千葉妻殺し裁判 警官の夫は殺意否認

千葉県印西市の小野里奈さんが元警察官である夫に殺害され、茨城県の海岸に遺棄された事件の初公判がありました。この事件は当ブログではまったくのノーマークで、事の発端から掘り下げます
元群馬県刑警察官である小野陽被告が警察官としての知恵を悪用し、遺体なき殺人を計画したものと思われます。
小野被告逮捕時の記事と、初公判の模様を伝える記事の2つを貼ります


実家で暮らしていた理奈さんが不明になった経緯
理奈さんの行方がわからなくなったのは今年3月。当時理奈さんは家族で暮らしていた茨城県つくば市の自宅を出て、千葉県印西市の実家で暮らしていた。
理奈さんの両親からの相談を受け、警察が捜査を始めると印西市の隣、成田市の公園の駐車場で理奈さんの車を発見。
車内から理奈さんの血痕が見つかり、さらに夫の自宅や車からも理奈さんの血痕が見つかった。
当時小野容疑者と理奈さんは離婚調停中で、子供の親権をめぐってトラブルになっていたという。
近隣住民A:奥さんの姿が見えないので(小野容疑者に)「奥さんはどうしました?」と聞いたら「療養中だ」っておっしゃっていましたね。(理奈さんは)すごく感じのいい方で優しそうな奥さん。すごくいい方でした。
子煩悩で優しいパパに見えた小野容疑者
一方、夫の小野容疑者は群馬県警の元警察官で、近所の人からは子煩悩な父親に見えたという。
近隣住民B:(小野容疑者は)親切な人ですよ。優しいパパ。子煩悩だもん。毎日そこのホームセンターにお買い物に行くんですよ
警察が広い範囲の防犯カメラ映像を解析したところ、小野容疑者が運転したとみられる車が千葉県成田市付近から茨城県鹿島灘周辺に向かったという。
逮捕前、小野容疑者が「茨城県鉾田市の海岸に遺体を埋めた」などと話していたことから、警察は約15kmにわたって海岸で大規模な捜索を行ってきたという。
捜索を見た人:20~30人くらいはいたんじゃないかな。スコップで掘り起こしたり、色んな道具使って掘り起こしたりしていましたね
しかしこれまでのところ理奈さんの遺体は見つかっていない。
調べに対し容疑について「否認します」と話しているという小野容疑者。
警察は小野容疑者が理奈さんの殺害に関与した可能性もあるとして、慎重に調べを進める方針。
(FNNプライムオンラインの記事から引用)


千葉県印西市に住む32歳の女性を殺害したとして、遺体が見つからないなか、殺人などの罪で起訴された夫の裁判員裁判が18日から始まり、夫は遺体を遺棄したことを認めたうえで「妻は事故死だった」などと殺人については否認しました。
茨城県つくば市の無職、小野陽被告は(48)おととし3月、別居中の妻で千葉県印西市に住んでいた小野理奈さん(当時32)を殺害して遺体を遺棄したとして殺人や死体遺棄などの罪に問われています。
理奈さんの遺体はいまも見つかっていません。
18日から千葉地方裁判所で始まった裁判員裁判の初公判で被告は遺体を遺棄したことを認めた一方で、「妻は事故死で私は殺していません」と述べ殺人について否認しました。
検察は冒頭陳述で「被害者と長男の監護権を巡ってトラブルになり、駐車場にとめた車の中で刃物のようなもので刺して殺害した。車内から血痕が見つかったほか被告の自宅からは被害者の血液がついた折りたたみナイフがみつかっている」などと主張しました。
一方、弁護側は「離婚や監護権などについて車内で話し合っていたところ被害者がカッターナイフを見せてきたため、もみ合いになり刺した。遺体を遺棄したのは事故死を隠すためだった」などと主張しました。
(NHKの記事から引用)


弁護士は「被害者がカッターナイフを見せたため、もみ合いになり刺した」と主張しているわけですが、カッターナイフで刺したくらいでは人は死にません。カッターナイフの刃が折れるだけでしょう。小野被告の自宅から被害者の血が付着した折りたたみナイフが発見されていますので、凶器は小野被告が所持していたナイフだと考えるのが妥当です
被害者里奈さんがカッターナイフを常時、所持していたのか不明ですし、そのカッターナイフは発見されているのでしょうか?
過去、遺体が見つからなければ殺人事件として立件するのは難しいと言われた時期もあり、小野被告は作為をもって遺体を砂浜に埋めたのではないかと推測されます
最初は里奈さんが失踪したように装うつもりが、警察の動きが早くて小細工できなかったのかもしれません。そこで、里奈さんがカッターナイフを持ち出してきたので、もみ合いになったとの話をでっち上げたのでは?
遺体を埋めた場所を小野被告が素直に自供したとは考えられず、別の場所に案内して警察の捜査を混乱させたのかもしれません
遺体さえ発見されなければ殺人罪で起訴されず、たとえ起訴されても裁判では遺体が見つからない以上、殺人罪では無罪判決が得られると計算していたように思えます(あくまで自分の仮説です)
ただ、これまで当ブログで取り上げてきたように、遺体がなくても殺人をなしたものと認めるに足りる証拠があれば殺人罪で有罪判決が下されるのであり、小野被告の思い込みどおりにはなりません
愛犬家殺人で死刑判決を受けた関根死刑囚は毒殺した被害者の遺体をバラバラにし、焼却炉で長時間かけて焼きDNA検出も困難な状態にし、証拠隠滅を図りましたが殺人が認定されています。オウム真理教のサティアン内での殺人事件も、遺体を高温で焼いて炭化させる特殊な電気炉が使われましたが、殺人と認定されています

(関連記事)
千葉妻殺し裁判 夫に懲役21年判決
https://05448081.at.webry.info/202203/article_17.html
千葉妻殺し裁判 親権争いが殺人に
https://05448081.at.webry.info/202203/article_12.html
千葉妻殺し裁判 夫に懲役25年求刑
https://05448081.at.webry.info/202202/article_40.html
愛犬家殺人の関根死刑囚 拘置所で病死
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 1
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 2
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 3
セレブ妻バラバラ殺人事件を考える 4
セレブ妻バラバラ殺人を考える5 控訴審判決
セレブ妻バラバラ殺人を考える6 三橋歌織受刑者の現在
福岡母子3人殺害事件を考える 死刑判決
福岡母子3人殺害事件を考える 初公判で無罪主張
福岡母子3人殺害事件を考える こども殺害容疑で再逮捕
福岡母子3人殺害事件を考える 中田容疑者黙秘
福岡母子3人殺害事件を考える 夫の警察官を逮捕
妻殺害の元警察官 懲役14年の実刑判決
新潟妻子殺害 繰り返し殺害を計画・実行