岡山女児殺害事件を考える 判決前に争点確認

検察、弁護側が激しい応酬を繰り広げた岡山女児殺害事件は、勝田州彦被告に無期懲役を求刑して結審し、明日には判決が下されます
判決を前に産経新聞がこの事件の争点を振り返る記事を掲載していますので、取り上げます
勝田被告は服役中の大阪刑務所から事件への関与をほのめかすハガキを岡山県警に送付したものの、取り調べの途中から供述を翻し、「やっていない」と否認しています
しかし、事件は物取りの犯行でもなく、少女にわいせつ行為をするためのものでもなく、腹を刺して少女が苦悶する様子を眺め性的快楽に浸ろうという、勝田被告の異常な性癖そのものといえる犯行です。勝田被告はこれまで、自分の腹部を刃物で刺す倒錯した自慰行為を繰り返し、さらには女子小学生や女子中学生を刃物で刺す犯行で逮捕された前科があります
これだけ特殊な性癖を持つ人間がそこらにゴロゴロしているはずはなく、勝田被告の犯行と見るだけの理由があるわけです


岡山県津山市で平成16年、小学3年の女児=当時(9)=を殺害したとして、殺人罪などで無期懲役を求刑された無職、勝田州彦(くにひこ)被告(43)に対する裁判員裁判の判決公判が6日、岡山地裁で開かれる。被告は捜査段階で一時殺害を認めたが、公判では「(自白は)噓をでっちあげた」と無罪を主張した。検察側、弁護側双方の主張が真っ向から対立した審理の結論が注目されている。
遺体との整合性は?
被告が逮捕されたとき、事件発生から約14年もの月日が流れていた。凶器は見つからず、遺留物などの物証も乏しい。争点は、「自白」が客観的事実と一致し、実際に体験した人物でなければ語れない迫真性があるかどうかに絞られた。それを判断する一つが、供述した殺害方法と遺体の傷との整合性だ。
《女児の首を絞めながら床に倒れた。左手の刃物で腹を1回刺し、右手に持ち替えて胸を3回刺した》
この供述について、検察側は実際に刺し傷は4つあり、うち1つはほかの3つと場所や傷口の形が異なると指摘。女児の出血量が少なかったことも首を先に絞めていれば説明がつくとして整合性があると訴える。
一方、弁護側は供述では女児はあおむけのはずなのに、第一発見者は「うつぶせで倒れていた」と証言したことを重視。傷の数も表皮は一致するが、内臓には6つの損傷があり、「事実と矛盾する」と反論する。
「秘密の暴露」でも応酬
検察側は公判で、殺害方法以外にも「被告が犯人でないとすればおよそ説明が困難な事情」を列挙した。
《下校途中の後をつけて女児宅に入った。時間を尋ねると、(事件現場の)8畳居間に行き、時間を教えてくれた》
女児に接近した流れをこう語った被告。女児宅の玄関には掛け時計がある。しかし、母親の証言によると、女児は普段、居間の時計で時間を確認していた。
検察側は、女児の習慣と一致することに加え、現場の外観や間取り、下校経路も詳しく説明できたことを踏まえ、「作り話が偶然に一致したとは考えられない」とする。
対して、弁護側は「犯人しか知りえない『秘密の暴露』は存在しない」と応酬した。最終弁論によると、被告は発生当初から事件に興味を持ち、事件を特集したテレビ番組を録画して見返すなどして情報を集めていた。
間取りや下校経路はこの番組やほかの報道から十分推察できるとし、時計に関しては、「玄関に時計があるのに時間を尋ねること自体が不自然」と供述そのものを疑問視する。
迫られる難しい判断
被告が「自白」した理由も重要なポイントだ。
検察側は捜査関係者の誘導がなかったことに加え、逮捕前後の言動に着目。逮捕前に自身の母親に対し、殺害は否定するものの首を絞めたことは認める手紙を送ったり、精神鑑定を担当した医師に関与を認める説明をしたりしたことは「虚偽の自白であれば説明が困難」と、あえて噓を繰り返す必要がないと強調する。
一方、弁護側は「『やってもいないことを話すことはない』との前提で考えるべきではない」と強く警告する。重視するのは、被告の知能指数(IQ)が知的障害との境界にあり、誤ったやり方に固執してしまうという人格的特性だ。
被告は自白の理由を「警察官へのサービス」などと語ったが、「供述調書に署名しなければ証拠にならない」との考えに基づいた言動だと説明。母親への手紙も殺傷行為はしていないことを強調したいがために、あえて首を絞めて逃げたとの噓をつき、「かえって疑われることに考えが及んでいなかった」とする。
(産経新聞の記事から引用)


