岐阜の老人施設で5人死傷 懲役12年を求刑

岐阜の老人施設で5人死傷が死傷した事件で起訴された小鳥剛被告に対し、岐阜地検は懲役12年を求刑しています
求刑公判は1月14日にあり、判決は3月8日です
これまで述べてきたように介護施設内の事件であり、施設外から入り込んだ第三者による犯行とは考えられず、施設職員による犯行が強く疑われます。検察は小鳥被告しか犯人はいない、との論法で状況証拠を積み重ねてきました
ただ、3人が死亡し2人が大怪我をする施設内での連続殺人でありながら、起訴できたのは1人に対する傷害致死と1人への傷害だけです。不審な死亡事例であるにも関わらず検死もせず、警察への届けもしなかったため立件できなかったのであり、施設側の怠慢は強い非難に値します
老人介護施設だから老人が死ぬのは当たり前、との思い込みが、凶悪な犯罪を覆い隠す結果になったのですから


岐阜県高山市の介護施設「それいゆ」で、入所者を死傷させたとされる元職員に懲役12年を求刑です。
起訴状などによりますと、元職員の小鳥剛被告(36)は、2017年に入所者の当時87歳の女性の首を絞めるなどして死亡させたほか、別の高齢の女性にも骨折などのけがをさせたとされています。
犯行の目撃証言など直接証拠はなく、小鳥被告は無罪を主張しています。
論告求刑で検察側は「被害があった時間帯に犯行が可能だったのは小鳥被告だけである。被告には全く反省がみられない」などとして、懲役12年を求刑しました。
弁護側は「介護中の事故の可能性がある」などとして、改めて無罪を主張しました。判決は3月8日です。
(名古屋テレビの記事から引用)


話が前後してしまいますが、1月11日の公判で行われた検事からの質問に、小鳥被告は突き放すような受け答えをしています。別の報道から一部を引用すると、以下のような状態です

<検察官>
「被害者のおむつ交換をするときの表情を覚えていますか?」
<小鳥被告>
「覚えていません」
<検察官>
「被害者に声掛けをして反応はありましたか?」
<小鳥被告>
「覚えていません」
<検察官>
「おむつ交換をしていた3分近く(被害者は)無言だったんですか?」
<小鳥被告>
「覚えていません」


数年前の特定の1日を切り出され、「覚えているか?」と訊ねられたところで思い出せないのが通常でしょう。毎日、日記をつけている人なら別ですが
しかし、小鳥被告の場合は犯行を否認しており、知らぬ存ぜぬで押し通すつもりですから、「何も覚えていない」と言い張るのでしょう
証拠はないから自分を有罪にはできないはず、と確信していると思われます
有罪判決が下されたなら、「冤罪だ」と言い立てるはずであり、「何もしていない自分が殺人犯に仕立てられた」と救援を要請するのでしょう
どこかの市民団体が「小鳥君を救う会」を立ち上げ、支援に乗り出すのかもしれません
法律を学んでいる学生などは、「冤罪事件」という単語に敏感に反応しますので、支援活動に加担する者も出てくるのでは?

(関連記事)
岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告に懲役12年判決
岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告とは?
岐阜の老人施設で5人死傷 初公判で犯行否認
岐阜の老人施設で5人死傷 小鳥被告の初公判は?
岐阜の老人施設で5人死傷 起訴から1年も公判はまだ
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人として立件へ
岐阜の老人施設で5人死傷 元職員を逮捕
岐阜の老人施設で5人死傷 連続殺人の可能性も
老人ホーム3人転落死 今井被告に死刑判決
老人ホーム3人転落死 今井被告の自供動画公開
老人ホーム3人転落死 今井被告の初公判
老人ホーム3人転落死 殺人容疑否認で来春公判へ
老人ホーム3人転落死 今井被告は黙秘で初公判未定
老人ホーム3人転落死 管理会社の見苦しい釈明
老人ホーム3人転落死 今井容疑者は自己愛障害?
老人ホーム3人転落死 元職員が犯行自供
老人ホーム3人転落死事件の闇
川崎3人転落死老人ホーム 問題だらけの実態
老人ホームで3人が転落死 同じ職員が当直
山梨の介護施設で強姦殺人 丹沢被告とは
大口病院不審死 久保木被告起訴も公判はまだ
大口病院不審死 3人殺害で久保木容疑者起訴へ
大口病院不審死 元看護師が48人殺害か
横浜病院点滴殺人 内部犯行の可能性
中野区老人ホーム殺人 元介護職員に懲役16年の判決
古河介護施設殺人 赤間容疑者は盗みの常習犯
古河介護施設殺人 赤間容疑者逮捕