島で90センチの津波が観測された時間(午後10時52分)よりも遅かった。
気象庁は最高3メートルの津波が来ると予想していたが、実際に観測されたのは奄美群島内の小湊で観測された120センチが最大で、遅ればせながら出した予測と実際の観測値の間にも相当な誤差が生じた。
気象庁は時速約800キロと推定される今回の津波の経路を正確に分析できなかったことについて、「通常とは違う様子の津波だったため」と釈明した。一般的に津波は地震による地殻変動で生じるが、今回の津波は地震のない状態で海底火山の噴火によって生じたものと推定されるということだ。
一方、今回の津波を受けて8つの県で約23万人に避難指示が出され、この日午前中に避難騒ぎが発生した。
(WOWKoreaの記事から引用)


1メートル以上の高さの津波が予想される場合、津波警報を出すのが気象庁の基準ですから、何も間違ってはいません
過去、津波で深刻な被害を経験している日本と、まったく経験していない韓国の違いがこの記事を書かせたのでしょう
当然ながら韓国は8000キロ離れたトンガの海底火山噴火による津波の到達時間や規模など、予想もできなかったはずですが、そこにはまったく触れようとしません
科学というものにまったく無関心で、他国を嘲笑するしかできない民族の反応です
韓国の気象庁の天気予報はハズレる場合が多く、台風の進路予想もたびたびハズしています。韓国国内にもアメダスのような定点観測装置が約200箇所あるのですが、その半分は機器が故障したまま放置されているのだそうです。緻密な気象観測を積み重ね、観測機器も定期的にメンテナンスを実施するなど、韓国人には無理なのでしょう
だから地震もないのにマンションの外壁が崩落したり、百貨店が倒壊したり、橋が崩落する事故を繰り返しているのかもしれません

(関連記事)
気象衛星打ち上げで日本の鼻を折ったと書く韓国メディア
オリンピック期間中、韓国気象衛星壊れる
「韓国の気象予報技術は日本と対等」と報道
予測か妄想か? 20年後の韓国は火星を目指す
日本の偵察衛星打ち上げに神経を尖らせる韓国
「建築界のノーベル賞強国日本」と羨む韓国
「数学のノーベル賞」 フィールズ賞を渇望する韓国
韓国がニュートリノ検出装置完成 ノーベル賞を狙う
ラオスのダム決壊 韓国企業の手抜き工事か
新元素「ニホニウム」についての韓国の反応