先に述べたように、勝田被告は少女の腹を刺して苦悶する様子を眺めたいとの欲求があるわけですが、犯行中に腹部を何回刺したか数えているとは限りません。むしろ、夢中になって繰り返し刺しているものと推測されます。供述にある刺突の回数と、遺体にある傷の数が食い違っていたとしても、それが直ちに犯行を否定する決め手になるとは思えません(裁判官がどう判断するかはともかく)
そして「警察官へのサービス」などという理由でウソの自白をし、取り調べを受けたとの主張もあまりに空疎です
むしろ、自白したものの怖くなって(死刑になるかもしれないと恐怖し)、否認に転じたと解釈した方が自然でしょう
事件当日、勝田被告が岡山県には行ってなかったとの主張も、それなら当日はどこに居たのか証明できないわけで
弁護側は冤罪だと主張しますが、無理筋が多すぎます。なので、明日は有罪判決が下されるものと予想します

(関連記事)
岡山女児殺害事件を考える 精神鑑定で語った事実
https://05448081.at.webry.info/202201/article_40.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役判決
https://05448081.at.webry.info/202201/article_10.html
岡山女児殺害事件を考える 無期懲役を求刑
岡山女児殺害事件を考える 勝田被告が公判で黙秘
岡山女児殺害事件を考える 自供内容は全部ウソと主張
岡山女児殺害事件を考える 自白のビデオ画像
岡山女児殺害事件を考える 手紙に「女の子の首を絞めた」
岡山女児殺害事件を考える 初公判で否認
岡山女児殺害事件を考える 初公判は10月6日
岡山少女殺害事件を考える 自供の真偽でモメる
岡山少女殺害事件を考える 父親は警察官
岡山少女殺害事件を考える 公判前争点整理でも全面否認
岡山女児殺害事件を考える 一転して殺害否認
岡山女児殺害事件を考える 14年間の捜査は?
岡山女児殺害事件を考える 未解決の女児殺害事件にも関与か
岡山女児殺害事件を考える 性犯罪防止プログラムは役に立たないか
岡山女児殺害事件を考える 岡山、兵庫県警で連携なし
岡山女児殺害事件を考える 勝田容疑者の異常性癖
岡山女児殺害事件を考える 14年目で犯人特定
14年前の廿日市女子高生殺害事件で容疑者逮捕
廿日市女子高生殺害事件 初公判で犯行を認める
廿日市女子高生殺害事件 無期懲役判決
広島女児殺害事件を高裁に差し戻し 最高裁判決
今市女児殺害事件 勝又被告に無期懲役判決
今市女児殺害事件 犯行を示唆する手紙
今市女児殺害事件 無罪を主張
今市女児殺害事件 犯行の状況
今市女児殺害事件 逮捕まで8年半

「中国アニメがディズニーを駆逐する」という記事

この手の記事がいくつもあり(中国アニメが日本アニメを超える、とか)、当ブログでも何度か取り上げてきました
要は①中国アニメの技術力、表現力が向上している、②中国は巨大な国内市場を抱えている、③中国政府は外国産アニメを国内市場から締め出し、国産アニメを優遇する、という骨子の話であり、作品の質や中身で日本アニメを超えたり、ディズニーを超えるという話ではありません
現在、中国がインターネットに監視機能と規制を設け、外国から入ってくる情報を遮断しているように、アニメ市場も規制して外国作品を締め出すのは容易でしょうし、そうするものと予想できます(外国作品を締め出すのでは貿易ルール違反ですが、その話は置いておきます)
ただ、そうやって国産アニメを保護すれば中国アニメ産業は潤うのかもしれませんが、競争を排したところに成長はないのであり、作品の質が上向くとは思えません。むしろ、粗雑な作品が並ぶだけでしょう
さて、ITmediaビジネスオンラインが「中国産CGアニメがディズニーやピクサーを駆逐する」と題した記事を掲載していますので紹介します
記事の配信は2020年5月です


