岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認

検察、弁護側が激しい応酬を繰り広げた岡山女児殺害事件は、勝田州彦被告に無期懲役を求刑して結審し、明日には判決が下されます
判決を前に産経新聞がこの事件の争点を振り返る記事を掲載していますので、取り上げます
勝田被告は服役中の大阪刑務所から事件への関与をほのめかすハガキを岡山県警に送付したものの、取り調べの途中から供述を翻し、「やっていない」と否認しています
しかし、事件は物取りの犯行でもなく、少女にわいせつ行為をするためのものでもなく、腹を刺して少女が苦悶する様子を眺め性的快楽に浸ろうという、勝田被告の異常な性癖そのものといえる犯行です。勝田被告はこれまで、自分の腹部を刃物で刺す倒錯した自慰行為を繰り返し、さらには女子小学生や女子中学生を刃物で刺す犯行で逮捕された前科があります
これだけ特殊な性癖を持つ人間がそこらにゴロゴロしているはずはなく、勝田被告の犯行と見るだけの理由があるわけです


岡山県津山市で平成16年、小学3年の女児=当時(9)=を殺害したとして、殺人罪などで無期懲役を求刑された無職、勝田州彦(くにひこ)被告(43)に対する裁判員裁判の判決公判が6日、岡山地裁で開かれる。被告は捜査段階で一時殺害を認めたが、公判では「(自白は)噓をでっちあげた」と無罪を主張した。検察側、弁護側双方の主張が真っ向から対立した審理の結論が注目されている。
遺体との整合性は?
被告が逮捕されたとき、事件発生から約14年もの月日が流れていた。凶器は見つからず、遺留物などの物証も乏しい。争点は、「自白」が客観的事実と一致し、実際に体験した人物でなければ語れない迫真性があるかどうかに絞られた。それを判断する一つが、供述した殺害方法と遺体の傷との整合性だ。
《女児の首を絞めながら床に倒れた。左手の刃物で腹を1回刺し、右手に持ち替えて胸を3回刺した》
この供述について、検察側は実際に刺し傷は4つあり、うち1つはほかの3つと場所や傷口の形が異なると指摘。女児の出血量が少なかったことも首を先に絞めていれば説明がつくとして整合性があると訴える。
一方、弁護側は供述では女児はあおむけのはずなのに、第一発見者は「うつぶせで倒れていた」と証言したことを重視。傷の数も表皮は一致するが、内臓には6つの損傷があり、「事実と矛盾する」と反論する。
「秘密の暴露」でも応酬
検察側は公判で、殺害方法以外にも「被告が犯人でないとすればおよそ説明が困難な事情」を列挙した。
《下校途中の後をつけて女児宅に入った。時間を尋ねると、(事件現場の)8畳居間に行き、時間を教えてくれた》
女児に接近した流れをこう語った被告。女児宅の玄関には掛け時計がある。しかし、母親の証言によると、女児は普段、居間の時計で時間を確認していた。
検察側は、女児の習慣と一致することに加え、現場の外観や間取り、下校経路も詳しく説明できたことを踏まえ、「作り話が偶然に一致したとは考えられない」とする。
対して、弁護側は「犯人しか知りえない『秘密の暴露』は存在しない」と応酬した。最終弁論によると、被告は発生当初から事件に興味を持ち、事件を特集したテレビ番組を録画して見返すなどして情報を集めていた。
間取りや下校経路はこの番組やほかの報道から十分推察できるとし、時計に関しては、「玄関に時計があるのに時間を尋ねること自体が不自然」と供述そのものを疑問視する。
迫られる難しい判断
被告が「自白」した理由も重要なポイントだ。
検察側は捜査関係者の誘導がなかったことに加え、逮捕前後の言動に着目。逮捕前に自身の母親に対し、殺害は否定するものの首を絞めたことは認める手紙を送ったり、精神鑑定を担当した医師に関与を認める説明をしたりしたことは「虚偽の自白であれば説明が困難」と、あえて噓を繰り返す必要がないと強調する。
一方、弁護側は「『やってもいないことを話すことはない』との前提で考えるべきではない」と強く警告する。重視するのは、被告の知能指数(IQ)が知的障害との境界にあり、誤ったやり方に固執してしまうという人格的特性だ。
被告は自白の理由を「警察官へのサービス」などと語ったが、「供述調書に署名しなければ証拠にならない」との考えに基づいた言動だと説明。母親への手紙も殺傷行為はしていないことを強調したいがために、あえて首を絞めて逃げたとの噓をつき、「かえって疑われることに考えが及んでいなかった」とする。
(産経新聞の記事から引用)


先に述べたように、勝田被告は少女の腹を刺して苦悶する様子を眺めたいとの欲求があるわけですが、犯行中に腹部を何回刺したか数えているとは限りません。むしろ、夢中になって繰り返し刺しているものと推測されます。供述にある刺突の回数と、遺体にある傷の数が食い違っていたとしても、それが直ちに犯行を否定する決め手になるとは思えません(裁判官がどう判断するかはともかく)
そして「警察官へのサービス」などという理由でウソの自白をし、取り調べを受けたとの主張もあまりに空疎です
むしろ、自白したものの怖くなって(死刑になるかもしれないと恐怖し)、否認に転じたと解釈した方が自然でしょう
事件当日、勝田被告が岡山県には行ってなかったとの主張も、それなら当日はどこに居たのか証明できないわけで
弁護側は冤罪だと主張しますが、無理筋が多すぎます。なので、明日は有罪判決が下されるものと予想します

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 精神鑑定で語った事実
https://05448081.at.webry.info/202201/article_40.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202201/article_10.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑
岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半