中国産CGアニメがディズニーやピクサーを駆逐する――市場規模1兆円「中国映画ビジネス」の帰趨
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2005/25/news010.html
日本のミニシアターでロングランヒットを続けているアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』は、中国では2019年9月4日に公開され、中国国内で3.1億元(約48億円)の興行収入を記録した。
記事の前編<異例のロングランヒット、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』の舞台裏に迫る>では日本配給を手掛けたチームジョイの白金氏に同映画がロングランヒットを続けている要因を、中編<『鋼の錬金術師』監督が語る、中国アニメ『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ)』ロングランヒットの訳>ではアニメーション監督の入江泰浩氏に『羅小黒戦記』の魅力と、日本で人気が広がる過程について聞いた。
後編ではアニメビジネスに詳しいジャーナリストの数土直志氏に、アニメ業界で生まれつつある日本と中国との新しい関係を聞く。
2019年は「中国アニメ映画元年」
19年の中国映画市場では、他にも中国製アニメ映画が相次いで大ヒットしている。まず、19年1月に中国で公開された『白蛇:縁起』が、4.49億元(約68億円)の興行収入を記録。中国の映画市場で最も書き入れ時となる旧正月の2月には、中国の人気CGアニメ映画シリーズ第6弾『熊出没・原始時代』が公開されて、7.11億元(約107億円)の興収を上げている。
そして特筆すべきは、7月に中国で公開された『ナタ~魔童降臨~(哪吒之魔童降世)』だ。道教の少年神である哪吒(なた)を主人公にしたこの作品は、中国の映画市場で50億元(約770億円)もの興行収入を記録。日本でも話題を呼んだ『三体』と同じ作者によるSF小説を実写映画化した『流転の地球(流浪地球)』や、中国でも大人気の『アベンジャーズ/エンドゲーム』といった強力なライバルを押さえて、アニメ映画で初めて中国映画市場の興行収入年間1位に躍り出ている。
(中略)
『羅小黒戦記』の日本配給を行っているチームジョイ株式会社で、代表取締役CEOを務めている白金氏は、「2019年は中国のアニメ映画元年」と評した。白金氏によると、19年に中国製アニメ映画が相次いで登場し大ヒットしたのは、その制作期間を逆算すると、15~16年に中国のアニメ制作会社に対して、大規模な資本を投じた投資家たちがいたはずだという。その背景を、白金氏は以下のように語っている。
白金氏: 日本の映画マーケットが約2600億円なのに対して、中国の映画マーケットは約1兆円(※いずれも19年)です。そして2600億円の日本映画市場のうち、アニメが25~30%を占めています。米国(アメリカ)でも、映画マーケットの約10%がアニメです。
それに対して数年前の中国では、映画マーケットに占めるアニメの割合は1~2%でした。しかもその1~2%を、アメリカと日本のアニメが分け合っている状態で、中国産のアニメはないんです。
でも日本やアメリカの例を考えれば、中国でも映画興収の15~20%がアニメになる可能性は十分にあるはずです。そう考えた投資家たちが、15~16年【※】に中国のアニメ制作会社に対して大量に投資した結果が、19年の「アニメ元年」に結びついたのだと思います。
(以下、略)

長文の記事なので、引用はここまでにしておきます。全文を読みたい方は上記のアドレスからITmediaビジネスオンラインへアクセス願います
ともかくも、記事は相変わらずお金の話ばかりが続きます。別個に配信されている記事では『羅小黒戦記』について語られているのですが、中国国内で48億円の興行収入に達した作品とはいえ、自分は素晴らしい出来栄えとは思えません。「頑張って作ったね」と感じる程度です
上記の記事では中国アニメのライバルはディズニーであり、ピクサーであって、日本はもはやライバル視される対象ではないと書かれているのですが、さっぱり理解できません
日本のアニメ作品は良くも悪くも日本国内向けに作られているのであり、海外に輸出して大儲けしようとの企んでいるわけではありません。ビジネスメディアとしては「それじゃダメだ」という話になり、もっと輸出して儲けるべきだ、海外ウケする作品をつくるべきだとの主張が連なります。商売としては正しい判断なのかもしれませんが、逆に海外ウケを狙った作品では国内のアニメファンが納得しないのであり、両立は困難でしょう
そして、中国アニメがどれだけ頑張ったところで日本で成功するのは困難、という事実があります。日本のアニメ市場は小さいとしても、そこに中国アニメが入り込む余地はありません
結論として、中国アニメが粗雑な作品を量産し、中国市場で売上を上げるのは勝手ですが、それを羨ましいとは思いません
大ヒット作品とされる『羅小黒戦記』も『ナタ~魔童降臨~(哪吒之魔童降世)』も、決して傑作とは言い難い内容であり、映画館で見るなら『劇場版呪術廻戦0』や『シン・エヴァンゲリオン』を選ぶでしょう

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』本予告映像


(関連記事)
中国アニメの自信作「刺客伍六七」がダサい
https://05448081.at.webry.info/202201/article_13.html
アニメ「パリピ孔明」に興奮する中国
https://05448081.at.webry.info/202205/article_21.html
日本で大ヒット確実? 中国アニメ「白蛇:縁起」
https://05448081.at.webry.info/202108/article_26.html
中国アニメはなぜ日本でウケないのか?
https://05448081.at.webry.info/202012/article_32.html
中国アニメと日本アニメ 絶対に越えられない壁
https://05448081.at.webry.info/201807/article_9.html
中国アニメファンの「中国アニメがダメな理由」
https://05448081.at.webry.info/202108/article_3.html
中国アニメ「天官賜福」が日本で放映開始
https://05448081.at.webry.info/202107/article_12.html
「千と千尋」を超えるヒット 中国アニメ「哪吒之魔童降世」
https://05448081.at.webry.info/201908/article_20.html
「迷い道にいる日本アニメ」と書く中国メディア
https://05448081.at.webry.info/201907/article_6.html
中国サッカー劣るのは漫画「キャプテン翼」がないから
http://05448081.at.webry.info/201807/article_1.html
中国メディア 「キャプテン翼」から見る日本のスポーツ文化
http://05448081.at.webry.info/201208/article_14.html
「教訓」重視の中国アニメ ストーリーは後回し
http://05448081.at.webry.info/201105/article_75.html
文化強国目指す中国 実態はコンテンツの墓場
http://05448081.at.webry.info/201712/article_1.html
中国アニメ「一人之下」 日本でウケず自虐する中国人
http://05448081.at.webry.info/201712/article_11.html
成功を焦る中国アニメ 世界的なヒット作はなく
http://05448081.at.webry.info/201306/article_4.html
「中国アニメは日本に追いついたか?」と書く中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201702/article_18.html
中国原作アニメが続々登場 日本アニメの危機?
http://05448081.at.webry.info/201701/article_3.html
中国紙「中国アニメは日本のアニメに立ち向かえるのか?」
http://05448081.at.webry.info/201611/article_15.html
中国メディアの陳腐な論評「日本アニメ、人気の秘密は民族文化」
http://05448081.at.webry.info/201211/article_12.html
中国アニメ 美少女も結局日本風に
http://05448081.at.webry.info/201202/article_41.html
「名探偵コナン」の人気を読み誤る中国メディア
http://05448081.at.webry.info/201306/article_9.html
中国メディア「日本アニメとの差は開いている」
http://05448081.at.webry.info/201803/article_18.html
「日本アニメが中国製に負ける日」と書く陳腐なコラム
http://05448081.at.webry.info/201802/article_24.htm
中国アニメ 壁を乗り越えるには何が必要か?
https://05448081.at.webry.info/202004/article_10.html